映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月11日

『ユメ十夜』一夜

ユメ十夜a.jpg

やっとやっとついに観た『ユメ十夜』台湾版で観たので『夢十夜』だったけど。
観る前にちょとだけ他の人の評を見たら「夏目漱石の素晴らしい原作をこんな風にしてしまって(怒)」というようなものが多かったのでつい侮っていたのだが、これがかなり自分的には唸らせられた。よく吟味して日を改めて記事を書こうと思っていたがどうにも我慢できず少し書いてみる。

先日購入した台湾版DVDを観ようとして原作未読だったのを悔い、今度は慌てて原作小説を注文し漱石先生には失礼ながら急ぎ読み下した(読み込むまでは到らなく筋を追った程度だが)思った以上に短い短編だったので(星新一氏のショートショートくらい)却ってこれを映画にできるのか、と思えたが、なるほど出来上がりを見ればかなり話を継ぎ足してある。もし原作に忠実ならほんの5分もかからないだろうか。つまりは監督陣の思い入れが随分加筆されているわけでそこが見所となっていた。
未読のまま観るのを躊躇してよかった。映画と原作は別ものとはいえ、これはやはり夏目漱石の名文を読んで観たほうが絶対によいのではなかろうか。後読みでもいいと思うが原作を読むと映画化する工夫の面白さがまた格別である。
それにしてもこんなに面白く自分が好きな話をなぜ今まで読まなかったのか。本当に腹立たしい。ま、読む時期というものがあり、松山ケンイチを好きになることでこうして夏目漱石の一名作を読む機会ができたことで良しとしよう。
まったくのところ、この僅かなページ数の原作は面白いの一言に尽きる。これが遠い昔の人の手によって書かれたとは。この生き生きとした文章の上手さは確かに映画にするのは至難の業であろうが、それはそれ。それぞれの映画人があれこれ知恵を絞り技を競い合ったこのオムニバス、心底楽しむ事ができたのだった。

とても今夜一晩で語りつくせはしないだろうが、まあ、書けるとこまで書いてみようか。
記事タイトルの「一夜」は物語の一夜ではなく、私にとっての一夜である。

オムニバスといえば『パリ・ジュテーム』の時も内容の千差万別の面白さに何夜もかかって記事を書いたが、私にとっては『ユメ十夜』もかなり楽しんで書けそうだ。

まずは最も面白かった作品発表。一夜目から追っていては退屈だろうから。
それは『第六夜』
監督・脚本:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ TOZAWA 石原良純
これは何と言っても最も原作に忠実に映像化しつつこの自由な発想という飛びぬけた面白さではなかろうか。
これこそ原作と見比べて欲しいがあの僅かな長さの物語を他の作品のような継ぎ足しを殆どしていない、と思えるほどに忠実に再現しているのである。且つその表現は自由であり計算されているという物凄い技巧である。
監督の松尾スズキさんの名は無論知ってはいたが作品は多分知っていない。が、この作品だけでいかに優れた才能であるかは認識させられた。
原作自体、10編の物語の中で最もおかしさのあるものなのだが、その一編を選ばれたのか与えられたのかわからないがこの『第六夜』をスズキ氏がやることになってよかったのではないだろうか。
明治時代に生き残っているはずのない運慶が生きていて仁王を彫っているのを見物するという荒唐無稽な夢の話だが、そのおかしさをブレイクダンスで表現する。阿部サダヲのぶつぶつ悪口を言う様子もおかしくてしょうがない。
「さすがは運慶だな。眼中に我々なしだ。天下の英雄はただ仁王と我とあるのみという態度だ」というとこなんてもう大爆笑。
ここは是非もう原作と読み比べていただきたい。
大体夏目漱石という人は日本の文豪の代名詞でもあるのに凄くコメディがかける人だ。私は昔よく『我輩は猫である』を読んでげらげら笑っていたんだけど、明治時代に書いた文章で笑えるのも凄いんではなかろうか(イや私じゃなく漱石がね)文豪だからコメディも書けるのかコメディが書けるほどでなければ文豪じゃないのか、よく判らないが漱石の文章はとにかくおかしいところが凄い。
そのおかしさを映像に仕立て上げてしまった。漱石なのにパソコンでネット的な文章を書いていくのもおかしいが確かに漱石が今いたらばそのくらいやってそうであるし。
芝居がかった台詞「萌え」なんていう掛け声だとかもうノリノリに乗せられてしまう。
この物語は「夏目漱石の作品は作り物」だと言われた漱石が自分は作るのではなく掘り出しているのだ、という意味を込めているのらしい。
最後の原作にない付け足しもひねりがあって秀逸な作品だった。

