映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年04月10日

『Criminal Justice』Episode5 ベン・ウィショー

criminal_7.jpgCRIMINAL_JUSTICE_8.jpg

鑑賞完了。とはいえ内容を把握できたわけではないのが残念なのだが。

4話まで泣き顔ばかりだったいじけベンがここに来てもうな何もかも諦めた表情になっていく。
軽薄に笑っている顔から怯えきった泣き顔になり、空虚になっていく表情の変化はそれだけでベンの状況と感情を物語っている。

大掛かりな映画でなくてもベンの演技力や他にない魅力は伝わってくるのだとこのドラマで改めて知った。

同室のHooch、女性弁護士、ストーン、両親たちとの会話などがもっと判ればなあ。
特にHoochは命を捨ててベンを救ってくれたのだがこの辺の彼の心の機微をよく知りたい。
ベンがもっと日本で有名になればこのドラマも日本版で出るかもしれないのだが、などということを考えてしまう。

Cast:Ben Whishaw=Ben Coulter Pete Postlethwaite=Hooch 
writer:Peter Moffat
director:Otto Bathurst Luke Watson
2008イギリスBBC


posted by フェイユイ at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。