映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月06日

『アヒルと鴨のコインロッカー』中村義洋

アヒルと鴨.jpg

とても凝った演出構成で非常に楽しんで観ていた。観ていた間は。少なくとも途中までは。
観終わってみるとこれは嫌な話だったのに騙されたような気がしてきた。
特に女性の描写に反感を覚えてしまう。

全体にゆるい雰囲気があって特に前半はコメディな感じが強く出ている。こんな風に可笑しなタッチで巧妙に仕掛けている日本映画は珍しいと思う。
大変愉快に観ていったのだが観終わるとあまり感動はなかった。「神様この話は見ないで」という考え方もしっくりこない。
原作は評価の高い人気小説らしいので原作では納得できるのかもしれないが映画はどうしても端折らねばならない部分が出てくるのでその辺が原作を知らない者にも疑問になってしまうのかもしれない。

前半のとぼけた風采の主人公椎名が大学入学の為にアパートに越してきたら両隣になんだか不思議な住人が住んでいた、というところから始まりなんかねじが弛んでいるようなそして突然に事件に巻き込まれ狐につままれたというような展開はとても面白い。
馴れ馴れしい隣人は自分の事、反対側の無口なブータン人、突如出会ったペットショップの主人である美女などに関わる色々な物語を椎名に話して聞かせる。
椎名は河崎と名乗るその男の言動に面くらいながらもつき合うことになる。
だが河崎が「あのペットショップの女の言うことは信じるな」というその女レイコもまた「河崎くんの言うことは信じるな」と言うのだった。
前半のゆるく可笑しな話が後半がらりと緊張感のある悲しい話へと変化していく。そして前半に椎名を迷走させた謎が解き明かされていくのだが。
観ている間はとても楽しんでいたのでそれはそれでいいのだが河崎=ドルジの人格設定には破綻が感じられる。どこか実はブータン人だから謎の男なのだ、という意識も感じられてしまう。ドルジは石を投げた相手にもあやまるような善良な人間なのにガールフレンドを殺した男に復讐しようとするのだがそのやり方が残忍である。ブータン人という設定だと殆ど観ている日本人はその性格を思い浮かべることもできないのでそんなものかと思ってしまいそうだが、イメージ的にも非常に温厚そうなブータン人がこんな日本人がやりそうな復讐を実行するのだろうか。考えたのは本物の河崎のほうかもしれないがドルジにはやれないかもしれないし、もっと違った展開になったほうがよかったと思う。
というか前半ののんびりさに騙されてうっかり後半を観ていったが実際にこういうことが起きるのだとしても動物虐待が扱われた映画だけだったら絶対観たくないし、それを止めようとした女性の顛末も苛立たしいものでこんなに嫌な話もない。助けを呼んだ警察の間抜けで意地の悪い描写もいただけない。警察官がこれを観てたら相当嫌な気分になりそうだ。
そして登場する女性の扱いというのがどれも酷すぎる。
男性陣3人はとても魅力的に描かれていると思うのだが、この監督は女性嫌いなのだろうか。
特に動物虐待に怒ったために暴行されそうになり最後は自ら轢き殺されてしまうなどとあまりに馬鹿馬鹿しい行動ではないか。こんな描き方をする、ということに苛立つし、ペットショップ女主人も「自首しなさい」とか一人善良ぶった言い方をさせているのが気に食わない。
動物虐待の一人の女も河崎の浮気相手の女性も全部女性は嫌な存在でしかない。

ここまで女性が醜く描かれている映画もない。
反面、河崎とドルジと椎名の関係はとても深く美しいつながりとして描かれていて何故男性同士の関係だけこんなに綺麗なんだ?と文句をつけたくなってしまう。
確かに凝った内容は面白く観れたけど。
男同士の深い友情物語はいいものだけど。
それを描く為に女を哀れに利用しないで欲しい。

凝った物語、というのは得てしてこういうところに作り手の本音が出てしまうものか。
観終わって残るのはドルジのことみへの愛情より河崎と椎名との友情のほうだ。
ことみを殺したのはあくまでも製作者なのだからそこに何か意味がなければならないのに、彼女の死はなんだったんだろう。

ボブ・ディランの歌だけが空しく心に残る。一見上手い映画、と絶賛されそうな所が悲しい。

配役は申し分ないものだったと思う。椎名役の濱田岳はとても可愛くておかしいし、瑛太はさすが最近特に目立っているだけあって魅力的だし、松田龍平氏はいつもながらに素晴らしく、出演時間は短くても印象に残る。
だけに余計この技巧的な作品の底にあって欲しい人間性がなかったのは残念だ。話の為に登場人物を殺す、というのはげんなりする。犬が助かってよかったねー、って問題じゃない。そのために本当に自分の命を犠牲にするか?嘘だ。
本当に大切なものがこの物語にはないと思うのだ。現実を見せたようなつもりの虚構の為の虚構、これもまた。

監督:中村義洋 出演:濱田岳 瑛太 関めぐみ 大塚寧々 松田龍平 田村圭生 関暁夫
2006年日本


posted by フェイユイ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。