映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年03月27日

「やさしくキスをして」ケン・ローチ

LX.jpg     
カソリックでアイルランド人のロシーンとイスラム教パキスタン人(と言っても生まれ育ったのはスコットランド)のカシム、二人が愛し合うのがどんなに困難なことか最初からわかってはいることなのだが、それによって家族や周囲との関係がどんどん壊れていく様が丹念に描かれていて胸が痛くなるものであった。

問題は次々と投げかけられ結局はどれ一つとして解決はせず多分この後も増え続けるばかりなのだ。

それでなくても結婚ないし他人である二人が共同生活していくことには互いや家族の考え・価値観の違いで困惑することばかりでそれは減ることはなく増加していくのも確かだ。
はっきりとわかる宗教の違いというものではなく家族間のすれ違いで苦しむことは誰しも経験するのではないか。

カシムは何度もロシーンに対し不信感を持たせるような台詞を投げつけその度に反省しているが今後も何度も同じことを繰り返すに違いない(苦しみの発端となったのはカシムが自分の婚約や宗教による決まりごとを教えなかったからで好きな女を目の前にした男としては当然のことだろうが最悪だった)
ロシーンもまたカソリックであるために何度も苦しむ事だろうし、それだけでなく仕事も不安定な彼らは経済的にも苦労が絶えないはずなのだ。

「日本ではないことだから」「自分は無宗教だから」という考えもあるだろう。でも決して違う世界の事ではない(イスラム教とカソリックではないにしても)はずだ。
事柄が違え自分がいつも迷い恐れ苦悩することが違う形であるだけだと思う。皆思いついていないだけなのではないか。

結局二人が幸せになれるのか、なれないのか。宗教のせいなのか、同じ宗教なら幸せになれるのか。ずっと愛し合えるのか、憎しみあうのか、誰も判りはしないのだ。
ただ二人で歩いていこう、と決めるしかない。
それは自分自身も同じだ。
伴侶とはいつも絶えず争いごとがある。考えの違いに茫然とすることもある。
困ったね。
ぶつかりあいながら道を進むしかないんだよ。

「やさしくキスをして」日本人夫婦ではあまり言わない台詞じゃない?私は言えません!!

ケン・ローチ監督、初めてだがこのような問題を凄く面白く観せてもらった。
主人公の二人が魅力的なのも確か。カシムが言い過ぎて留守電で「君は僕を苦しめるのに成功したよ」というのでロシーンがひひひと笑ってるのが可愛くて好きだった。ほんといい気味。

監督・ケン・ローチ 出演:アッタ・ヤクブ 、エヴァ・バーシッスル 、アーマッド・リアス 、シャムシャド・アクタール 、シャバナ・バクーシ
2004年 英=伊=独=西


posted by フェイユイ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり好きな人をいつも見ていたいから!

ブログ画面の写真を変えてみた。
といっても一番上の写真はジェイに決めてるので。

マット・デイモンが張孝全に。
全体的になんとなく裸っぽい。こっちにガン飛ばしてるし。アジア系のみになった。台湾勢が多くて後は韓国。
偏ってしまったなー。
好きなものだけだからこうなるのは当たり前か。
しばらくこれでいこう。

ジェイのヌードは永久保存です。
posted by フェイユイ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。