映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年07月04日

「オリエント急行殺人事件」シドニー・ルメット

IGg}sEl.jpg

こういうのを観ると「これこそ映画の楽しみ、ミステリーの醍醐味」とつい言いたくなってしまうのだ。

今は殺人現場がやたらと生々しいのが売りで演出も設定もやりすぎの感があるが、淡々とした抑えた演出でしかも舞台劇を観ているかのような緊張感がある。
その理由の一つは豪華な出演陣で、ポワロ演じるアルバート・フィニーの他のポワロを考えられないほどのはまりぶり、やや行き過ぎるほどの宗教家を演じるイングリッド・バーグマン(美女の代名詞だった人がこの地味な女性役)なぜかここでもマザコン的設定のアンソニー・パーキンス。男らしく素敵なショーン・コネリー、コネリーが愛する女性にバネッサ・レッドグレイブ、迫力ある美女ローレン・バコール、ポワロも見惚れる若妻伯爵夫人にジャクリーン・ビセット、その夫はマイケル・ヨーク、実直な執事にジョン・ギールグッドとくらくらしそうな配役である。バーグマンとパーキンスは笑わせようというキャスティングなのかと考えてしまうがホントにおかしい。

無論私は原作も含め何回も観てるのだが、やはり面白い。ある韓国映画(大変におもしろかった)がこれをベースにしてるのだが、クリスティも実際に起きたリンドバーグ事件とシェークスピアのジュリアス・シーザー暗殺事件を元にしているというのも興味深い。

今更言う事もないがアガサ・クリスティのミステリーの面白さというのは他に類を見ないものである。純粋に謎解きを楽しむという醍醐味。
今後もクリスティをヒントに数多くの作品が生まれてくる事は必至だろう。
本作は単にトリックの珍しさだけでなくラストのポワロの英断というものも忘れられない。が、これはクリスティが大好きなシャーロック・ホームズから継承されたものだろうと思う。素晴らしいラストである。

監督:シドニー・ルメット 出演:アルバート・フィニー ジャクリーン・ビセット アンソニー・パーキンス マイケル・ヨーク ローレン・バコール イングリッド・バーグマン ショーン・コネリー ジョン・ギールグッド
1974年イギリス



posted by フェイユイ at 23:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。