映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年06月23日

ベン・ウィショー『Criminal Justice』再び 1・2

untitled criminal justice.bmp
criminal justice

久しぶりに『Criminal Justice』を観た。初観から2カ月少し経ったわけでこの間に他の映像も観たし、彼について随分考えてきたのだが、久しぶりにドラマで再会してときめいてしまった。
以下、前に記事も書いたので重複した感想を書いてしまうと思う。

TVドラマは映画より表情のアップが断然多いので其処ら辺が嬉しいものである。
私は悲しいことに英語が字幕付きであっても理解し難いのでほぼ映像を眺めているにすぎないのだが、このドラマはベンが映っている時間が非常に多いし彼に様々な体験をさせてくれるので観ていてこんなに楽しいことはない。しかも全裸になる場面が幾度となく出てくるのもストーリー的に必要でありながら視聴者をどぎまぎさせてくれる。
このドラマの前半部分の見どころは役名でも同じくベンが突如起きた事件に翻弄され怯え震えて泣き苦しむ姿である。
いきなり彼の車に乗り込んできた若い女性とほんの短い時間を共にした間に彼女が何物かに殺され、ベンは慌てふためく。
逃げようとして事故ってしまいそのまま警察に捕まってしまうのだ。
殺人犯人としての容疑をかけられたベンは初めての体験にずっと怯え続ける。酷く憐れで心細いさまを表す姿はベンの真骨頂と言っていい、愛おしくもどこかこちらのサディスティックな気持ちを動かしてしまう。
留置所で着衣を下着まではぎ取られめそめそ泣き出したり、もらった煙草を奪い取られたり、刑務所内で強そうな囚人に息を吹きつけられてびくびくしたり、極めつけはベンをつけ狙う男たち数人から突然背後から襲われさるぐつわをかまされ服をはぎ取られ全裸の体中に白い接着剤のようなものを塗りつけられた後草っ葉をまぶされてしまい他の囚人たち衆目の前に惨めな姿をさらされてしまう場面だ。(これはコールタールをかけ鶏の羽をくっつけてしまうという惨たらしいリンチを思い出させる。チキン=おかまという意味もあるのか)
屈強な男たち数人に手足をつかまれ、白い液体を塗りつけられる場面は(男の白い液体と言えば精液という相場になっております)ポルノとしかいいようのない表現で一体こんなイヤラシイ情景をよくTVでやれたものだと思うのだがあくまでもこれは「イジメ」なのであって「レイプ」ではないのだという言い訳を作っているのだろう。しかしどう見てもレイプではないか。
大きな男たちに羽交い締めにされいきなりズボンを引っ張られて尻を出されてしまい、脅し文句を言われ怯えきっている様子はまるで処女のような痛々しさで口に突っ込まれた靴下の垂れ下り方もなんかイヤラシイ。寄ってたかって白い液体を塗りつけられる体の細さが痛々しく愛らしく少女のように見えて残酷な思いがする。
衆目の面前に放り出されたベンがまた哀れでHoochが助けに来るまで全裸で立ちすくむ姿がまだ少年の体つきのように見える。

ベンの表情がアップで観れるのもうれしい。透き通る薄い緑色の瞳がはっきりわかる。それに横顔がとても好きなのだ。ちょっと反り返った鼻と少しくぼんだように見える時の目がとても魅力的なのだ。

しかしまあよく私は刑務所もの、というのをたくさん観てきた。
何故こんなにたくさん観たのか。それにまあよくこんなにたくさん作られるものだ。私だけでなく何か刑務所もの、というのは物語を作りたくなるものなのだろうか。
私が刑務所の物語で最初に意識したのはアラン・パーカー監督『ミッドナイトエクスプレス』だ。どことなく『Criminal Justice』と重なるところもある気がする(私が本作をもっと理解できたらもっと感じるような気もするのだが)『ミッドナイト・・』のブラッド・デイビスもとても好きだった。これには同じ囚人仲間とのキスシーンもあったがサディスティックな所長の(これははっきり)レイプシーン(と言ってもその場面はないが)がエロだった。
ブラジルの『カランジル』もよいがこれはちょっと感じが違う。

今夜は第2話までしか観れなかったが2話の終わりのクスリの袋を飲み込む場面がいつも笑ってしまう。あんな小さいのに飲み込めないなら運び屋は無理だなあ。と言ってもこれもまたうぶな様子を表しているわけで可愛いのである。


posted by フェイユイ at 23:24| Comment(10) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。