映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年09月12日

『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』スティーヴン・ウーリー

uCAEW[Y.jpg

ミック・ジャガーとキース・リチャーズはかろうじて知ってはいるが(詳しいとはとても言えない)ブライアン・ジョーンズとなると名前を聞いたことがある、という程度。無論彼がどんな人物だったかなど何も知らなかった。

ゆえにこの映画は純粋に(ということはないだろうが)映画として楽しめた。私にとっては『アマデウス』を楽しむのと同じようなものである。
つまり「こんなイメージじゃない」とか「実際の彼は・・・」などという思い込みがまったくないのであるから画面に登場するブライアンをそのまま受け入れられたのであった。

監督が「ストーンズの映画ではなくブライアンの映画を撮りたかった」という言葉通り映像は金色の髪の王子様に見えるブライアンに焦点を絞っている。
そのために知らない者にとっても非常に入り込みやすく判りやすい作品だった。

美貌だけでなく聡明で音楽の才能に溢れていたブライアンは「ローリング・ストーンズ」を創るが目指すものが違う彼は一人違う世界に住んでいるようだ。
ブライアンがいた時のストーンズの演奏を見ても彼がシタールを抱え込んで座り一人異彩を放っている。
ファンだった人たちからは当然の光景なのだろうが初めて(ってわけでもないが)見る者には彼だけが違う空間にいるようだ。

物語はストーンズとブライアンというよりブライアンと彼の家の改築業者であるフランクとの関わりの方に重きが置かれている。
確かにブライアンにとってはアニタ・パレンバーグが重要な女性であって音楽仲間であるキースに彼女を奪われてしまう(といってもブライアンの頼りなさと暴力が原因なのだが)
が本作で描かれるのは、アニタを失ったその後の堕落していくブライアンなのだ。
この映画の中のブライアンは全てを失い人里離れた城に幽閉された王子そのものである。
その美しい家屋はかつて『くまのプーさん』を書いたA.A.ミルンが住んでいたものでクリストファー・ロビンの像もある。童話のような家でブライアンは夢の中に住んでいるのだ。

ブライアンは何故か改築業者のフランクに何かとかまい、からかったりわがままをぶつけたりする。
彼らの関係は不安定で奇妙なものだ。豊かでもなく冴えない外見のフランクは自由奔放でいつも美女を惹きつけているブライアンにのめりこんでいく。
夜中、プールでブライアンと二人きりになったフランクは彼を溺れさせてしまう。実際のフランク氏は死の床でブライアン殺害を告白したそうだが事実はどうだったのかそれは誰にも判らないのだろう。

ローリング・ストーンズファンにはむしろ不満な映画なのかもしれないが何も知らない自分にはとても興味深い作品だった。
異端児ブライアンのその生き様は自分が想像するロックスターのイメージそのままである。「幸せになるのは退屈だ」という言葉通り彼は幸せになることはできない人間だったのだ。

この作品を観た本当の理由はキース役のベン・ウィショー(『パフューム』の主人公)を観たかったからなんだけど。
ブライアンの彼女を盗った男の役なのに見事にちょっとだけだった。さすがにキースのイメージではなくておかしかったがまだキースが非常に若くて可愛い頃なのでこれでいいのかもしれない。
主人公ブライアン役のレオ・グレゴリーはわがままな天才を魅力的に演じていた。本物の映像の方が可愛いとは思うけどそれはしょうがない。

監督:スティーヴン・ウーリー 出演:レオ・グレゴリー パディ・コンシダイン デヴィッド・モリッシー ベン・ウィショー ツヴァ・ノヴォトニー
2005年イギリス

Brian Jones

The Rolling Stones - Paint It, Black
ミックめちゃかわいー(おいおい)

若い頃のキースとベン・ウィショーはよく似てて驚き。


posted by フェイユイ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不能説的.秘密 (DVD) (香港版) 発売!!!!!!

q~.jpgq~c.jpg

不能説的.秘密 (DVD) (香港版)

これをどんなに待ったことか!!!
うれしい!!!
即予約です!!!

こちらの特典付きもございます(笑)
不能説的.秘密 (限定版) (香港版)
私はこちらにしました。

中・英字幕つきですがリージョン3なので御注意を!
posted by フェイユイ at 17:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。