映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年07月09日

『OUT』平山秀幸

out.jpg

この映画の鑑賞を出だし部分で止めてしまうとこだった。というのは主人公雅子がどうしてこんな馬鹿馬鹿しい自分にとって不利益どころか刑罰を被らねばならない羽目になることを引き受けてしまうのか、あまりにも唐突で理解し難くそういう適当な作品なのだろうかともう少しでストップボタンを押すところだった。
何故止めなかったかといえば別段雅子たちに真実が隠されているとか思ったわけでもなく単に大森南朋さんがどうなるか見たかっただけである。彼が処理される場面辺りでもまだ胡散臭げに観ていたのだが、まあこういう処理というものはどんなもんだろうかと観たくもあったし師匠の他に邦子が加担したぐらいから次第に興味を持ち出してしまった。

あれよあれよと引っ張られそのうちに雅子がどうしてこんなことを引き受けたのかは言われなくとも納得できるようになった。
まあ彼女の気持ちは最後きっちりと言葉で表現されていたのだが、。
これを観てるとなるほど『ファーゴ』で自分が何か不満を持ってしまったのも少し解けたような気もする。
犯罪を扱った物語は山とあるが殆どは男が起こすものであって女がその原因だとか引き金だとか犠牲者として使われることが多い。
『ファーゴ』に置いて女性は悪党の妻の方でも警察の方でも「善人」として登場していた。それはまあたまたまだったのかもしれないが、女性=善き人(であるべき)という考え方にムカついていたのかもしれない。
ここでの4人の女性はごく普通の女達でしかないのだがとんでもない女達である。かといってよく言う悪女だとか小悪魔だとかましてや極道みたいなもんではなく、突発的に起こしてしまった犯罪を行きがかり上片付けているうちに今まで失ってしまっていた生き甲斐をそこに見つけてしまったのである。
ここに私が最初に感じた「何故?」があるのだが雅子自身何故自分がそうするのか判ってなかったのかもしれない。我儘で甘ったれた弥生の理不尽な頼みごとを何となく引き受けてしまった。それは弥生が雅子の手に感じさせたお腹の子供の為だと思い込ませたのかもしれないし、彼女自身が認めるようにきちんと片付けないと駄目な性格が災いしたのかもしれない。
だがきちんとした雅子の生活がきちんとした中で倦み疲れきっていることが判りそうした閉ざされた生活、破裂したいけど破裂できない膨れ上がった膿のような状態になっていた時、心のどこかでこの事件がその膿を出してしまうきっかけになることを感じてしまったのかもしれない。
そしてそれは私を含め多くの主婦(だけではなくある年齢以上の女性は、か)なら感じたことのある感覚ではないだろうか。

きっかけとなった死体処理が雅子たちを次の行動へと移らせる。
もう彼女達ははっきりとその行為に喜びを感じている。男達がぞっとする、と愚痴る行為を「(自分たちの仕事である)弁当作りと一緒ね」とてきぱきと片付けてしまうのだ。
他の話なら邦子が言うようにカーテンを引き、目の下に隈を作って悩むはずの罪の意識などまったく感じることもなくばらばらにされた夫のことなど一度も涙されることもなく彼女達は自分らがどうするかだけを考える。
最後、雅子がどうしようもなくお荷物な邦子と弥生を乗せながら北へと向かう場面は痛快である。その先にやがて逮捕という黒い未来が待ち構えているのだとしても。いやだからこそ突っ走っていく彼女達の姿に見入ってしまったのかもしれないが。
『ファーゴ』で人のいい旦那を持った女性警察署長は彼女達にも「こんないい天気なのに信じられない」と言うことだろう。優しい夫と寄り添って「私たちはいい夫婦ね」と自慢することだろう。よかったね。
雅子が見るオーロラをあなたは見ないだろう。見る必要もないのだから。

