映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年01月22日

「六月の蛇」塚本晋也

六月の蛇z.jpg

懐かしい江戸川乱歩の小説を現代に置き換えて映画に撮ったかのようだった。
塚本晋也監督は「鉄男」の時、気になってはいたんだけどなぜか観てなくて(どういうこと)「ヒルコ/妖怪ハンター」「双生児-GEMINI-」を観ている。その他のタイトルも思い切り江戸川乱歩的嗜好が表れていて私としては興味を抱かずにはおられない。

「六月の蛇」は日常の社会が舞台であるのにも関わらずより乱歩的な匂いがする。美しい人妻の秘密、醜悪な外見の夫(あくまで乱歩的表現です)覗き見、手を触れずに快楽を得るマゾヒスト、丁寧な物言い。
「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「陰獣」などという物語を思い出す。溺れる美女を見て喜んでいたのは「パノラマ島奇談」だったろうか。
江戸川乱歩の世界を描くなら人妻はこの上なく上品で且つ滲み出るような色気を持つ美人でなくてはならない。黒沢あすかはまさしくそんな匂いのある女性であった。短く切られた髪と黒縁の眼鏡が却ってその美しさを危ういまでに感じさせている。身をくねらせて快感を覚えるその姿に「陰獣」の美しい女性を思い起こさせる。
夫も乱歩の国の住人である。美しい妻を際立たせる為に彼は醜い体を持て余していなければいけない。美しい妻が醜悪な夫を愛しているという歪んだ構図がまた興味をそそる。(それにしても雨の中、自分の妻の全裸を見て自慰をする彼の禿頭に雨が怒涛のように落ちて弾かれるのを見て思わず笑う)
そして観察者である男は不治の病に侵されている。彼は人妻に思いを寄せながら、そして彼女を操る手段を得てさえも彼女を手に入れることはできない。
青に染まったモノクロームの画面が奇妙な感覚を呼び覚ます。現代が舞台なのに古い映画を観ているかのようだ。ブルー・フィルムと言う言葉を連想させもする。そしてなにか箱を覗き込んで観る安っぽい子供だましの映像のようでもある。

監督:塚本晋也 出演:塚本晋也, 黒沢あすか, 神足裕司, 寺島進, 田口トモロヲ



posted by フェイユイ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地球で最後のふたり」ペンエーグ・ラッタナルアーン

ふたり.jpgふたりa.jpg二人.jpg

時間がゆっくりと流れているようなどこからどこに繋がっているのか判らなくなるような物語で好きです。
もしかしたら全部が最後のシーンでケンジ(浅野忠信)が思い描いた妄想だったのでは、とも思える。

潔癖症の自殺志願者とかいう設定って大概嫌いなんだけどここではとてもよかった。それは見知らぬ関係でありながら突然一緒に暮らし始めるノイ(シニター・ブンヤサック)の部屋が怖ろしいごみため状態でケンジがそこを片付け始めるのが結構気持ちよい。
舞台はタイ。ふたりはそれぞれの兄と妹を失ったばかり、という共通点はあるが日本人とタイ人で互いの言葉はカタコト。どうにか英語で意思を通じ合う。従って台詞はかんたんな言葉にならざるを得ない。
そういう感覚もいいなと思ってしまう。
静かな時間。なぜかふたりは映画のお決まりどおりにキスしたりベッドインしたりすることもない。それはケンジのせいではあるのだけど。ノイは結構その気になってるのだけどね。
タイで流行っているのか、ノイの妹が勤める性風俗の店のセーラー服をノイが着ているのがおかしい。
ケンジがなぜここにいるのか判らないがケンジの兄は大阪の暴力団に属していて組長の怒りをかって逃げてきている。ケンジの背中にもびっしりと刺青が施されているのだ。なにかワケがあるのかもしれない。
その組の者に竹内力や三池崇史監督が出演しているのがちょっとした楽しみ。
ノイのしつこい恋人(?)的な男。ノイに男がいると聞いて飛び込んでくるかと思ったら、なかなか来ないし、やっと来てもケンジに軽く殴られて即退散。ヤクザの弟だからもともと強いのか、やはり夢想なのか。

タイの気だるく暑い雰囲気をクリストファー・ドイルが美しい映像で魅せてくれる。(汚い部屋が美しいのだ)
浅野のクールな表情はとても好きだ。

監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン  出演:浅野忠信、シニター・ブンヤサック 、ライラ・プンヤサック 、松重豊 、竹内力 、三池崇史
2003年タイ

posted by フェイユイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。