映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年05月02日

「麦の穂をゆらす風」ケン・ローチ

?Q.jpg?S.jpg麦の穂をゆらす風3.jpg

悲しい。世界中で起きた、そして起きている様々な紛争を思ってもこれと同じような事があるのだ。
自分の国、日本を思えばここに描かれるイギリスのような立場でアジア諸国の人々を苦しめていた歴史があるのだから。特に朝鮮(韓国)に対しては非常にこの関係に似ている。

この映画を作ったケン・ローチ監督がイギリス人であることに驚きを感じてしまう。これと同じように日本人が自分たちを見つめ作品を作り発表する事ができるだろうか。

だが悲しいのは他国であるイギリスに惨たらしい攻撃を受けたいた間だけではなくそれ以上にイギリス兵が撤退してからの同胞達の争いである。
映画ではイギリス軍との戦いが終わったと同時に仲間達の間に亀裂が生じ同じような惨たらしい争いが繰り返されてしまう。

ローチ監督の映画作りは丹念である。美しいタペストリーを織り込むように物語の糸を選び組み立てていく。冒頭のどかな緑色の風景の中でハーリングという球技で遊ぶテディ・デミアン兄弟と仲間達。皆に期待され果敢に挑んでいく兄テディの姿は後の戦う姿を予感させる。
のんびりと帰宅する彼らに突如銃を向けるイギリス兵たち。仲間の一人は名前をどうしても英語発音しなかったために撲殺される。「名前を言いさえすればよかったんだ」というデミアンは後には心を誤魔化すことが出来ないように変化していく。

それにしてもアイルランドを弾圧するイギリス兵のなんという理不尽な恐怖に満ちているのか。
いつでも他を支配しようとする者はこのような意味の解らない暴力を(肉体的にも精神的にも)振るっているものなのだ。
そして暴力による報復と仲間の裏切り。どうしようもないとは言え、幾度となく繰り返される空しい戦い、報復。
争いを避けようとしていたデミアンは友達の裏切りを知り自ら彼を殺害する(処刑という言葉を使う必要はないだろう)それは人間として間違ったことではないのか。心がなくなったような気がする、とデミアンは泣く。友人の母親、かつてよく食事を作ってくれたその人に友人の死を知らせる。友人の母の言葉「もう二度と来ないで」

命がけのゲリラ戦の末、イギリス軍は撤退することになる。アイルランドとイギリスの講和条約。だがそれはデミアンたちの意にかなうものではなかった。仲間はその条約に賛成反対で分かれてしまう。そして仲のよかった兄弟、テディとダミアンもここで袂を分かってしまうのだ。
兄の意見を受け入れないダミアンを銃殺する兄。一体何が大切なのか、何を守ろうとしていたのか、争いというのは人を狂気に走らせてしまう。友達を殺めたダミアンは最愛の兄に殺されてしまう。兄は弟の恋人にその死を知らせ「もう二度と来ないで」という言葉を聞く。

なぜ最も愛する大事な人を殺し殺されなければいけなかったのか。
緑溢れる自然、柔らかな光線が心地よい国で、高い志を持った若者達が共に戦いやがて互いに刃を向けることになるこの悲しい出来事に目を背けてはいけないのだ。

タペストリーというものはよく戦争を題材とした叙事詩を織ってあるもののようだ。
ローチ監督は美しいタペストリーを織るようにこの物語を作り上げた。
それを見る時、私は涙を流すだろう。またそれを折々に思い出すことだろう。

監督:ケン・ローチ 出演:キリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム、オーラ・フィッツジェラルド、メアリー・リオドン
2006年アイルランド=イギリス=ドイツ=イタリア=スペイン


posted by フェイユイ at 22:09| Comment(3) | TrackBack(2) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Men's Biore 汗水篇〜張孝全(ジョセフ・チャン)〜

Men's Biore 汗水篇〜張孝全(ジョセフ・チャン)〜



どばしさんから情報いただいて早速観てみましたよ!

わーい、相変わらず脱いでるし(笑)Men's Bioreだから当たり前か。
うん、嬉しい。可愛い。
何度でも観よう!

こちらもどうぞ
呉彦祖biore foe men
ラベル:張孝全
posted by フェイユイ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 張孝全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。