映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月11日

『2046』再び 王家衛

2046c.jpg
2046

今更ながら感じているのだけど王家衛の作品というのはひたすら青臭くて子供っぽい映画なのである。
この辺を好きになったらもう入り込んでしまうし、駄目だったら何がなにやらさっぱり。てな感じになってしまう。
私としては恥ずかしいと思いながらもそういった青い時間を眺めていたくてつい観てしまうのではないだろうか。
「俺と一緒に行かないか」がキーワードになっているなんていうのがもうすでに子供の感覚なのであって主婦だったら晩御飯の用意もしなきゃいかんし洗濯物も溜めたくないしそんな言葉くらいでそうそう出かけられはしないのだ。と言っても作中のヒロイン達は全くついていってはいない。女はなにかとしがらみが多いのである。
「すべての記憶は涙で濡れている」ちょっと恥ずかしくなる言葉である。自分の記憶を覗いてみてもまあそんなに涙ばかりでもなく馬鹿馬鹿しいのやらただただおかしい奴もころがっているわけでこれなんかも若い時代になら書いてみたい言葉なのだ。

トニー・レオンがまるでセンチメンタルな男を代表するかのように終始悲しみを胸に抱いている。若い女を抱く時も別の女と話すときも彼の心に住んでいるのはかつて愛したただ一人の女性。許されない恋のために別れなければならなかったその人。
本作では新しい恋の相手としてチャン・ツィイーが登場する。彼女とはひたすら肉体交渉を持つトニーであったが、ひそかに本気で愛してしまうフェイ・ウォンとコン・リーには精神的つながりのみである。
本気の相手は精神だけ、浮気な相手は肉体のみ。男の愛の形が現れてしまったようだ。

私が最も同情してしまうのはカリーナだ。彼女が思い出して泣く相手はレスリーだから。
この中ではその説明はない。
知っているものは知っている。ただそれだけのことなのだ。

ミステリー・トレインのパートに木村拓哉が登場する。どういうものか彼の起用に不満を持つ観客が多いようなのだが私はなかなかよいのではないかと思っている。(日本人役なら金城武でもよかった、というか彼も観たかった、と思わなくもないが)
このSF的雰囲気の漂うトレインパートが結構好きなのだ。
1224−1225区間は寒いので相手を見つけて体を温めなければいけない。また数字遊びだがクリスマス期間だから人恋しくなるというところがまた子供っぽい。
フェイ・ウォンはアンドロイド役もホテルの娘役も可愛らしいが特にアンドロイドの彼女は素敵である。

トレインの中でアンドロイドが10時間後100時間後1000時間後と待っている。
小説を書き直そうとしてトニーが万年筆を止めたまま10時間後100時間後と待っている。1000時間後となったらどうしようかと思ったがさすがにそこまではなかった。

2046と言う数字は男の思い出の部屋の番号なのである。彼が愛する人のことを思い出す時その数字が浮かんでくる。
2046に記憶を探すことはできても彼がそこへ戻ることはもうできないのだ。
秘密の言葉は穴の中に封じ込められ誰にも知られることもない。

王家衛の世界は独特で秘密クラブのようでもある。会員でないとその扉は容易に開かない。
本作は今までの作品をすべて思い出させるようなつくりになっているのでそれらを知らないままに観た者にはますます判りにくいに違いない。知っている者ならその秘密を知っていることに密かな喜びを感じてしまうはずだ。
少しだけ登場するチャン・チェンなんて大好きな音を求めて彷徨う旅人なのである。

監督/脚本:王家衛 撮影:杜可風 美術:張叔平 出演:梁朝偉(トニー・レオン) 章子怡(チャン・ツィイー) 王菲(フェイ・ウォン)、劉嘉玲 (カリーナ・ラウ)木村拓哉、張曼玉 (マギー・チャン) 鞏俐(コン・リー)、チャン・チェン、ドン・ジエ
2004年香港/中国


posted by フェイユイ at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『花蓮の夏』主題歌『盛夏光年』訳 のようなもの

映画『花蓮の夏』の主題歌「盛夏光年」の歌詞とその後に書いているのはフェイユイが乏しい頭脳で勝手に書いた訳詩です。
決して信じてはいけません。ハチャメチャな意訳だし。

「盛夏光年」

作詞:阿信 作曲:阿信 演唱:阿信(五月天)

我驕傲的破壞 我痛恨的平凡 才想起那些是我最愛
讓盛夏去貪玩 把殘酷的未來 狂放到光年外 而現在
放棄規則 放縱去愛 放肆自己 放空未來
我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎
讓定律更簡單 讓秩序更混亂 這樣的青春我才喜歡
讓盛夏去貪玩 把殘酷的未來 狂放到光年外 而現在
放棄規則 放縱去愛 放肆自己 放空未來
我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎
我要 我瘋 我要 我愛 就是 我要 我瘋 我要 我愛 現在
一萬首的mp3 一萬次瘋狂的愛 滅不了一個渺小的孤單
我要 我瘋 我要 我愛 就是 我要 我瘋 我要 我愛 現在
盛夏的一場狂歡 來到了光年之外 長大難道是人必經的潰爛
放棄規則 放縱去愛 放肆自己 放空未來
我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎 我不轉彎

僕は勝手に革命を起こした 平凡でありたくなかったんだ
やっと思い出したんだ
それらが自分の一番大切なものだったということを

真夏に僕らは遊びまわった
残酷な未来は宇宙の果てまで続く そして今

ルールを投げ捨てるんだ 思うがままに愛すればいい
自分を解き放て
何もないままに未来へと走ろう
もう戻らない 戻らない 戻らない 戻らない

法律がもっと簡単になり秩序がもっと混乱したら
そんな青春を僕はやっと好きになるだろう
真夏に僕らは遊びまわった 
残酷な未来は宇宙の果てまで続く そして今

ルールを投げ捨てるんだ 思うがままに愛すればいい
自分を解き放て
何もないままに未来へと走ろう
もう変わらない変わらない変わらない変わらない

僕は狂いたい 僕は愛したい 絶対に
僕は狂うだろう 僕は愛するだろう 今

一万曲のMP3 一万回の狂った愛
なくならなかったほんの小さな孤独さえも

僕は狂いたい 僕は愛したい 絶対に
僕は狂うだろう 僕は愛するだろう 今

真夏の大はしゃぎしたあの場面
宇宙の果てまでたどり着いてしまった

成長すれば人は必ず腐ってしまうわけじゃないだろう

ルールを投げ捨てるんだ 思うがままに愛すればいい
自分を解き放て
何もないままに未来へと走ろう
もう戻らない 戻らない 戻らない 戻らない

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


うっひょーい(О>艸<О)さんからお問い合わせがあったもののどうにも自信がなかったのですが、思い切って書いてみました。
おおくぼさんから歌詞を提供してもらいましたし。多謝。
赤面モノですが何かの足しになるなら・・・ならないような。
ほんとに本気にしてはいけませんぞ。

それにしても何度聞いてもいい歌です。かっこいい。


ラベル:
posted by フェイユイ at 15:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 張孝全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。