映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年01月23日

ヒース・レジャーを偲びながら『ブラザーズグリム』

ブラザーズグリム.jpg

今朝方、突然にヒース・レジャーの訃報を知って信じていいのか、なんと言っていいのかまったく判らない。偽のニュースだったら、と願うばかりだ。
ヒースの映画は幾つか観ている。まだ年若い彼のことでそんなに多数の作品があるわけではないのが寂しい。手元に持っているDVDは『ブロークバック・マウンテン』と『ブラザーズグリム』
大概の人は『ブロークバック』を観なおすだろうが私にとって『ブラザーズグリム』はとても思い出深い作品なので今夜はこの映画でヒースを見つめることにした。

ヒースを初めて観たのも『BBM』ではなくこの作品である。
この映画の中のヒースはお伽話の世界に没頭し現実と夢がごちゃまぜになっているような純粋な青年。マット・デイモン演じる兄のウィルは彼を「魔法の豆」と呼んで馬鹿にしている。
『ブロークバックマウンテン』とは違い、明るいタッチのコメディでグリム兄弟をふざけ気味にパロディ化しているので軽く見られてしまう傾向もあるようなのだが、私は凄く好きなのだ。何度も見返しているがコントラストの強いお伽話にぴったりの色彩・映像とグリム童話と他の物語も取り入れながらのイメージの表現が不気味に愛らしくユニークで楽しめる。
そしてなにより心惹かれるのはグリム兄弟ふたりの個性と関係なのである。
マット・デイモンは他の映画とは随分違った印象になるほど兄ウィルを作り上げている。
もみあげのある金色の髪型も横着で傲慢な態度もこの役のために演出されたものだ。
一方、弟ジェイクのヒースはどうなんだろう。私はヒースの本性はどうだと言えるほど彼を観ていないのでジェイクがヒースとどう被るのか、まったく違うのかわからない。
ただ眼鏡をかけて内性的で兄を厭いながらもどこか頼り切っているヒース=ジェイクが可愛らしくてしょうがない。
長年追い求めていた童話研究の道を兄ウィルが無下にしようとした時彼は必死で抵抗する。そして秘密の森の案内をしてくれたアンジェリカの妹たちが行方不明になっているのを知って「アンジェリカきみはわかっているよね、すべてが現実におこっていることを。僕たちは物語を生きている。ハッピーエンドにしよう」と訴える。この言葉は偶然ではあるとはいえヒースその人の言葉のように感じて悲しくなってしまう。そしてウィルが追いかけていくのを振り切るようにして馬で駆けていってしまうのが酷く辛く見えてしまったのだ。

彼の死の原因というのはまだ判らない。報道では睡眠薬を大量に服用したのか、とも書かれている。
彼が現実に起きていることに何か耐え切らないものがあって夢の中に入り込んでしまいたくなったのか。
それはわからないことだけれど。

『ブラザースグリム』は他愛もないお伽話のパロディを遊び心たっぷりに作ったものだけど、その中で動いているグリム兄弟はどちらも素晴らしい。
特にヒースの表情や仕草をずっと追い続けて観ているとこの映画の中でなんという魅力的なキャラクターなのだろう、と感心せずにはいられない。
兄のおしゃべりにぴっと立てる指だとか、おどおどした様子だとか、塔の女王に言い寄られて恍惚となる表情、アンジェリカにキスされて嬉しそうにする場面だとかの一つ一つに見入ってしまう。

彼のようなタイプの人はこれからもっと、年を重ねるほど味わいのある演技者になっていったはずなのに。
なぜこうも早く遠い国へと旅立ってしまったのか。

心の中でまだ嘘であったらと思いながら、お別れの言葉を言わねばならないのは辛すぎる。訂正文を書ければ、と願いつつ。
ご冥福を祈ります。

ヒースとマット3.jpg



posted by フェイユイ at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブロークバック・マウンテン』主演のヒース・レジャーさん、NYの自宅で死亡

249525~Heath-Ledger-.jpg

石公さんのブログを見て愕然としてしまった。

ヒース・レジャーが死亡。

信じられない。
こんなことって。嘘だといって欲しい。間違いのニュースだと。


あまりにも動揺してしまってなんと言っていいかわからない。

『ブロークバック・マウンテン』主演のヒース・レジャーさん、NYの自宅で死亡
posted by フェイユイ at 09:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。