映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月18日

『インビジブル・ウェーブ』ペンエーグ・ラッタナルアーン

invisible-vcd-hk.jpgInvisible Waves.jpgインビジブルウェーブ.jpg
Invisible Waves

とても不思議な味わいのある映画でクリストファー・ドイルの映像とも相まって楽しめた。

粗筋だけを言ってしまえば不倫と殺人と復讐でさほど面白みもない気がするが、なぜか展開は思ったとおりにはいかなくて妙な具合にばかりなっていく。
香港でボスの妻と不倫関係にありながら殺害命令を受け、タイ・プーケットへ逃亡する日本人キョウジ。タイへ向かう船の自室が情けなく酷くて灯りは点いたり消えたり、シャワーから突然水が噴射したり、それまでが思い切りシリアスだったのでおかしくて噴出してしまった。演じている浅野忠信はいつもどおり力の抜け切った自然な演技で一体演技なのか地なのか判らないくらいである。ここまで力の抜けた話し方をする人もあまりいない気がする。
部屋は轟音が響くので耳栓が絶対不可欠。空気孔からはもうもうと煙が入ってくる。しかも中にいるのに何者かに部屋の鍵をかけられ外に出られなくなってしまう。
すべてが淡々と静かに進んでいくのだが、一体何なのか、誰の仕業なのか判らない。

謎の坊さんに香港人エリック・ツァン、旅の途中で出会う赤ん坊連れの若い女性に韓国人カン・へギョン。タイで助っ人として現れる日本人に光石研という多国籍映画。

浅野の独特のおかし味のある演技と光石研のうるさいけどなんだか悲しさがある佇まいを楽しむ。
同監督の『地球で最後のふたり』でも主人公の男(浅野忠信)は自殺志願であったのだが、本作でも主人公は最後に「本当に死ぬべきはどちらか」と考え自らの死を許容してしまうのだ。
正直そういう考え方は素直に頷けないのだが、仏教的自己犠牲がこういう形で表現されているのかもしれない。

そういえば昨日記事を書いたガス・ヴァン・サント『ラストデイズ』とイメージとしては殆ど同じ映画である。
ここでも主人公は生きていても死んでいるようなものであった。ずっと顔色が悪く人との会話がうまくいっていない。なぜかぼんやりとした意識のまま延々と彷徨い続ける。片方は川へ入り、こちらは海である。ここでも死を目前にした水の儀式があるわけだ。一体何故死の前には水にはいるんだろう?
死を前にしても「生きていたい」という渇望がない。
期せずして同じテーマの映画を続けて観てしまったようだ。好きではない、などと言いながらやはり自分はどこか「死」というものを考えたいという気持ちがあるからなんだろう。
本作は『ラストデイズ』よりユーモアもアクションもあるのだが(『ラストデイズ』も結構おかしかったけど)物語性がいくらかこちらがあるので主人公への悲しさもより伝わりやすいのではないだろうか。
奇妙に面白い体験であった。

監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン 撮影:クリストファー・ドイル 出演:浅野忠信 カン・ヘジョン エリック・ツァン 光石研 マリア・コルデーロ
2006年 / タイ/オランダ/香港/韓国





ラベル:
posted by フェイユイ at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。