映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年10月24日

「すべての美しい馬」&「バガー・ヴァンスの伝説」

昨日・今日で「すべての美しい馬」と「バガー・ヴァンスの伝説」を観ました。
なぜ一つずつ書かないかというともうすでに「藍空」でそれぞれ書いたものでもあるしなんと言うかこの二つはなかなか書くのが難しいのですね。

この二つの映画の共通点は幾つかあってどちらも2000年の作品であること。恋人役が有名美人女優であること(他のは違うのかって?ペネロペ・クルス&シャーリーズ・セロンと戦うのはね)そしてアメリカ的な時代物であること(そんな大昔ではないが)となんだか一筋縄ではいかない奇妙なニュアンスがあることなのだ。

この奇妙なニュアンスと言うのをうまく説明できないのだけど、多くの人の評価が答えを感じ取れないでいるようなあるいはストーリーが平坦であり演出・構成がうまくないとされていることでも判る。
つまりは的確に表現がされていないのだが、それを含めても結構面白い二つの作品であった。

特に「すべての美しい馬」は不思議に感じる部分が多い。一番は主人公ジョンとレイシーの前に突然現れる少年が一体ジョンにとってどういう意味合いを持つのか。自分よりずっと年下の少年が過酷な運命にさらされそれをどうにもできなかった、というのはどういうことなのか。アメリカ映画でこんな幼い少年がこんな結末を迎えるというのもあまりないのではないか。
原作と映画は別物ではあるけれど、映画だけではどうにも難しくてとりあえず原作を読んでみることにした。何か思うことがあればまた感想を書きたいと思う。

「バガー・ヴァンズの伝説」も色々思わされる話でこれは本当は監督のロバート・レッドフォード自身がやるべき(やりたい)作品なんだろうな。若ければ。
ブラッド・ピットがやるはずだったというのも聞いたが外見的には(身長とか髪や目の色とか)マット・デイモンのほうが近いというのはある(監督は昔絶世の美男子でしたけどね)
今日見直していて少しだけ「華麗なるギャッツビー」を思い出したりもした。時代的なことと富豪の美しい恋人のために必死でがんばるっていうだけだけどね。後、その彼を紹介するスタイルの映画ってとこかな。
マット・デイモンが演じるジュナ大尉が最初ミステリアスな雰囲気でかっこいいのに途中から(ってすぐだけど)不安に怯える男になっているのが観ている方としては印象が分散してわかりづらいの(それは男の子の目を通して感じたことだからしょうがないんだけどね)
でキャラクターは判りづらいんだけど言いたいことは全部バガーがセリフで説明しているのでストレートすぎなのだった。

というような感じのこのふた作品なのだが、私としてはかなり気になるものではあった。「バガー」はマットの無精髭の堕落加減が見物であるし「美しい馬」は、こちらはね本当にかなり本気で好き。
小説を読んでもう少し考えてみたいと思っている。

「すべての美しい馬」

「バガー・ヴァンスの伝説」


posted by フェイユイ at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「迷迭香」MV

《迷迭香》.jpg《迷迭香》2.jpg《迷迭香》4.jpg《迷迭香》3.jpg

「迷迭香」MVもジェイが監督したのですねー。うーん早く観てみたい!
「四面楚歌」での周迅とのワルツに続いて“ルンバ”です。楽しみ!!
posted by フェイユイ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。