映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月18日

『クラッシュ』ポール・ハギス

クラッシュ.jpg
CRASH

さて観終わったのだが、今妙な気分だ。観ている途中想像していた以上に面白いんじゃないと感じ早速そう書こうと思っていたのだが、いざ書こうとするとそれほど何かを書かねばならないと言う気持ちになれなくなってしまった。

確かに非常に上手く出来た映画作品である。様々な人種の生活と悩み苦しみを描き出し、且つ放り出しにしてしまわずにそれぞれのラストを示している。
観ている間は、複雑なのに判りやすく、退屈させることもなく展開していく物語にすっかり夢中になって観ていたのだが観終わってみるとさほど心に残るものはなかったのだ。語り口のうまさに騙されていたような気もする。

これは一体どういうことなんだろう。
一番の見せ場であるマット・ディロン演じる黒人差別刑事が突然命がけで黒人女性を助けたり、少女が弾も通さない見えないマントをパパから着せてもらって撃たれそうになったパパの盾になったり、軽蔑して罵っていたメイドの女性から病院に連れていってもらったことで嘘のように変身して親友と言い出したり、といった感動話が馬鹿馬鹿しく思えてくる。

そして最後にロサンゼルスの街に雪が降る。
これは、雪の降ることのないロサンゼルスに雪が降った=この話はあり得ない話だよ、と作り手が笑っているのがわかるのだ。

前半は嫌悪感でたまらなくなるほどの人種差別をこれでもかと見せられ、後半になって突然夢のような善意ある物語となる。代わりに前半で心優しかった白人青年が後半突如悪魔でも憑いたかのように黒人に発砲してしまうことでバランスを取っているのが空しい。
冒頭の場面がラストにまた巡ってきてこの問題が終わりなく続く事を予感させるのも技巧に懲りすぎていて白々しく思える。
すべては問題提議のための話作りなのだ。
この映画を観て議論し考えて欲しいということなのだろう。それを受け入れる人は無論それでもいいのだが、自分としてはそういったアプローチには却って拒否感を持ってしまうだけなのだ。
こういう見せ方でなくとも優れた作品であれば考える。こうしたはっきりした問題の投げかけをされなければ考えない、と言うわけか。

日本にいる以上、アメリカでの人種差別はニュースや映画・書物などでしか知ることはできないが、それでもいつまでもなくなることのない深刻な問題だということは伝わってくる。
無論、他の(多分)すべての国、日本も含めて人種差別のない国ということはあり得ない。
この作品が他の最近の映画ではなかなか露骨に描こうとしなかった部分をあからさまにぶちまけたのはそれだけで評価できることに違いない。
しかしそれでも一つの映画作品として何かしら心から溢れ出す様な感銘は受けなかったのである。
なので自分はこの映画で何かを考える、ということをしたくない。

こうしてみると『ブロークバックマウンテン』に作品賞を与えなかった事そのものが差別なのではと思ってしまうのは間違いだろうか。

監督:ポール・ハギス


ラベル:差別
posted by フェイユイ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『サルバドールの朝』マヌエル・ウエルガ

サルバ.jpg
SALVADOR

非常に訴えてくる映画で共感するものもあるのだが、反面なぜか訴えてくるものが判り難いのではないか、とも思えた。

というのは昨夜観た『パンズ・ラビリンス』がこれ以上ないほどの素晴らしい構成だったからだろうか。
創作である『パンズ・ラビリンス』に比べどうしても実話というものは作者の自由が利かないからなのか。

同じくフランコ政権の悲劇、という題材でファンタジーと現実を絶妙に交錯させ一つの童話を作り上げた『パンズ・ラビリンス』
本作は現実にいた青年がフランコ政権末期に労働者闘争で起きた悲劇を映像化したもの(なのだろうと思う。どのくらいの再現化はわからないので)
惜しく感じてしまうのは違和感のあるアクションシーンだとか、出来事の説明はわかりやすいのにエピソードが多岐に分かれて間延びした感があるところだ。

力のない民衆が運動のために強盗で金を稼ぐことをなんとか納得しようとしてもこの描写では逆に主人公ヘの共感を持ちにくい気もする。
先日観たヒース・レジャーの『ケリー・ザ・ギャング』のほうがそういった部分の共感は持ちやすかったし、やや滑稽ないでたちのネッド・ケリーがヒーロー足りうることにも納得できた。

自分としてはこの映画は歴史の悲劇とか政治活動を描いたものというより一人の若者の青春の物語。かつてこういう青年がいたのだ、という思いいれとして観ていたし、この映画はそういうものだと思っている。それだけにもっとそういう見せ方であった方が感情移入しやすかったのではとも思う。

恋人にはあまり恵まれなかった彼だが姉妹達の優しさ、担当の弁護士の熱意、初めは反感を持っていた看守が彼の思いを知ったことで共感を持ち始めるくだりなどが主人公がいい青年であったことを思わせる。
看守役レオナルド・スバラグリアは元は大変な二枚目なのだが髭であえて顔を隠している。サルバドールが父への気持ちを書いた手紙をこっ橇読むことで過度なほど彼に共鳴していく様子がおかしいほどなのだが、すべてが情熱的な国ならでは、という証明なのか。
彼の死によってスペインの人々が政治に興味を持ち始めたのだ、という説明が入るのだが、その代表がこの看守の男性なのだろう。

本作で圧巻なのはサルバドールが死刑宣告を受けて実行されるまでの彼の葛藤と死刑そのものの場面である。
彼自身どのような死刑が行われるかを知らずにいて、その場で「ガローテ」という鉄環絞首刑の道具を目の当たりにする。
鉄の環を首にかけ後ろからねじ状のもので締め上げていくという恐ろしい死刑である。
昨夜観た兵士たちの残虐性と共にフランコ政権の恐怖を物語っているかのようだ。

映画作品としてサルバドールがどのくらい人々からの賛同を得られるのか不安にもなるのだがその役を演じたダニエル・ブリュールの魅力は伝わってくるのではないだろうか。
『グッバイ・レーニン』で強い印象を残した彼だがここでも姉妹を始め、様々な人に愛される青年を好演している。
ドイツ名なのにスペイン人の役を演じているが彼の母親がスペインそれもカタロニア出身ということで映画の中では両方の言葉を使い分けている。
陰影のある美貌の持ち主だ。私も彼が出ているということでこの作品を観たのである。

監督:マヌエル・ウエルガ  出演: ダニエル・ブリュール レオノール ワトリング レオナルド・スバラグリア イングリッド・ルビオ トリスタン・ウヨア ホエル・ホアン セルソ・ブガーリョ
2006年スペイン

サルバドールの朝.jpg
ラベル:歴史 青春 革命
posted by フェイユイ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。