映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年04月14日

『My Brother Tom』 Dom Rotheroe ベン・ウィショー

My Brother Tom.jpgmybrothertom3.jpgMy Brother Tom 3.jpg
My Brother Tom

amazon.u.k.で購入(フェデリ子さん、多謝!!)
ドイツ語字幕だから英語音声のみでの鑑賞。無論眺めているだけに過ぎない。
とはいえ普通の男女高校生の出来事を描いたものだからある程度、話を掴むことはできる。
この時のベンはかなり若いにも関わらずあまり今とイメージ的には変わっていない。というより若い上にこの不気味さはかなり来ていると言えよう。且つ物凄く痩せている。どうしてこんなに痩せているんだろうかと思うくらい痩せている。

主人公の少女ジェシカがとても綺麗で魅力的であった。ジェシカはその愛らしさの為に隣人で自分の学校の教師でもある男に性的な行為をされてしまう。どうしようもない苛立ちを抱え苦しむジェシカ。
ジェシカは森の中で同じ年くらいの少年たちに酷い虐めを受けている少年トムと出会う。トムは突然木から飛び降りたり池に飛び込んだりミミズを食べたり変な言葉を言ったり奇怪な言動をする少年である。
始めは驚いたジェシカだがやがてトムと仲良くなり二人は互いを兄弟だと認めあうのだった。
ジェシカのほうが主人公なので突然出現したトムは不思議な存在として描かれる。トムを演じているベン・ウィショーはもうすっかり奇妙な少年になりきっている。
いきなり倒れこんだり、ジェシカをつけ回したり不気味なのではあるが、眠っているジェシカの服の乱れを直してあげたり、彼女の顔に落ちそうになった鳩の糞を手で受け止めたりと優しい少年でもあるのだ。
そんなミステリアスでおかしな様子のトムが実は父親から性的虐待を受けているのをジェシカは見てしまう。
体についていた傷、いつも森の中の池で裸になって水を浴びているトムにはそんな秘密があったのだ。
同じように大人から性的虐待を受けていたジェシカとトムが裸になって狭い隠れ家に潜んでいる様子はとても不思議でロマンチックな光景である。ジェシカの裸はさすがにそう露骨には見えないがベンはすっかり全裸になっているようで僅かだが前後から性器も見えてしまうのである。
可愛らしい少女と裸でいてもいきなり押し倒すようなことなくて自分の頭に棘のある蔓を巻きつけて血を出したりそっと相手の体に触れたり匂いを嗅いだりするのが『パフューム』の前段階みたいで不思議だ。
父親に性的行為を強制されようとして苦しげになるベンの表情なんかも後の作品で見られるベンの魅力ある苦悶の表現で観る者の危ない欲情をそそらせる。

これもまた日本語字幕版DVDを是非出して欲しいものだ。
と、願う作品のなんと多いことか。
どうでもいいのは山のように作られ売られているというのに。

監督: Dom Rotheroe


posted by フェイユイ at 23:05| Comment(6) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。