映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年12月01日

ジェイ・チョウの新曲、替え歌になって流行中!

ジェイ 巡回中.jpg

ジェイ・チョウの新曲、替え歌になって流行中!

ジェイが面白がっているというのがいいですね。
どんな歌詞なのかなあ。


posted by フェイユイ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『悪魔のようなあいつ』第八回 

悪魔のようなあいつ3.jpg

野々村さんがたっぷり出てくるうれしい1話。
おまけに「こんな恥ずかしい場面、いいのかにゃー」と身もだえしてしまう。
良の病気のことを知った野々村さんがすぐさま良に電話をするが店の連中が良をスポーツジムへ誘っているとこだった。ジムで汗を流している良のところへの野村さんがいつものスーツ姿で登場。
しかしその前の場面でもわかるが野々村さんって何もしてない風なのに筋肉質のいい体なんですよねー。
で、野々村さんに声をかけられた良は一緒に屋外プールの方へと歩いていく。側にあるデッキチェアに腰掛けたふたり。
野々村さんは良に彼の病気を知ったことを伝える。
「良!」いつものように苦しげな声で呼びかける野々村さん。でも良は何も答えず野々村さんもそれ以上何も言わない。
二人は目の前にあるプールに二人が泳いでいる幻影を見る(このイメージ映像がやたらいやらしくてさ。別に何をするわけでもないんだが、プールで着衣のまま泳いでいる二人の男、っていうのはあまりにもいやらしいではありませんか。卑猥だあ)
そして二人は立ち上がり、無言のままプールへと近づいていく。帽子や上着だけを取って服をいたままプールへ飛び込んで泳ぎだすのである。
イメージだけじゃなく本当に泳いだふたり。
笑いながら上がってきて芝生の上で並んで横たわる。
今までにないほど二人が近づいたひと時だった。

この回で良は今までの絶望した暗さを忘れたかのように前向きでどこか希望を持ったかのようである。
この後、妹の手術のため明日までに200万円を、と要求され野々村に甘えるように電話をかける。
仙台から戻ってきた白戸警部の策略で野々村の金を手にすることができなくなった良はついに時効前の盗んだ金に手をかける。
野々村は白戸によって拘置所に入れられていた。
良はどうなってしまうのだろうか。

という今回であった。
前回に続いて見応えある。
野々村さんの優しさに甘える良もまた魅力的なのである。それがやりすぎじゃなくどこか今までどおり醒めているのも良のかっこよさだな。

八さんもいつもどおりずぶずぶに追い込まれていて情けなさがますます加速。
尾崎紀世彦さんの矢頭たけしってちょっとしか出ないと思っていたのにずっと出てくるしずっと嫌な奴のままである。尾崎さんもこんな役よくやる。
尾崎さんに絡まれる時、なぜか荒木さんがうれしそうな顔になるのだよ。

脚本:長谷川和彦 原作:阿久悠 上村一夫 音楽:大野克夫 井上堯之 出演:沢田研二 藤竜也 若山富三郎 荒木一郎 三木聖子 大楠道代 細川俊之 尾崎紀世彦
1975年日本
posted by フェイユイ at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 悪魔のようなあいつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。