映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月23日

『修羅雪姫』 <1973年版> 藤田敏八

r160232265L.jpgimage15.jpg51F2Qbuy.jpg

観るのは2度目か。一度目は中文字幕つき(つかんでもいいが)のVCDで観たんじゃなかったかなあ。
タランティーノ『キル・ビル』元ネタとして(オマージュというのか)有名になったがこうして観なおすと確かにその通り。でもまあ当たり前だけどこのどろどろした「恨み」というのはこれを観なければ味わえないのである。
原作は読んでないが自然とあの上村一夫氏独特の美意識に満ちた絵柄が浮かんでくるようだ。
物語・演出はかなりぶっ飛んだとんでもないものであるが、出演者たちは美しき梶芽衣子をはじめ、皆真剣そのものの顔つきであるところに惚れこんでしまう。決してけったいな映画を撮っているのではないのだ。

理不尽な死を遂げた父母と兄の恨みをはらす為だけに生まれ落ちた修羅の子・雪。
その名のように美しく育った彼女の心にはただ復讐だけしか存在しない。
仇討ちの相手がどのような境遇であっても迷いもなく仕留めるその姿には潔さすら感じてしまう。
首を吊った仇の胴を真っ二つに切り捨てる場面は壮絶だった。

雪の怨念を最も表現しているのは梶芽衣子の美貌そのものだ。強い視線が心をそのまま表している。
和服を着ての立ち回りの色っぽさ。仕込みの傘、背景も彼女の美しさを引き立てている。

情念のこもったアクション娯楽映画。今の時代にこの重さはもう生まれてはこないだろう。
梶芽衣子のきりりとした妖艶さとともに忘れられない逸品である。

監督:藤田敏八 出演:梶芽衣子 黒沢年雄 大門正明 西村晃 岡田英次 赤座美代子 内田慎一 楠田薫
1973年日本


posted by フェイユイ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『デトロイト・メタル・シティ』読む

『デトロイト・メタル・シティ』1〜3+5巻を仕事の合間に読んでしまう(変な読み方ですまん。4巻がなかったのだ)
もーすげえ面白くて(話し方も変わる)松ケンはほっぽりだして夢中になる。すっかりクラウザーさんの崇拝者になってしまった。しかし仕事の合間に読むと精神が犯されてしまって中断しての人との対話で困るね。ファーックとか言いそうになるぜ。

内容にも触れるので知りたくない方はここから危ない。

そうやってデスメタル世界に浸りきっていたのだが、はっと我に返って考えてみたら、これを松ケンがやるのってやっぱり凄いよな。
確かに田舎者で優しげな根岸君が変身してクラウザーさんになる、というのは松ケンのはまりではあるが、クラウザーさんの言動はこれまでの松ケンと全く異なるもので、まー言葉で「雌ブタ」だの「母さん犯したぜ」だの言うのはまだいいとしても隣のおじさんを強姦したり逆にジャックさんに強姦されそうになる場面というのはたとえ演技とはいえそういう格好をするだけでもかなり衝撃じゃないか。
M男さんの尻を苛め抜く松ケンというのもかなり想像しがたい。
うーむ。もしやるのなら松ケンこそが破壊されるわけだなあ。しかしやらなければ意味ないよーな。

漫画自体が滅茶苦茶に面白かったのでこれはもう凄い期待をしてしまう。
とにかくクラウザーさんは最高だ!SATSUGAI!SATSUGAI!
posted by フェイユイ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山ケンイチについての告白・その7

ここんとこはもう雑誌・写真集でケンイチくんの顔を眺めたり、考えていることを読んだりしてばかりなのだけど。
最近の雑誌掲載の「ケンイチ」顔のケンイチくんの綺麗さは尋常じゃないとまで思ってる。
とにかく無精ひげ好きなので髭とぼさぼさ髪はすてきで何度見ても見惚れてしまう。
年をとればまたその美しさがあるけれど、23歳の今、若い美しさという意味では一番いい時なのかもしれない。
どーせ来年はまた「今が一番」って言ってるだろうけど。
この美貌を映画に残して欲しいと思うのだが、映画ではしっかり違う顔になって不細工系になってしまうのだ。
カムイはきっと美しいのでは、と思っているんだけど。
いえ、不細工松ケンも好きです(笑)

書くほどの事もないのにどうしても何か書きたくなってしまうのだ。
近々また作品の記事を書く予定っていうかその前に鑑賞する予定(笑)
ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『日本の夜と霧』大島渚

nihonyoru.jpg

安保闘争の最中に挙げられた結婚式に突然入り込んできた男の激しい追求でそこに居合わせた者たちの過去が暴かれていく。

今は聞くこともない政治的思想的口調と言いよどんだり、噛んでしまってもお構いなしに進んでいく手法に戸惑いながらも面白く観通した。
面白い、と言っても語られている会話、というより糾弾、弁明、議論が理解できたわけではなく殆どまあ流して聞いていたと言った方が正しいのだが、自分としてはやたらと小難しい思想言葉で彩られた不思議なミステリー劇、として観ていたのだが。

画面が過去に戻ることはあっても結婚式場内と校舎らしき建物以外殆ど出てこないということもあって舞台劇で台詞を交わしているかのような演出になっている。
物語自体は背景をよく知るものでなければ飲み込みにくいだろうがそういう事を気にしないで人間関係だけを追いかけていけば今でも非常に面白いやり取りなのではないだろうか。
こういう議論ばかりの映画というのはもう趣味の問題になってしまうのだろうが自分は好きなのである。
裁判映画のような雰囲気もありながら問題が投げかけられたまま、ぐだぐだに終わってしまう形もむしろそれでいいと思った。

「若者よ。体を鍛えておけ」というフレーズで自切俳人のオールナイトニッポンを思い出した。懐かしい。

この映画は公開4日目にして上映打ち切りになったということらしい。

監督:大島渚 出演:渡辺文雄 桑野みゆき 津川雅彦 小山明子 芥川比呂志
1960年日本
ラベル:群像劇
posted by フェイユイ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。