映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年11月13日

「イノセント・ラブ」マイケル・メイヤー(「この世の果ての家」マイケル・カニンガム脚本)

イノセント・ラブ.jpg

実を言うと私としてはマイケル・カニンガムの小説にそれほど傾倒しているわけではないし、コリン・ファレルが大好きでたまらない、というわけではないのでのめりこんで観てしまったわけではない。
それでも色々と非常に興味深い作品であった。

原作と映画は違うもので比べてみるものではないと判ってはいるが小説を読んでしまった以上どうしてもその違いについて考えてしまう。
ましてやこの作品は脚本を原作者自身が書いているのだからどうして違いがでてしまったのか考えないわけにはいかない。

映画の冒頭部分からこれは随分原作と違う、と感じてしまった。
切り捨てられた部分の事ではなく小説の中の雰囲気というものが映画からは感じられなかったのだ。
その思いは映画が進むにつれ強くなりあの胸が締め付けられるような悲しさ、というのはこの映画で表現されたのだろうか。人にそう伝わっているのだろうかと思ってしまった。
なぜこういう風に変えてしまったのか。

原作で感じたのはどこにも行き場のないような者たち、普通の家庭という中に入りきれない者たちが寄り添って生きるような悲しさと暖かさだ。
小説ではジョナサンとボビーがエイズにかかって余命いくばくもないエリック(ジョナサンの恋人だった)と一緒に冷たい湖に足を浸す所で終わっている。
その冷たい水から早く上がれとジョナサンとエリックを見守るボビーの優しさが感じられる。
苦痛でしかない水の冷たさは人生または死を思わせそこへ足を浸そうとする
ジョナサンとエリック、そしてそこから助けだそうとするボビーの姿は献身的で胸をうつものがある。
入れ込む、というまではなくともこの小説からそういった美しさを感じ取ったものだ。

だが映画ではエリックという存在が消去されてしまっている。これだと最後はただ単にジョナサンとボビーの恋人同士、という感じになってしまって
寄りそって作った家族というイメージが失われてしまう。
とんでもない気がしたがなんと脚本はその原作者であるマイケル・カニンガム本人なのだ。
ということは本人としては小説と映画をまったく同じモノにしたくなかった、違う作品として生み出したかったという事なのだろうか。
つまり「こういう映画」「小説とは違う作品」にしたかった。
小説は多分これ以上ないほどの美しい仕上がりとなっているのだ。
映画ではまた違う何かであって欲しかったのか。

またいつものように自分勝手な考えを書いていく。
正直に言うと小説を読んでいる時、私にとってはクレアとエリックが邪魔で、
「この二人がいなけりゃボビーとジョナサンは二人きりなのにな」と下賤な事を考えた。
まあそれじゃ普通の恋人同士の話になってしまって原作に表現されている異端の家族の話ではなくなってしまう。
物語のテーマを覆してしまうのだけど不謹慎にもそう思ったわけ。
そしたら映画ではお望みどおりクレアは去り(原作でも去りますが)エリックは出てこない。
一体これは???
まさかカニンガム氏本人も私同様ボビーとジョナサンを早く二人きりにしたかったのか。
ここではジョナサンがエリックの代わりにエイズ(と思われる病気)にかかっているような状態で終わっている。彼は病院に行きたがってないので不安は大きい。
だがそれもどうなるかは不明のままである。
彼らにはまだ時間があるかもしれないし、それはわからない。ただ人生は不確かで結局どうなるかはわからないのだ。

何を言いたいのか、ちっとも伝わってないと思うけど(自分でもよくわからない)カニンガム氏がこの映画ではボビーとジョナサン二人の関係をより強く出したかったのかもしれない。それは私も原作を読んだ時点でそう願ってしまった、ということ(回りくどいよな私はほんと)

この映画の最後は小説に負けないほど好きである。
小説では4月だったがここではまだ冬だろう。息が白く寒そうだ。
そんな凍てつく日にボビーとジョナサンはジョナサンの父親の遺灰を野原に撒き家路につく。
ジョナサンが先に家にむかいボビーがそれを見守っている。ジョナサンが家に入ってしばらくすると2階の右側に灯りがともる(この時ジョナサンの影がまだ1階に見えるのはどうしてだろう。一階にスイッチがあるのだろうか)
やがてボビーが家に入る。しばらくして2階の左側に灯りがともる。
さて二人は別々に寝たんでしょうか。
それとも?(クレアがいるように灯りをつけ二人は同じ部屋に、
さあ、どうでしょうか)

ジョナサンの母親をシシー・スペイセクが演じている。うまい。
もう少し彼女をじっくり観ていたい。
ボビーの少年時代の子、可愛くてうまいのに眉毛と髪型が。
こればかりは思わず微笑まずにはおれなかったのですが
いいんでしょうか、あれで。

コリン・ファレル、特に大好きではないんだけど、あの目でじっと見つめる
のは反則だよな。物凄く女性にもてるの納得の必殺眼力です。(ゴリラ落しくらいある)
特にこのボビーは純真で一途な若者ということでどうしようもないくらいセクシーです。
真面目なのがセクシーというのは普通あまりいわないのかもしんないけど私にはこういう無骨な感じが一番セクシーなの。
ちょうど何も知らない少女に一番エロを感じる狒々爺と一緒ね。
ボビーとジョナサンのダンスシーン、男同士のダンスシーンと言うのは幾つかあれどこれも名場面ですね。

監督:マイケル・メイヤー 出演:コリン・ファレル 、ロビン・ライト・ペン 、シシー・スペイセク 、ダラス・ロバーツ 、マット・フルーワー 、エイジア・ヴィエーラ
2004年アメリカ

ところでこの最後を見ていると特に映画のほうは、金庸の「笑傲江湖」や「神[周鳥]侠侶」「射[周鳥]英雄伝」を思い起こさせるのですね。
こちらは男女ではあるけれど禁じられた恋人同士で世を捨てて生きていく感じが似ています。
こういう人生観が好きで惹かれます。武侠の世界?


ラベル:同性愛
posted by フェイユイ at 22:11| Comment(6) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。