映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年05月14日

「明日へのチケット」エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ

`PbgR.jpg`PbgS.jpg明日へのチケット5.jpg

何度も書いているが「放浪記」などというタイトルをつけるだけに旅の物語が大好きなのである。自分がそこへいるかのような共にどこかへ移動しているかのような錯覚を見させてくれる映画には酷く弱い。飛行機はちょっと旅という気がしないが、自動車、オートバイ、バスなんか、そして列車の移動というのは独特の雰囲気と大勢の人々を運ぶだけあって数多くの映画で取り上げられるシチュエーションである。私の趣味としてはやはり「オリエント急行殺人事件」のようなミステリーがまず先に出てくるのだけど「何か事件が起きる」予感でどきどきしてしまうのである。

列車の音。窓から見える風景というのはどうしてこうわくわくするんだろう。遠景と近景が不思議な速度の違いで変化していく。線路上を一定のリズムで走っていく音が心地よい。通り過ぎる町も人々の姿も不思議な映像を観ているようだ。

第1話。エルマンノ・オルミ監督。
小柄で優しげな初老の教授がオーストリアからローマへ急ぎ帰ろうとしている。可愛い孫の誕生日に呼ばれているのだ。飛行機が欠航のため、仕事先の秘書の女性が急行列車の切符を用意してくれた。駅で切符を受け取る僅かの時間に教授は秘書女性に恋をしてしまう。
食堂車で揺られながら、その存在を確かめてもいない想像上の初恋の少女と切符を渡してくれた美しい女性秘書と重ね合わせてしまう教授。
発信することはないメールを打ちながら教授は甘い想像を続ける。そこへ入り込んできた兵士たちの行動が教授の夢を切断してしまう。
乗り合わせた難民家族が赤ん坊にミルクを飲ませようとした時、リーダーらしき男が乱暴に歩いた為ミルク壜が落ち、中身がこぼれてしまった。こぼれたミルクが酷く悲しい。
いつも恋に臆病で声をかけ切れなかった初老の教授はウェイターにホットミルクを注文し仕切りドアの向こうにいる難民の家族へと運ぶ。
小柄な教授と背の高いオーストリア女性の絵が楽しい。小柄な男性と背の高い女性の組み合わせって凄く好きなのだ(私は全く背が高くないが)夢ばかり見てるような内気な教授の最後に起こした勇気に拍手なのである。

第2話。アッバス・キアロスタミ監督。
一番不思議な謎の物語。1話目が初老の男と若い女の物語で甘く切ないのに、こちらの初老の女と若い男だとこうも苛立つ話になるというのはちょっと不公平なり。しかも教授はなかなかハンサムだったのにこの女性の厚顔ときたらば。
しかも若い男とはいえ、また昔を思い出す話である。どうも男は昔を思い出してばかりいるようだ。話相手は厚顔で体格も厚いオバサマの方ではなくほっそりとした14歳の少女。オバサマはほっとかれてますます憤りとうとう大爆発である。
男性が見てたら、当たり前なんだけど、オバサマとしては連れの男がスレンダーな若い女性や少女にばかり愛想を振りまいてちょっとやっかんでしまった部分もあってちと可哀想ではある(男はそんなことは考えもしないんだろうな)
若い男が主人公なのかよくわかんないが老いた女の哀愁を感じさせる一編であった。老いた男の哀愁っていうのはよくあるけど女のはホントに悲しくないか。

第3話。ケン・ローチ監督。
まずはセルティック中村俊輔、スコットランド・サッカー記者協会選出の年間最優秀選手賞を受賞、おめでとう!俊輔のおかげでセルティックが凄く近しい存在になったのであった。
この1話は主人公たちと同年の女の子達がちょっと出てきて彼らにひと時の夢と絶望を与えるが殆どはセルティックサポ・トリオの騒動に終始している。
彼らの夢はなんといっても最愛のスコットランド・セルティック対A.S.ローマの試合を観ることにある。
決して裕福ではないスーパー店員の彼らは金を貯めスコットランドからローマへと向かっているのだ。
列車内で出合った難民家族にサンドイッチをあげたことがきっかけで切符を奪われてしまう。
疑いをかける友達フランクを留めて彼らを信じようとするジェムジーだったが、事実は彼らの仕業だった。
自分たちが夢に見たセルティックのチャンピオンズリーグ準々決勝を観るか難民家族に切符を渡すか、彼らの懊悩が情けなくもおかしく愛おしい。
父親に会うためアルバニアからローマへと必死の旅をする家族を見て切符を盗まれたジェムジーは「俺だって盗む」と断言する。私もそうだと叫びたい。
ジェムジーの切符を取り戻そうと怒り狂ったフランクは家族の悲しい目を見て自分の切符を上げてしまう。
あんまり馬鹿でお人よしなサポーターくんたちよ。私もこれからセルティックを応援しちゃうよ。日本相手じゃない時はね。
アルバニア難民家族を救ったために車掌たちに捕まり警察に引き渡される事になった憐れなサポ3人。
僅かな隙をみつけ脱兎の如く逃げ出したときは大喝采。行け行け、わー!!!
こけつまろびつ大逃走。最後は敵のASローマサポと鉢合わせ。ローマサポの助けられながらもセルティックを高らかに応援するのであった。なんてステキなエンディングなんだ!この前ローチ監督を「この一作で愛してしまった」と書いたが、この作品でさらに愛は深まったのである。



