映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年08月28日

「赤い靴」エメリック・プレスバーガー マイケル・パウエル

C.jpg

バレエが好きなのですでに観ていてしかるべきなのに今まで未見だった。名作といわれるだけあってすばらしいバレエ映画であった。

何と言ってもヴィクトリア・ペイジを演じたモイラ・シアラーというバレエ・ダンサーの踊りと美しさに見惚れてしまう。
赤い髪と大きな目が印象的である。

物語はバレエを愛し、踊る事に喜びを感じている駆け出しのバレエダンサー・ヴィッキーとその才能を見出し一流のダンサーに育てようと意気込むレルモントフ、そしてそのレルモントフに同じように才能を認められバレエ団のお抱え作曲家として迎えられた若いクラスターはヴィッキーと恋に落ちてしまう。
掌中の珠を奪われたレルモントフは怒りのあまりクラスターを追い出してしまう。ヴィッキーはプリマの地位を捨ててクラスターと結婚するのだった。

本来なら傲慢で身勝手なレルモントフに怒るところだが、映画がそう思わせるためか次第にレルモントフに肩入れしクラスターの強情に苛立ってしまう。映画作りをしているならばレルモントフに同情的になってしまうものだろうが。
ヴィッキーのように美貌と才能と性格のよさを併せ持つ女性を見つけるのは難しいことなのだろうし、やっと少しだけ芽が出たかというところで男に横取りされ主婦にされてしまってはレルモントフでなくとも憤慨する。
最後の最後でクラスターが許してあげれば(少なくとも彼女の言うとおり公演が終わるまで待ってあげれば)こういうことにはならなかったのに。悔やんでも悔やみきれない。男のプライドなんてむかつくだけである。

まあ、映画はそうやって踊りもやめられず愛をとめることもできず死を選ぶ事を美しく描くものであるからここではそうそう青筋をたてるものでもあるまい。

さて、タイトルの「赤い靴」はアンデルセンの童話を原作にして作られたバレエでこの舞台によりヴィッキーは一躍スターとなるのである。その舞台は映画の中でたっぷりと映し出され見ごたえがある。
なにやら怪しげな靴屋が勧める赤い靴に魅せられた少女はその靴を欲しがる。願いどおりその赤い靴を履いた少女はいつまでも踊り続けなければならなくなる。踊り疲れ果て、神父に助けを求めた少女はやっと赤い靴を脱がしてもらうことができた。だが少女はその神父の前で死んでしまうのだ。
幻想的な舞台。特に新聞紙とヴィッキーが踊るシーンは不思議な雰囲気に満ちている。
悪魔のような靴屋の踊りにも惹きつけられる。

ヴィッキーはこの「赤い靴」の少女のように踊り続けることはできなかった。願いどおり赤い靴を手に入れ死ぬまで踊り続けた少女と踊ることなく死に急がねばならなかったヴィッキーとどちらが幸せなのだろう。
ヴィッキーを演じたモイラ・シアラーは若くしてこの映画「赤い靴」で有名になりすぐ結婚しダンサーをやめているようなのでヴィッキーの人生に近い。がこのような結末ではなく、幸せな結婚生活を送り4人のお子さんをもうけ、ダンサー以外の仕事をして80歳の生涯を終えられたようなので確かにダンサーだけが人生の全てではないかもではある。
但し観客はどうしてもバレエ一筋に生涯をかけるダンサーを夢見るものである。結婚するのはいいのじゃないか、とは思うものであるが。
(しかし女性は出産が大変である。全てをかなえた女性はやはり凄いのではなかろうか)

それにしてもこの映画1948年のものである。つまりは戦後間もないわけで日本人がこんなもの見せられたらたまんないであろう。
すぐそういうことを考えるのが年寄りなのだ。


監督:エメリック・プレスバーガー マイケル・パウエル 出演:モイラー・シアラー アントン・ウォルブルック マウリス・ゴーリング ロバート・ヘルプマン
1948年イギリス


ラベル:イギリス映画
posted by フェイユイ at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リウ・イエ、ルー・チュアン監督新作に主演

リウ・イエ、ルー・チュアン監督新作に主演

日本人にとっては勿論正視し難い題材ではあるが、「ココシリ」で唸らせてくれた陸川監督がこの歴史をどう撮ってくれるか是非観たいと思う。

主役をリウ・イエ、日本人俳優では寺島進が出演するということでますます観てみたい作品である。
posted by フェイユイ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。