映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年08月20日

『復讐 THE REVENGE 消えない傷痕』黒沢清

復讐.jpg

探した〜。ナオさんどこにいるのか全然わかんなくて。とにかく哀川翔兄貴以外は皆あんまり顔がよく見えないんだよね。ましてや脇のナオさんあたりになるともうボケボケになってしまってて。多分赤いスカジャンの若い奴だと思うんだけど、どうだろうか。

さて作品自体に関しては。何度となく挑戦し続けている黒沢清なのだが『CURE』以外はどうもしっくり来ることがなくて、今回もまたそうだった。ヤクザ、ヤミ金融、拳銃、復讐などといった題材自体が興味をそそらないというのもあるがかといってそういう題材でも関係なく面白いものもあるのだから基本的にこの作者とそりが合わないのだろうとしかいえない。
冒頭の発砲シーンを始め、幾つも工夫を凝らした演出があることも哀川翔や彼と奇妙にも親密なヤクザに面白さがあるのも判りはするが胸に落ちてくる感じがしないのは単に好みの問題だと思う。
作品時間の短さや制作費が低そうな感じなのはむしろ好きなのだが。

比較的好きになった『CURE』でもそうなんだが黒沢映画の警察もヤクザもどうも好きになれない。なんか意味わかんないけど、妙な反発を感じてしまうのだ。
もしかしたら好きになってしまうことがあるのかもと思いつつ、暫く葉離れていた黒沢作品、ナオさんが出てたので久し振りに観たがどうしてもなんか奇妙な反発を覚えるのは心から嫌いなのか、どこかで惹かれているのか。今のところはまだまた作品を追い続けてみようという気になれない。
それにしても女の描写はあんまりだ。酷すぎるよどれも。

肝腎のナオさん^^;本当にこのスカジャンチンピラ青年なのかなー?いまいち自信がないので、っていうかどれにしたって(顔がはっきりわかる人の中にはいないと思う)コメントしようもないが。
この彼なら随分若いなあ。
好きな作品ではないがそれでも若い時からナオさんは充実した作品に出演しているものだと感心してしまう。脇役が多いけどナオさんの作品は確実に「観れる映画」だというのは追っている者には嬉しいことだ。

監督:黒沢清 出演: 哀川翔 菅田俊 小林千賀子 井田國彦 しみず霧子 諏訪太朗 逗子とんぼ 大杉漣 大森南朋
1997年日本


ラベル:大森南朋
posted by フェイユイ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜷川妄想劇場  大森南朋「放浪記」

蜷川妄想劇場 ~.jpg

以前、松山ケンイチ君で取り上げた『蜷川妄想劇場』ですが今回は大森南朋さんで。
ていうか松ケン目的で購入した時はナオさんのとこは素通りで^^;すみません。

何しろコレには小栗旬もあるし、妻夫木もいるしね。若手美男が勢ぞろいなんでナオさんはなんだか一人おじさんで(笑)
しかも最後の服装が次の大泉洋とつながっててまぎらわしいし。
なんだかわざとあえておじさん的に撮ったとしか思えないし(笑)
結構蜷川さんの写真って松ケンのにしても「?」なんですよねー。その辺がいいのか???
でも嬉しいのは大森南朋のタイトルが「放浪記」なの!多分「麻雀」だからなんだけどね(笑)

でもすてき。男の魅力ですわ。色っぽいなーハイライト。
ラベル:大森南朋 写真集
posted by フェイユイ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。