映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年08月16日

「叫」黒沢清

TPr.jpg

「アカルイミライ」で興味を持てず「CURE」を観て大いに興味を持ち、次に選んだのが新作の「叫」だったのだが。

その他の作品は観てないので比較はできないが、本作は私が観た同監督作品としてはかなりホラーの定番を踏んでいるもののようである。
別に定番ホラーでも構わないがそうなると単純に面白いか、好きなタイプか、ということになり、自分的にはそう面白くも怖くもなかったのである。

とはいえ、まったくつまらない、と言うことではなく、もしそうならいちいち書きたくもないだろう。「CURE」がかなり面白かったのでどうしても期待してしまうのだ。

作品自体は多分エンターテイメント・ホラーということで楽しく観れる方向で作られていると感じたのでそうそう深刻な追求をすることはないと思う。
例えば作品中で問題となる見捨てられた人間、取り残された建物、意思が通じない親子・男女などが表現されてもまさにホラーを作り出すための設定という感じである。そう思う心が怖ろしいのだと言い返されたら困るけどホラーというのは無理矢理不幸を作ってしまわなければ成り立たないものであるのだ。

その上で、ただ純粋に楽しめるかといえば自分の好みとはちょいとずれてたということなんであろう。
まずは人物設定。勿論名優・役所広司の演技に不満はないが、恋人役・小西真奈美との年齢差にやや戸惑う。始め、娘なのかと思った。娘でもよかったのかも。どうしても恋人でなければいけないなら役所さんでなくても良かった気もする。小西真奈美が彼女らしい優しい性格の女性でぴったりなのでもっと彼女の年齢に近い若い男。年下でもいいくらい。それの方が十数年前、幽霊と出会った時、何もできなかったのがよく判るし。役所さんだと気がきいてそこで何かしてしまいそうだし。かなり若手の刑事ということになるがそれでもいいのでは。やたら短気なのも若いならまあそうかな、と思えるし。主人公の苛立つシーンが多かった。
次に幽霊さんの葉月里緒菜。痩せていて綺麗で幽霊にぴったりだが、しゃべるとがっかり。タイトルが「叫」なんだから話さないで叫ぶだけでもいいのに。後変に手を出してるのもうまくない。いるだけで充分怖い顔なので、できるだけ演技させずに立ってるだけのがいい。
オダギリジョー。今回も駄目だった。ちょい役なのでいい味出せるかも、と思ってたのに、余計下手さが目立つ。大体問題の鍵を握る重要な役をこんな若造にさせるなんて。もっと渋いいい役者がいっぱいいると思う。これは絶対オダギリファンで観客を増やす為の算段であろう。エンタメとしては当然の索だが、こういう役は年配にやってほしいなあ。美女なら若くてもいいんだけど。おまけにこの精神分析医の台詞で「彼は若い巡査で・・・」というのがあったが目の前にいる人をわざわざ「若い」と説明せんでも見れば判る。どう見ても70歳なのに「実は若いんですよ」ていうのなら判るが。
よかったのは井原剛志。こういう全然幽霊感じない人っていいな。
でも一番好きになったのは作業船の船員さん。かわいい。と思ったら加瀬亮さんだった。今迄で一番ステキに見えた。ちらっとしか映らないかもしれないが。働く男が好きなんだ。

「叫び」のポーズがそのままムンクの「叫び」ポーズだったり笑わせる場面が多くホントに楽しませる映画なのかもしれないが、自分の好みな世界でなかっただけかもしれない。
好きだったのはとにかく作業船の出てくるとこで、ステキな船員さんもだけど船の走る場面、周りの光景、古びた建物などよかった。好きな映画「ふたりの人魚」の冒頭シーンに似てたんで。

というわけで自分の趣味とは少しズレていて残念だったが愉快なホラーとしてやはりよくできていることは確かだろう。
些細な駄目もあるが些細な楽しみもある。
深刻にならずに楽しめばいいはず。

監督:黒沢清 出演:役所広司 小西真奈美 伊原剛志 オダギリジョー 葉月里緒菜
2006年日本




ラベル:ホラー
posted by フェイユイ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェイ・チョウ、台湾映画の記録を塗り替える

ジェイ・チョウ、台湾映画の記録を塗り替える

凄すぎて何も言えません。総額にしたらどうなるのか。海賊版が横行する中でこの数字。(数字ばかりではないとはいえ!)ホントにスゴイ。そして早く観たい!!!!!

それにこの写真のジェイ、かわいい。
posted by フェイユイ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。