映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年01月15日

「スクラップ・へブン」李相日

とにかく日本映画を観ていない。「妖しの小部屋」でも書いたんだけどどうにも受け付けない気がして従って好きな役者さんなんかもいないんだよね。
しかしこの言葉はある程度観ているから言えるのであって観もしないのに文句言うわけにもいかんだろう、ということで今年は積極的に日本映画を観ていく事にした。今までも昔の映画は非常に好きなわけで現在に近いものを観ていく。とは言え、日本映画というと物凄くタルイ展開と意味不明の言動で観客を煙に巻きその二つで深遠さを出そうとしている、あるいは新しさを演出する、と思い込んでいる、という気がしてやはりそうだとすっかり嫌気がさしてしまうのだ。あの中途半端なカメラワークも閉口だし。いやいや、最初からこんな事ばかり言っていてもしょうがない。大体、最近は随分日本映画が盛り上がっているではないか。このブログで最初に書いた日本映画「メゾン・ド・ヒミコ」は巧くできてはいるけど好み的にはアウトだったんだが。いつかきっと大好きな人にめぐり合えるかもしれない。希望を持って進んでいこう。

スクラップ・ヘブン.bmp

んで、この李 相日(リ・サンイル)監督の「スクラップ・へブン」である。またオダギリである。ちょっと観てみたいと思う映画には必ず出てる気がする。同じ李相日監督に「69」があるが私は 妻夫木聡が駄目なのでどうしても観る気がしなかった。安藤政信はいいんだけど。

んで「スクラップ・へブン」である。前半、予想通りたるい展開と(私のこの文章も相当たるいが)奇天烈な言動で煙に巻かれる。
ケーキを子供が踏みつけた時やめようかと思ったがその後バス内でシンゴ(加瀬亮)がそのケーキを食べてるのを観て気を取り直す。食べ物を粗末にしてはいけません。
オダギリは相変わらず(っていうのはテレビとか出てる時とかもさ)髪形と服装がケッタイであるが人並みはずれて体が美しいので似合っているからあきれてしまう。且つ言動が常軌を逸しているのだがこれもしっくりいってるから不思議。体を激しくぐにゃぐにゃ動かして叫ぶのがチャーミング。

但しこれと言ってぱっとしない平凡な若者が世間に失望し不満をぶちまける、とかいうのを説明してみせるとか言うのが嫌いだし、それに対しての復讐のやり方がさほど面白くない。
医療ミスとか母親の児童虐待とかいかにもの社会風刺なのはまあいいとしても、ここでこそ突拍子もないやり方で笑わせて欲しかったが。
特に児童虐待の母親に対して子供の体を切断して見せても効果はないのでは?「私がやりたい!」とはいうかもしれないが。李相日監督って物凄く母親の愛を信じておられるのでは?最後、わが子が無事でいるのを見て泣いて抱きしめはしないだろうよ。他人がいたら演技するだろうけど。まあ、またいじめてやろうと喜ぶか?でも大体子供が邪魔だったからせいせいした、と言いそうだけどね。私は「生きて帰るな」と思い切り殴るのかと思ったのだった。それにあんなで反省しないよ。すぐ元通りだよ。

とここまではかなりへこんだのだが、交番を襲う場面から面白くなってきた。(つまり前半部分ってやりたくなかったんじゃ?)
警察官であるシンゴはすっかりテツ(オダギリジョー)の「想像力が足りねえんだよ」という言葉に乗せられ悪党の道を走っていく。
だが先輩刑事(柄本明)に二人がやったことがどんなに他人に対し悲惨な結果を生んだかを聞かされぼこぼこにやられてしまう。
結局は何も守れない自分を思い知るシンゴなのだ。

警察官のシンゴに対しテツが公衆便所の掃除人という設定。あらゆる人が排泄する公衆便所が彼らの事務所であるのは興味深い。

そしてバスジャックで同乗していたもう一人の女性・サキ(栗山千明)の言葉「一瞬にして世界を消してしまう方法」を依頼される。
その問いを最後テツはシンゴに解ったというんだけど映画では言ってなかった。でもこれは簡単。自分が死ねばいいってことだよね。

ラストも決着をつけないまま終わるのだがこれは別にいやじゃない。ただあのトラックいつか爆発するよね(誰か見つけて投げ捨てたりとかさ)とことん人を傷つけて生きる男シンゴなのだ。

この映画アメリカ映画の「ファイトクラブ」だよね。あれなんか想像力ばかりだ。
オダギリはそのまんまブラピだし。クレイジーでかっこいい感じは殆どそっくり。加瀬亮はエドワード・ノートン。
でも解りやすさや面白さは「ファイトクラブ」かなあ。
これはこれでまたそれなりにいいけど。

エンディングのフジファブリックの歌がよかった。

加瀬亮、情けない感じがいいですね。横顔がきれい。

結構文句言ってるがかなりいいと思った次第。

監督:李相日 出演:加瀬亮、オダギリジョー、栗山千明、柄本明


ラベル:犯罪
posted by フェイユイ at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。