ラベル:鉄道
posted by フェイユイ at 22:07| Comment(13) | TrackBack(3) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「明日へのチケット」ケン・ローチ編

`PbgQ.jpg

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチという名監督3人(といっても前二人は観た事ないのだすまん)がローマへと向かう1台の列車の中でおきる3つの物語を映し出す。

こういう場合、結構一つは面白くないとか、嫌いとかあるものだが、3つとも楽しめたというお得な映画であった。
普通は最初から語るものだが、時間の都合と偏った愛着の問題で最後のケン・ローチ編だけ今夜は語る。

なんだ、このおバカ映画映画は!!!モー恥ずかしー。なんだか自分の姿を見てるようだもんな。サッカーサポーターほどの馬鹿は地球上にいないという証明だよ。
とりあえず「やっぱ生きてるじゃん、信じてよかった」というアホな喜びから始まり、別に同一人物じゃないだろ、と自分に突っ込みを入れながら鑑賞。あの映画からこの展開じゃあんまりアホすぎる(泣)
とにかくそのまんまのお間抜け3人組の珍道中。サンドイッチというのがまたイヤーな過去を思い出させる。ちょうどこのよーなトンチンカンな田舎サポーター3人組であった私らは丁度このように思い切りなまりのきつい言葉を交わしながらフランスくんだりまで日本代表を応援にワールドカップへ出かけたのだった。おフランスでサンドイッチを買ったらまずいのなんの、一体なんで出来てんのか正体不明のサンドイッチをかじり「まずくて食えんバイ」などと九州弁でぎゃーぎゃー叫んでいたのだった。そしてやたらコーフンしてはあちこちでサポーターらしく日本代表を応援しマクっていたのだが。読んでる人には大して伝わらないのは承知だが、その時の自分らのアホさとこいつらがまともにかぶってしまいまともに観ちゃーいられないのだが、サポというものはどこの誰でも同じようなものなんだろう。
サポとして旅行をすると普通の旅行よりはるかに色んな出来事に出会ってしまう気がする。

ちょっと成長したでもあまりイメージ変わらない3人との再会を喜び特にマーティンはなまりがきついような気がするんだけど相変わらずのあの独特な英語発音を聞くのも楽しく観たのだった。

愛するセルティックのチャンピオンズリーグ準々決勝試合を応援せんが為、スーパー店員3人組が積み立て貯金でローマへとやってきたのだった。
列車内ですでにセルティックユニフォームを着込み大声でチームを応援する(馬鹿)サポ3人。サンドイッチが不味かったのでちょうどベッカムユニフォームを着ていた少年にそれを与えてみたことから事態はとんでもない方向へ走り出す。

いつのまにか3人組の一人、ジェムジーの列車の切符が無くなってしまったのだ。車掌から無ければ罰金か警察に突き出す、と言われ青ざめる3人。
フランクはあのベッカムシャツの少年が怪しいと睨んだ。

怒るフランクとジェムジー、スペースマンは、少年とその家族がアルバニアから必死でやって来た難民で、ローマで待つ父親の所へ行くところなのだということを知る。だが、貧しい彼ら4人は3枚の切符しか買えずジェムジーの切符を取ってしまったのだ。

一気に落ち込み、悩むセルティック・サポ3人。難民家族の幸せと愛するセルティックの試合のどちらを取るか。

スコットランド人の熱さと人の良さが心に迫る。おかしくてちょっとほろりと泣いてしまい最後やっぱり大笑い、の最高に楽しめた映画であった。その上、恥ずかしかった。サッカーファンってアホの見本だね。でもこんなにいい映画ってそうそうないよ。一緒に手を上げて叫びたくなったもん。



ラベル:サッカー
posted by フェイユイ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。