映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年08月16日

『タイガー&ドラゴン 5』最終話/第11話「子は鎹」金子文紀

タイガー&ドラゴン8.jpg

大団円の醍醐味がたっぷり味わえる素晴らしいラストだった。
なんかこういったぴしっとしたラストっていうのじゃないのばかり観てるせいかもしれないが、ここまできちっと人情話で締めてくれる話ってえのもいいねえと久し振りに泣いてしまった。
「あんな奴きにするこたない」と言い放つ師匠をまともに悲しく見てしまった私は出所した虎児が寄席に行くと師匠が「小虎」の名前を自分につけているのを見て泣いてしまう所で情けなくも涙が溢れてしまい。
刑務所にいる間に3年の月日が流れ色んなことが変わってしまったのを出所した虎児は知る。
だが突き放されたように感じた虎児だが彼を迎えるみんなの心は本当は温かいものだった、という展開がこんなにも気持ちよく思えたのも久し振りかもしんない。
それはもう自分が虎児に思い切り感情移入してしまっていたからで同じように別れた人のことを悲しく思い、迎えてくれた人のことを嬉しく感じてしまったんだろうなあ。
こういう風に思ってしまうのは短い映画にはない長いドラマのなせる技なのかもしれない。
最後はもうよかったほんとによかったよーって涙涙。
組長は大好きだった小春さんと結婚し、銀次郎はヤスオや日向さんを率いて2代目になり、竜二とめぐみは別れたりくっついたりを繰り返し、劉さんはまだチビTと同じ部屋に住んでいるのも判り、すべて世はこともなし、ということで幸せな最後になりました。
落語をそんなに知ってるんじゃないんで上手い例えもできないが長屋のみんなで花見を楽しんでいるみたいな貧しいけれど幸せなそんな気持ちになりました。
最高に楽しいドラマ鑑賞でありましたねえ。

監督:金子文紀  脚本:宮藤官九郎 出演: 長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 塚本高史 蒼井優 阿部サダヲ 西田敏行 笑福亭鶴瓶
2005年日本




posted by フェイユイ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『タイガー&ドラゴン 5』第10話「品川心中」

やっぱり落語中心の話になるとめちゃいいですね。つか、もう大詰めの手前の面白さなんだけど。
ヤクザの虎児の話も思いいれたっぷりでこれでもかと泣かせてくれます。長瀬智也のかっこよさも目を見張るばかりであります。

『品川心中』にかけた初の竜二の創作落語も楽しめてここでのめぐみは花魁姿もあって綺麗でございます。

とにかく怒涛の面白さでありますし、止まらず最後を観たいんでこの辺にしてラストに行きます。
posted by フェイユイ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『タイガー&ドラゴン 5』第9話「粗忽長屋」金子文紀

苦手な方のヤクザ稼業がメインの作品。とはいえそれでも凄く面白いのだけどね。
『粗忽長屋』が下敷きとなって虎児と田辺ヤスオがそそっかしい二人の男たちを演じる。
ヤクザが暴れているのを観てるのはどうも好きになれないんだけど、落語のそそっかしい二人とどうしようもなく情けない二人のヤクザの対比は確かに上手いものである。
北村一輝と長瀬智也の顔が睨みあっているのはなかなか絵になるものだしね。

『粗忽長屋』という噺がかなりシュールなの修行を重ねてきた小虎もついていけずに混乱するが、落語のというは結構こういうSF的な発想のものも数多くあって言葉の遊びと脳の遊びが詰まっているものでございます。
ドラマとしてはちょっとメンドクサイ1話だと自分としては思ったのだがこういうひねりのあるストーリー楽しいですねえ。
posted by フェイユイ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コリン・ファース、オスカー・ワイルドの小説の映画化作品へ出演

コリン・ファース、オスカー・ワイルドの小説の映画化作品へ出演

コリン・ファースの出演映画、アレきり全然観てないので^^;申し訳ないですが『ドリアン・グレイ』に出演と聞いては素通りできません。
観たい!!
posted by フェイユイ at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。