映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月04日

ベン・ウィショーとPJハーヴェイ

さてこのブログ創始当時から決めごとのようのしていたことをとうとう変えてしまいました。
そう大げさに言うこともないですがそれは右端のプロフィール写真。
例えその時どきでお気に入りの役者などができてもいつもそこはジェイ・チョウだったんですがついにベン・ウィショーになってしまいました。松ケンの時ですら変えなかったのにー。
まあ、そのくらい今のめり込んでしまっているんですねえ、ごめんジェイ。
ということで何故かこの季節に暑苦しい冬支度(秋くらいかな?)のベン・ウィショーです。脚の組み方もキュートで少年のように可愛らしいではないですか(^_^;)
ずーっと下って下の写真もヌードあり、いじけありのベンであります。

ところでいつもベン情報をくださるはーやさんからメールをいただきまして(またまたこのブログのコメント欄に不具合があったようで^^;)
その文章をここにアップさせていただきます。

「こんにちは、フェイユイさま。

数日まえ&今日、書き込みをさせていただこうかと思いましたが、
どうもエラーになってしまって、こちらにメールさせていだだきました。

写真がベンに替わってましたね〜☆見たことない写真でドキドキしてます。
ほんとーに、冬のロンドンっ子ってカッコしてますねー。

Chriminal Jusiticeですが、これはベンという素材で遊んでやろうと仕組まれたドラマだったのですね…。
シャワーは、一人で浴びてたという記憶がしますが、どうしてなんだろう。
もしかして、シャワールームでレイプされた…されてないわけないっ(笑)…っていう前置きが密かにあって、
ベン君のみ特別措置なんでしょうか?(後半部分はレンタルCDの配達を待ってる状態で確認できてないんです)

ちょっとご意見を伺いたいのですが…ベンはPJ Harveyという女性シンガーが大好きとのことで、
以前のインタビューで彼女になれるものならなってみたい… というような発言してるのですが、
それってどういう心理だと思われますか?彼女は細くって、クリーチャーと呼んでもいいような個性的な顔立ちで気がつけば
ベンの女性版か?って思うくらいなんですよねー。好きになった相手になってしまいたいという願望は
同性愛にはよくあるパターンってことらしいんですけど、異性になってしまいたいって…。
まあ、私もベンになってみたいですけどね。うぷぷ。

それでは、また〜!

はーや」
「PJ Harveyですが、ベンは彼女の時には赤裸々でダークな世界観が大好きのようです。特に彼女の『White Chalk』(3-4年位前にリリース)というアルバムは当時毎日聞いていて『このアルバムは僕の友達』っていう発言まであります(これは、どこで読んだか覚えてないんですが)。Philip Ridleyの舞台だかにも彼女の音楽が使われていたようですし、色々と繋がりがありそう。男子が女子になりたい…っていうのが、私には新鮮で、まあよく洋服のデザイナー(ゲイに多し)とかがある一定のモデルをミューズとして、広告などに起用するパターンとか多いことを考えると、まあ納得できるんですけどね。ベンは『彼女のような人生を送れたら面白いだろうなー』とか言ってて、単なる憧れとも違うような…。まあ、文章を読むと軽い調子で言ってて、シリアスにはあんまり取れない感じもしますが、女子になってみたいと言うベンがあまりにもかわいいですよねー。

そのインタビューは↓こちらです!ちょっと古いです。
http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=207&story=E8821152280487

『Chriminal Jusitice』ベンのシャワーシーンの理由!そういうことだったのでしょうか!!!
気になりますねー。これはもう一度観てみないと!
それにしてもこのドラマは絶対ベンの為に企画されたとしか思えませんねー。こういう映画も期待したい。
そして私は初めて聞いたPJ Harvey。気になって検索したらなんだかベンによく似た女性(笑)だし、歌はなるほどベンが夢中になるだけあって凄く素敵だ。私も好きになりそう。
で、彼女の歌『Dry』の歌詞
「体液のない私のアソコ
私は上手に舐めているわ
真っ白になるまで
でも、あなたは私を濡れさせないまま」

