映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月29日

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ジョン・キャメロン・ミッチェル

hedwig-and-the-angry-inch-5.jpgaehedwig.gif
Hedwig and the Angry Inch

とにかく大好きなんだけどこれはどう書けばいいのか。この素晴らしさは観なきゃ絶対判らないし、観て音楽を聞いて胸が張り裂けそうな気持ちになってベッドにもぐりこみたくなる。好きな人がいるなら一緒に重なって。

ヘドウィグはトウが立ってると言っていいのかもしれないし、若い恋人トミーと一緒だと照明の具合では殆どお化けみたいな顔になってしまうんだけど、それでもやっぱり可愛くてしょうがない。
重力のせいでたるんでしわがよっててもそれをはっきり見せてしまうところが悲しく切ない。
東ドイツで生まれて(懐かしい響きの国)アメリカの音楽がずっと好きだった小さなハンセル=ヘドウィグ。
アメリカ黒人兵に結婚を迫られアメリカへ行こうと誘われるがその代償は男性器を失うことだった。

幸せを手に入れるためには何かを失わなければならない。よく言われることだけどハンセルにとってそれは男性でなくなること。
そしてハンセルは母の名をもらってヘドウィグとなる。

しかしアメリカへ渡って間もなく彼は新しい“恋人”と出て行ってしまう。
ヘドウィグは新しい世界に投げ出され何とか糊口をつなぎながら、再び「自分の片割れ」を探し始める。

だがヘドウィグのなくなったはずの“モノ”は手術の失敗でわずか1インチ残っていたのだ。それがタイトルの『アングリーインチ』
ヘドウィグはロックに自分の怒りを込めてぶつける。

愛のために生きているようなヘドウィグ。恋人だったトミーの後を追いかけるように移動しながら歌い続けるヘドウィグだが、大きなコンサート会場で歌うトミーと違い彼女のバンドが歌うのはいつも小さな店の何人かの一般の客の前。なんてミジメで悲しいんだろ。でもヘドウィグはいつでも魂を込めて歌うのだ。

ヘドウィグであるジョン・キャメロン・ミッチェルって不思議だ。そんなに整った顔ではないかもしれないけど、観てると凄く可愛くていい顔に見えてくるし時々はっとするほど美しくも感じる。
化粧した顔も綺麗だけど米兵に見初められた時みたいな素顔も魅力的なのだ。ちょっといかれた感じのする大きなくぼんだ目は本当に素敵である。
本作でとても好きなというか気になるキャラはヘドウィグの現・夫バンド仲間で彼女とは逆の男になった女性である。
他の多くのゲイムービーと違い男性の姿になった女性がここまで描かれているのは珍しいことなんじゃないか。夫として登場する、というのも面白いし。ヘドウィグとしては自分の片割れなら男装した女性なのかなと考えたのだろう。

恋人トミー役のマイケル・ピットは『ラストデイズ』の時にも書いたけど甘い顔が好きじゃなくて覚えてなかった(すみません^^;)
ここでは特にヘドウィグに酷い仕打ちをする役なので余計むっとしてしまうのだが最後に裸になってヘドウィグに歌うところは感動的だった。

一つ一つの歌がヘドウィグの心を表していて揺さぶられる。歌えなくったって思わず一緒に歌ってしまいたくなる。
おかしくて悲しくて楽しくて切なくて泣けてくる。
最後のシーン、薄暗い路地をヘドウィグもといハンセルが裸、素足で歩いて行くシーンは彼の通ってきたこれまでの道のようだ。
水溜りも越えて彼は人々が行きかう大通りへと出て歩き続ける。彼そのままの姿で。

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル 出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル スティーブン・トラスク ミリアム・ショア マイケル・ピット セオドア・リスチンスキー ロブ・キャンベル
2001年アメリカ

ところで全然関係ないんだけどジョン・キャメロン・ミッチェルと高虎ってなんか似てない?
John_Cameron_Mitchell.jpgガオフー.jpg
私の好きな顔っていうだけなのか?


ラベル:同性愛
posted by フェイユイ at 23:11| Comment(6) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。