映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年05月03日

『ラヴェンダーの咲く庭で』チャールズ・ダンス

ラベンダー.jpglavender.jpglavender2.jpg
LADIES IN LAVENDER

実はこの映画、昨晩観てすぐ記事を書こうとしたのだった。その時、自分のこの映画に対しての感想は「二人の女優は素晴らしいが、物語には疑問が残る」という否定的なものだったのである。
だがどうしても上手く書いていくことができない。疑問というのは、まるで嘘のような青年の登場の仕方、何の疑惑もなく世話を続ける老婦人達、偶然流れ着いた人物が信じられないほどの美貌の青年が天才的なバイオリニストであり、また偶然村にやって来ていたすこぶる付きの美女が有名バイオリニストの妹だったという事実。
一体彼らは何者なのか、どういう運命の仕組みで二人がこの辺鄙な村にたどり着いたのか、戦争と天才的音楽家がどう作品の中で構成されていくのか、二人の老婦人と美女に恋する老医師はどのような行動にでるのか、いつもの癖であっと驚くサスペンスを期待していたのだが、全ての謎は判らないままで何の行動も起こされなかったという物語にそれぞれの人物の意味はなんなのか、伏線というものがあったのではないのか、それらを全て無にしてしまうとは信じられないようなお粗末な話ではないのか、と思ってしまったことなのだ。

確かに自分は作品中に示される人物や出来事に何の意味があるのかをいちいち考えてしまう癖がある。
伏線が巧妙に張られている物語に感心してしまうし、思いもかけない展開に期待するところがある。
それらを全て裏切られてしまったのだ。
庭先の海岸に心奪われる美青年が流れ着くというのもその青年に恋するのはおかしい年頃の老女が心奪われてでもやっぱり駄目だった、という結末も不満があった。
それなのにそれを書きたてようとしてもどうしても自分で納得できなかたのだ。

この作品ではそういったあらすじだけを追う鑑賞ではいけなかったのだ。
老婦人の前に突如として海の中から表れる言葉の通じない外国の美青年に恋をする、という妖精物語なのだ。
音楽を愛する美しい妖精はあっという間に別の妖精(ここでは魔女のように言われていたが)に連れ去られてしまう。
それは現実的ではないが、もしかしたら自分にも起きるかもしれない夢物語である。
老女になるまで一度も恋した事のなかったアーシュラは初めて夢のような恋をしてしまう。ひと夏の夢。
決してかなうことのない恋に苦しむ姿に悲しさを感じてしまうが、それでも彼女は恋をする、という感情を初めて持てたのだろう。
愛した人の姿を見届けて「帰りましょう」という言葉にはもうしっかりした決意があった。

どうも自分は、起伏のあるストーリー、何らかの確実な結果だけを求めてしまっていたのではないか。
いや、アーシュラは得がたいほどの美しい恋を知ったのだ。そのことが羨ましい。

二人の老婦人を演じたジュディ・デンチとマギー・スミスの素晴らしさは最初から見惚れるばかりだった。
のどかな海岸の村で慎ましくはあるが穏やかな生活を送る老姉妹の様子はずっと観ていたい様な深い味わいがある。
結婚した事のある姉が妹のかなうわけのない恋心に気づき口にははっきり言わないがずっと見守っていくのに心打たれる。妹は思うようにならない恋に苛立ち、時に姉に当たったりもする。
その恋の様子は滑稽でもあり切なくいじらしい。一体自分はこういう老人にならないと誰が言えるだろう。

夢を表したかのような美青年にダニエル・ブリュール。その美貌はこの役にまさにぴったりである。あどけない寝顔にアーシュラが惹かれたとしても当然ではないか。
スペインとドイツの血が混じる彼はそのままそれぞれの魅力を併せ持つようだ。スペイン語、ドイツ語、英語は話せるという彼が英語をうまく話せない演技をしているのが可愛らしい。確かにthの発音は難しい。
地元の若者との顔立ちの差がはっきりしているのがなんともいえない。ご婦人というのは外国の美形に弱いと相場が決まっているものなのだ。
突如登場する名バイオリニストの妹。アーシュラが悲しくなってしまうような美女である。当然アンドレアも彼女に惹かれていたはずだ。だが、この作品中では二人のキスシーンすら出て来ない。これはアーシュラと鑑賞者のためのせめてもの心遣いではなかろうか。

監督:チャールズ・ダンス 出演:ジュディ・デンチ マギー・スミス ダニエル・ブリュール ナターシャ・マケルホーン ミリアム・マーゴリーズ
2004年イギリス






posted by フェイユイ at 20:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。