映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年11月25日

「トンマッコルへようこそ」パク・クァンヒョン

トンマッコル.jpgトンマッコル2.jpg

大変よくできた作品である。争いを笑いに変え、仲良くすることこそが大切だというシンプルなテーマを力強く訴えている映画だと思う。
韓国映画の特徴を生かした銃撃戦の壮絶さで戦争の悲惨さを表現し(相変わらず過激)また緊張感の中でおかしさを出していくのもまったく巧いものだと思う。私もすっかり笑い、そして涙も浮かべた。

ただしテレビで観た予告編から来るイメージがそのまま映画で表現されていて、敵対する南北朝鮮の兵士が桃源郷といえる「トンマッコル」という村で次第に心を開き兄弟と呼び合う関係になるという展開は予定調和そのままで最期の夢のような時間、少女が若い兵士の耳に花を飾るところまでこうであって欲しいという願いがそのまんま描かれ私としてはあんまり上手すぎるのかな、と言う気持ちになってしまった。

観る前に、新聞の社説に「トンマッコルへようこそ」は宮崎駿のアニメが取り入れられている、と書かれているのを読んで余計な情報を仕入れてしまった。
そう思って観たからそう見えるのか知らずに観ても感じたか、判断はできないが、平和なトンマッコルびとを表現する場面は宮崎駿そのまんまに感じてしまい閉口した。
私はほぼ旧石器時代的アニメおたくの類なので古くからのテレビアニメーターである宮崎駿の作品は自然と観ていた。テレビから抜け出し、劇場用アニメの製作者に変化されてからも観てきた。そしていつも凄く嫌になるのだ(おかしいといわれるだろうが義務的に観てしまうのだ。嫌いな理由は長くなるが、簡単に言うと登場人物や物語が自分の好みでないから。彼の考え方にも疑問を持っている)嫌な人のことは書きたくないから今まで書かずにいたのにここで書かざるを得なくなった。
きっと好きな人はこの映画を観ても逆にあまり感じないのかもしれない。だが宮崎アニメに対して嫌悪感を感じる者が観るとこれはきつい。出演者が皆アニメに見えてくるのだ。これでは純粋に映画を楽しめない。
影響を受けるのはしょうがないとしても演出技法がここまで宮崎アニメそのままでは辛い。
とは言え世界には宮崎ファンが凄く多くいるので私とは逆にそういった部分が心地よいのかもしれない。そういった意味でもこの映画は巧く出来ているのだ。(私だけがさぶイボを作ったからと言って大した損害にはなるまい)

もともとシン・ハギュンが観たかったのだ。彼は宮崎アニメには見えなかった。期待通り、それ以上のステキさだった。あのちょっといっちゃってる目つきがたまらなく好きなんです。

しかし本当に巧くできている映画である。立派なテーマ、笑わせる技術、迫力ある戦闘シーン、どれをとっても上手だね。

全然話は違うが(というか真逆だが)手塚治虫の「グリンゴ」を思い出していた。こちらの話なら大好きだ。どうなるのか知りたいです。

監督:パク・クァンヒョン 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー
2005年韓国


ラベル:平和
posted by フェイユイ at 16:19| Comment(4) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。