忘れてはいけない大森南朋。しょっぱなから登場してくれたのはいいが、ギャンブル狂いのドメスティックバイオレンス夫。
酷いです。殺されても文句言えない、というとこを見せ付けます。このくらいやんないとほら妻が単に悪者になっちまうからね。
それでなくともこの妻。この4人の中で最悪の女だもん。どうして今まで暴力を甘んじて受けていたのか。ここで切れたのか。
とにかくその後はかなり長く死体役。死後硬直で固まってないといけないし、服を脱がされすっぽんぽんにされ、皮かぶりなどと嘲笑されますがとにかく酷い男だったのでそのくらい仕方ないです。
でもやっぱかっこいいですね。悪い男の時は特にかっこいいみたい。しかし本当〜に色んな役をやる人です。首切られそうな時、よくじっとしていられるなあ。

香川照之が演じた金融男の故郷が飯塚っていうのがなんだかリアル。地元民にとって福岡県でも博多っていうんじゃなくて飯塚。リアルだ。それ以上言いにくい^^;結構凄いとこです。
地元っていうので思い出したがこの映画が話題になった時「面白そう」と興味を持ったのだ。でもちょうどその頃、近くでなんだか似たような事件が起きて。
しかも聞いただけのあらすじより実際の事件が凄すぎた。事実の方が映画より怖いじゃん、って。それで観なかったんだよね。でも実際観るとそういう起きた事柄だけじゃないってことがわかる。実話でなく作品というのは何か訴えるものが違うんだな、と。
ところで実話の方では何故他の女が主役級の女に従ったかというと「同性愛的な隷属下」にいたからというのが答えだった。
本当に事実って映画より信じられないことで成り立っている。
でも作品というのは驚かすためじゃなく何かを物語るためにあるのだと改めて思った本作だった。

監督:平山秀幸 出演:原田美枝子 倍賞美津子 室井滋 西田尚美 香川照之 間寛平 大森南朋
2002年日本





ラベル:犯罪
posted by フェイユイ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『潜水服は蝶の夢を見る』ジュリアン・シュナーベル

潜水服は蝶の夢を見る1.jpg潜水服は蝶の夢を見る.jpg
LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON

これは文句なしに面白かった、というのは昨日の映画感想に引っ掛けての言葉だが。感動もの、という意味でなく不思議な体感をさせてくれる作品だということで。何か面白いSFを読んでいる時のような感じだった
面白いこと考えたなあ、と思いつつ観終わったら「実話」だった。これも昨日と逆のパターン。まあ「実話」というキャプションがつくのが嫌いな性質なので最後に言われたほうが確かに納得がいく。最初から「実話だから心して観ろよ」と言われるよりは。

例により前知識なしで観てたのだが、後で監督が『夜になるまえに』と同じと知ってやはり共通するものがあるのだなあと思ったのだった。
突然、瞬き以外の体の自由を失ってしまうという本作と刑務所の中での生活を余儀なくされる『夜』どちらも本を書くという強い欲求を持った男であり、セクシュアルな描写が色濃く映される。
どちらも体と性の自由を強く求めていく物語であり、不治の病魔に侵されていくのだ。

どちらも淡々とした進行の作品で愛というより性的な表現が先に出ているのでその辺で好みが別れそうである。やはりただ一人の女性への愛、というほうが受けがいいからね。
瞬きしか残されていない40男だが元妻だけでなく二人の美人療法士、本を作るため瞬きを読み取って著述してくれる女性、そして恋人と様々な女性への妄想が映し出される。
同じように動けないからだの年取った父親や可愛い3人の子供の話も挿入されるがそれほど極端に盛り上がりや感動を押し付けるわけでもない。
最近映画以外でも「人はちょっとした幸せを感じた時に死を迎える」という話と幾つか出合ってしまい、そういうものなのかもしれない、とも感じている。
つまり「死んでしまいたい」と我が身を嘆いた時でなく「これからうまく行きそうだ」と希望を持った時に死が訪れるのである。
それは悲劇的な演出であるとも言えるだろうが、これの場合は事実なのだからなとも考えてしまう。
だが悩み苦しんだまま死ぬのと幸せというものを感じて死ぬのではどちらがいいのだろうか。

牡蠣を食べるシーンが滅茶苦茶美味そうでかつエロティックだった。
 
監督:ジュリアン・シュナーベル  出演:マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリ=ジョゼ・クローズ/マックス・フォン・シドー/イザック・ド・バンコレ /エマ・ド・コーヌ
2007年フランス/アメリカ

ラベル:自由
posted by フェイユイ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。