映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年05月27日

「かげろう」アンドレ・テシネ

????????.jpg


優れた短編小説を読み終えた後のような暫し陶酔感に浸る。
戦争の悲惨さ、恐怖が現実のものとして迫ってくるリアルな描写であた。軍人である父親が戦死した後の母と13歳の少年とまだ幼い少女の3人家族がパリを逃れ南仏へと逃げる途中、襲ってくるドイツ軍の爆撃の中で17歳の少年と出会う。
家族は森の中を彷徨う内、出会った少年が見つけた屋敷に留まる事にした。

物語は2人の子供の母親であるオデール(エマニエル・ベアール)の視点で進んでいく。
夫を失いなんとか二人の子供を守らなければ、という思いが痛いほど伝わってくる。
その為、過剰なほどの緊張感を持つ母親を息子フィリップ(グレゴワール・ルプランス・ランゲ)は大人びた口調で励ましていく。
突然彼らの前に登場した謎の少年イヴァン(ギャスパー・ウリエル)は家族の心を大きく揺れ動かす。

イヴァンの描き方はミステリーな雰囲気を持っている。彼は善なのか悪なのか。フィリップは最初イヴァンに強く惹かれ、母親オデールは強い反発を覚える。
出生や以前の生活に関することには触れようとしないイヴァンの秘密が少しずつわかっていく。丸坊主なのは感化院を抜け出したからだ。イヴァンは同世代の少女には興味がない、と言いオデールと体をあわせる時には「自分にまかせて」と(多分)アナル・セックスを求めているということで今までは男性との性交渉しかなかったのだということなのだろう。
次第に自分に優しく接してくれるようになったオデールにいきなり「妻になってくれ」と言い、突如出来上がった擬似家族を続けて行きたいと願う。
説明はないのだが、学校に行ったこともなく読み書きも出来ないイヴァンのそれまでの生活を想像するとこの願いは彼が持つ最大の思いだったんだろう。
一瞬、ずっと続くかに思われた幸せな関係と生活が(いつ死ぬかもわからない戦時下でありながら)2人のフランス兵の出現を機に崩れ始める。
だがそれまでイヴァンを子供として扱っていたオデールがフランス兵の訪れの後でイヴァンを男として求めたのはなぜだったんだろう。
オデールはもしかしたら最初からイヴァンに惹かれてはいたのだが、母親である為それを打ち消していたのだ。彼を見る度に彼を信じたい、という気持ちが強まっていったに違いない。拳銃を隠したのはそれがあることでどうしても拭えない疑惑と恐怖を消してしまいたかったのだ。フランス兵が来た時、イヴァンがいなくなってオデールは彼を失う危機感を感じた。それでもう自分を偽るのをやめてしまったのだ。
だが、物語は非情な方向へと進む。

農家で鶏を盗んでいるところを捕らえられたイヴァンについて警察に問われた時、オデールは何も答えなかった。「友達です」と答えたのは息子のフィリップだった。フィリップはその頃、もうイヴァンに対し失望していたのだが、彼を見捨てる事はいわなかったのに、母たるオデールはここでも子供たちを守る為に不利な弁明を避けてしまったのだろうか。

暫くしてオデールは、イヴァンが尋問を受け、何も答えず自殺したという知らせを受ける。
茫然と座り込むオデールはイヴァンの安否を問うフィリップを傷つけまいとして「イヴァンは無事逃げ出したらしいわ。賢いあの子らしいわね」と嘘をつく。それは相変わらず子供を傷つけまいとする母親の気遣いだったのだが、オデール自身そうあって欲しいという願いがそう答えさせてしまったのではないだろうか。

子連れの母親が、17歳の素性もわからない少年と寝食を共にし、その体も求めてしまう、というのは異常な戦争という状況が作り出したあり得ないことなのかもしれない。
またイヴァンのほうからしても彼のような存在が教師であり母親である女性と体をあわせるようなことはなかったはずなのだ。

リアルで淡々とした描写がそうとは思わせないが、やはりこれも一つの不思議な寓話である。

原題の「LES EGARES/STRAYED」は迷子という意味のようで、不思議な状況に迷い込んでしまったオデールの心を表しているのだろうか。
日本語タイトルの「かげろう」は羽のある姿は一日だけと言うその虫の特性からなんとなくイヴァンのことを表しているような気がする。一日だけ心と体を解放してしまったオデールのことでもあるのかもしれないが。

読み書きができない人にそれを教えてあげる場面、というのはいくつもの物語で愛の形として表現されているようだ。
思いつくままに「嵐が丘」の小キャサリンとヘアトン。愛というのじゃないかもしれないがドストエフスキーの「死の家の記録」刑務所内で美しい青年に読み書きを教える主人公の男性。これも男同士で悪いが「カリフォルニア物語」でのヒースとイーヴなど。
自分の名前よりオデールと言う名前を覚えようとしているイヴァンと熱心に字を教えようとするオデールの寄り添う姿はこの映画の中で一番セクシュアルでもあった。

監督:アンドレ・テシネ  出演: エマニュエル・ベアール ギャスパー・ウリエル グレゴワール・ルプランス=ランゲ クレメンス・メイヤー
2003年フランス


posted by フェイユイ at 00:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。