『パリジュテ』の時に表第一位と裏第一位があるなどと書いたのだが、本作の裏第一位はどうしたって松山ケンイチ主演の
『第十夜』
監督:山口雄大 脚本:山口雄大、加藤淳也 脚色:漫☆画太郎
出演:松山ケンイチ 本上まなみ 石坂浩二 安田大サーカス
である。
これはもう冷静に判断はできないのでどうしようもないが、『地獄甲子園』を監督しただけあって徹底的にぶっ飛びな作品で徹底的に原作をぶち壊しているのが上と違ってまた最高であった。
また注目すべきは松山ケンイチが今までの主演・準主演映画作品またはドラマと大きく違う美形の嫌な男を演じていることである。
真面目で素朴で何故か本人よりブサ系を演じる事が多かった彼とは思えない変身振りである。
まあ、この時代の2枚目っていうのはもう少し女性的な方がしっくりくるし、展開の無茶苦茶も際立ったのかもしれないが、自分的には嬉しい悪役だった。何となく「豚野郎」って台詞がいまいちまだ板についてない気もしたが。
ロボ以上のハチャメチャで何より本人が楽しんでいるのが伝わってくる。「よかったねー」てな感じでにんまり観終えた一作だった。
町内一の好男子、昔だったら沢田研二がやるとよかったかな。何故か関西弁が使われてたからそう思ったのかもしれないが。

と、ここで明日に(今夜か)に続く。






posted by フェイユイ at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山ケンイチについての告白・その6

なんとか他の映画も観ていこうと決意しながらどうしても離れきれないでいる自分なのだが、さらにそうは言いつつ雑誌などを買い集めるのを止められないでもいる。

色々雑誌・写真集も見てきているが特に一つ一つ感想を述べることはないか、と思っていたのだが、一つ衝撃なのがあった。
蜷川実花さんの『蜷川妄想劇場』という16人の男子の写真集である。
話題・人気の男性が蜷川実花さんにより様々なシチュエーションで撮られていて大変嬉しい写真集なのだが、当の松山ケンイチ氏は『若き将校の憂鬱』というタイトルで軍服での撮影。
こ、これがうううなんと言っていいやら表現していいやら、大爆笑。いやいや悪いわけでは断じてない。大体最初から『妄想劇場』と題してあるではないか。妄想なのだ、これは。それなら判る。私だってこういう妄想ありだ。
しかしなあ。似合わない・・・・っていうのか、服ぶかぶかなんだもん。痩せてるんだよなあ。
言わない言わないと言いつつ何度ももう言ってるがなんか。松ケンってどうしても周杰倫と重なるのね。
で、ジェイも軍服写真あるの。あの人割りと戦争もの好きだからさ。私はそこだけちょっとやなんだけど。で、松ケンも戦争モノ出てるし、やっぱこれも『大和』のイメージから軍服、将校だったらしいんだけど。ジェイの方は軍服もサ、決まってるの。これは絶対もう彼の方が財力あるから体にぴったりの服あつらえたからなんだよね。
松ケンのはもー単にどこかの軍服マニアショップで買ってきたのを着込んだ軍人マニアだもん。銃の構え方もまだ入りきれてないっていうのか、軍人オタクの青年がなりきってるだけみたいでさー。大体他の出演者に比べたら金のかけ方が悪いんじゃないのか。背景ないしねー。
この銃持ってる松ケンの目がいっちゃててまた危険な匂いが。この危険さが好きなんですけど。最後の写真なんかコートの下から赤いズボンみえてっからあーやっぱマニア少年だとわかるんだけど。
なんだか悪口書いたみたいだけど全然そうじゃなくてこれはやはり衝撃ですよ。こういうのもありなのかと。
他の被写体の方々と全く違うこの異常性は。

他の写真の色々見てて思うのは顔が同じ人なのか?と思うほど写真によってまったく違う事。
その時その時で何かの役になりきってしまうためなんだろうか。このくらい顔そのものが違って見える人もそういないのではないだろうか。
私的に一番ハンサムに見えると思うのは「Cut」2008,2月号の蒼井優と並んで写ってる奴。ヒゲ好きなので無精ひげに弱いのである。

ついでに松山ケンイチの顔のどこが好きかっていうとやっぱ一番は口かなあのとんがってる唇は魅力的です。大きな口が好きなのでそこもいいし、目の焦点があってないのも好きですね。
それと首が太い人が好きなのでそれもセクシーだと思います。ヒゲはその時で違うでしょうけど好み的にはあるとより魅力倍増です。
あとこれは言うと嫌がられそうですが鼻の脇のほくろが自分と同じ場所にあるのが凄く気になる。ここの位置って時々目にはいるんですよね。ほっぺのも似たような感じであるんですが。
それと声がいいですね。Lの時のしゃべり方はもう耳から離れませんが地のしゃべりの訛りがステキです。よくここまで訛り残せるなーと感心します。絶対なくすまいと思わなきゃここまで残りませんよね。
凄く心地よい話し方だといつも思ってしまうのでした。


ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 01:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。