映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月08日

『灌籃(カンフーダンク)』朱延平

灌籃(カンフーダンク)bbbb.jpg灌籃(カンフー.jpg

この記事は日本未公開の映画を輸入DVDで鑑賞したものです。ネタバレになっていますのでご注意ください。

さあ、ついに観た周杰倫主演コメディアクション映画『カンフーダンク!』ジェイの活躍がガンガン観れちゃうのだ。
もうこれはヨダレ物ですぜ〜!と言いたいところだったのだが、はっきり言うとこれは駄目だった。

ジェイにべた惚れの目で観ていてどうしたって褒めまくろうと思っている自分だがこの映画はあんまりではないのかなー。
こうして観るとコメディというのがいかに難しいのかわかる。ジェイにコメディを演じさせたことも酷だし、製作者のアイディアの乏しさも侘しすぎる。
これでもし面白かった、と感じるのならジェイ・チョウというブランドに流されてしまったのではないのだろうか。
私はこれを面白かったとは言いたくないのだ。

そのジェイ自身が作った『不能説的・秘密』はまだ素人っぽい作りながら繊細に神経を配った感覚があった。
ストーリーの起伏も伏線も細かい配慮が感じられたものだ。
本作にはそういった練りこんだものが何も感じられない。コメディアクションだからどうでもいいはずではなく、だからこそより複雑な計算があってこそ面白くなるはずなのに。
特にメインであるはずのバスケットアクションは一発放り込むことばかりで目新しさがない。
タイトルが『ダンク』なのだといってもジェイがやってるのはダンクじゃなくロングシュートだし、タイトルのダンクは最後の最後に決めるだけでも別にいいのだ。
やはりバスケの面白さはパス回しとドリブル、トリッキーな動きにあるわけで、そこらへんはMBAの物凄さを取り入れながらカンフーアクションを混ぜ込んで芸術的且つ超人的に嘘でいいから作り上げて欲しかった。単に長いシュートを入れるだけ、というのを繰り返してなにが面白いのだろうか。
肝腎のアクションも正直言ってジェイの場面よりチェン・ボーリンの方が迫力あったような気がして寂しい。
コメディではエリック・ツァンに勝てるわけもなく。

カンフー+球技ということでどうしたってチャウ・シンチーの『少林サッカー』と比べてしまうわけだが、悲しいかな、比べる域にも達していない。
無論『カンフーダンク』をチャウ・シンチーが主演してたらば出来栄えはまったく違っていただろうとは思う。笑わせる、というのは難しいものである。存在自体がおかしい、しゃべりや仕草がおかしい、笑いの要素も様々だがジェイにそれを求めたのはかなり無理があるのではないか。
とはいえジェイがすべての責任を被るわけではなくこの映画作品そのものが面白いおかしいと言えるのかどうか。楽しめる要素があるのかどうか。
敵方が卑怯な手を使い暴力行為で勝敗をモノにしようとする行為の繰り返しは中国サッカーチームの反則を思い出させ「こういうことだけなのか」とうんざりさせられる。
中国語がわからないから笑えないのでは、とも思ったが『少林サッカー』の時も条件は同じであった。言葉はよく判らなくともあの作品では終始笑っていたのだ。あれでも目に余る暴力行為があったはずなのにそれを気にさせないおかしさを感じたのはやはりチャウ・シンチーの凄さなのか。

ジェイも頑張っていたし、評判もいいと聞いていたのである水準は超えているものと信じて観た作品だったのだが、他の方の意見はどうにしても私自身はかなりがっくりさせられてしまった。
エリック・ツァンとジェイのやり取りはさすがツァンの上手さでほんわりいいものもあったのに。本当に残念である。

監督:朱延平 出演:周杰倫、陳柏霖、蔡卓妍、曾志偉、呉孟達
2008年台湾

ジェイの歌が流れてバスケットアクションが見れるのは確かに楽しいことだった。だがそれでは単にMVとしてのみ売り出せばよかったのではないだろうか。
チェン・ボーリンも気の毒だ。

『イニシャルD』で主演したジェイだが、あの時はもっと何もしない演技だった。だがそんなことはかまわないくらい製作者のアイディアが秀逸だったのだ。また周りの俳優陣のおかげでジェイは素晴らしく見えたものだ。
その後も『王妃の紋章』ジェイ自身の作品『不能説的・秘密』と高いクオリティの作品が続いた。チョイ役の『ジェイ・チョウを探して』もいい作品だった。
いっぱしの役者でも幾つか出演すれば一つくらいスカに当たるものだ(むしろ恵まれている方なのだ)すべて完璧とはいかないのが当然かもしれない。




posted by フェイユイ at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ユメ十夜』いまだ観れず

ユメ十夜 日本版.jpgユメ十夜台湾版.jpg功夫灌籃k.jpg
左が日本版『ユメ十夜』真ん中が台湾版『夢十夜』松ケンアップです、右がジェイ『カンフーダンク』

実は今夜は(というか昨日の夜は)やっと手に入ったDVD映画『夢十夜』を観る予定であった。漢字で書いたのは台湾版だからである(リージョン3なのでご注意を!普通には観れません)

レンタルすればもっと早く観れたのだが、ちょうど折りしも周杰倫の『カンフーダンク』を購入予約しようとして運賃無料にするためにもう一枚何かを注文したかったのだが、もうよほどでないと中文字幕で観る気力のない私は買いたいものがない。
そんな時、見つけたのが台湾版『ユメ十夜』である『夢十夜』
日本映画を台湾版で買えるのか?と疑心暗鬼だったが、あっさり注文完了。しかしホントに来るのか心配で記事にもできないでいたのだった^^;

今日届いた2枚の台湾版DVD(イヤ、『カンフーダンク』は香港版だ)

日本版『ユメ十夜』は表紙が10分割され松山ケンイチの姿も10分の1のようだが(実際手にとったわけではないので確信はできないが)台湾版のそれは何故か表紙いっぱいに松ケンが大きく写っているのである。しかも下部の俳優名は“L”松山健一(笑)
やはり“L”の影響大なのだなあ。それにしてもケンイチ君はちゃんと研一って漢字があるのに健一って。
yesasiaの説明ではちゃんと研一ってなってましたけどね。

とにかく表紙に松ケンの顔がアップで印刷されてて、一方の『カンフーダンク』にはジェイ・チョウの顔がアップで(笑)
並べられるとホントに似てて笑ってしまいましたよ。
そうでもない、と思ってたらほんと似てるんだもん。しかも二人とも流し目してるし^^;(今手元で見つめ合っています)

無論日本で買える『ユメ十夜』ですが台湾版だと少し安いようで(レートがどうなるのか。800円くらい安いかな)
中国語を勉強したい人には中文字幕で日本語が聞けますしね。

で、なんで観なかったかというと心待ちにしていたくせにやっと観る段になって「あ、原作読めばよかったなー」って。
もー未読だった私が悪い。普通は原作読んでなくても気にならないんですが何故かこれは読んだ方がいいような気がして。
気にせず観ようと思ったのですが、一度気になると集中できず止めました。
てことで今度は原作読了後に観る予定に。
いやはや。
一体いつ観れるのやら。

てことでこの記事は『ユメ十夜』台湾版『夢十夜』は松ケンびいきだよ、ということでした。松ケンファンならこちらを購入するのもよいかも。

『カンフーダンク』を明日は観るぞ!

この記事、いけないわけではないことを祈りたい。

台湾版『夢十夜』
posted by フェイユイ at 00:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。