Sheela-Na-Gig
「淫らな女
股を拡げてみせる
お前は露出狂だ」
ですと。
うーむ、こういう歌が大好きなベンなのですねー。すてき。
up-points_pj_harvey.jpg
なんとなくベンに似てる?かっこいい。


これかっこええ〜。

ベンが好きだと言うPJ HARVEY "WHITE CHALK"


2_PJ_070906020000328_wideweb__300x375.jpg
これどー見てもベンみたいなんですけど(笑)
しかもこれも
pj_3.jpg
女装ベン?^^;

PJハーヴェイ、『White Chalk』に込められた清らかさとシンプルさ
そうかあ。今日初めて知ったので偉そうなことは言えないけど、初めはなんだか過激なセクシャル系だったのにこんな綺麗な歌を歌っているという、これもベンを思わせるような気がしますねー。

ベンのことは知れば知るほど好きになっていく気がします。しかもまだまだ彼のことはほんの少ししか知らないのです。
もっと色んな才能や感性を持っているんだろうな。うーん、そういうことを感じさせてくれるベン。どんどん深みにはまってしまいそう。

おまけ:ベン主演の『My Brother Tom』 [DVD] [2001]
もう購入済みですがUKから出るのですねー。
41D76SXHHAL__SS500_.jpg


posted by フェイユイ at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

『ファニーゲーム U.S.A.』ミヒャエル・ハネケ

funny-games-us-poster.jpg
FUNNY GAMES US

というわけで『ファニーゲームU.S.A.』である。
もしかしたらオリジナルまんまかな、と思っていたが本当にまんまであった。作品自体が「ふざけ」気分を持っておりのだからリメイクもしっかりふざけているのだ。

冒頭のセリフ一連から昨日観た直後なのでまんまなのであるが、やはり少し気になった部分を修正しているが何故的な修正もある。
記憶力が乏しいのでもうすでに忘れかけてはいるが例えば、白い門だとか、キッチンの感じだとかそこでのカメラの位置は同じみたいだ。
だが殺した愛犬をアンが探す場面で車の位置が何故か違ってカメラから縦方向で横のドアじゃなく遠い横向きになっていて死体が後部ドアから落ちることになる。どういうこだわりなのか、気まぐれなのか。
オーストリア映画の時はシェパードだったがこちらでは違う犬種になっているのは御愛嬌だが。
またパパがティム・ロスになって若干弱そうになりママはナオミ・ワッツなので観る者としては少し綺麗どころで嬉しいかも。昨日はヌードなどの見どころシーンはない、と書いてこちらもないのだが、ママが服を脱いだ後あちらバージョンではデブくんがすぐ何かを着せてくれたのにナオミは下着のまま、これが一番の違いかもしれん。
またティム・ロスパパは見た目は弱そうだけど昨日のパパが痛さでかなり悲鳴を上げていたのにこちらはかなり我慢。二人組が途中去った時泣く声もあちらパパは大声で慟哭と言う感じだったのにティムは耐えている感じ。
ママ役としてはあちらママはデブくんの失敗に最初からかなり苛立っていたがナオミママのほうはかなり我慢していて好感度がある。
全体的にはパパはオーストリアバージョンがママはアメリカバージョンのほうがいいかな。
息子君はどちらも同じくらい。気のせいかアメリカバージョンのほうが途中逃げる場面が短かったような。袋をかぶせられた時、顔が浮かび上がるのはあちらはなかった気がする。
さて犯人。実は私はマイケル・ピットが嫌いなんである。あの顔がどうしても駄目で。美形とか書いてあるけどほんとに嫌な顔なのね。ということはかなりそれだけでアメリカバージョンはイライラしたの。相棒もアメリカバージョンの「デブ」は嫌な感じ。オーストリア版のほうが一見よさそうに見えるところが怖いのだから映画としてはあちらの二人組のほうがいいのだが、単に嫌悪感を持つ二人組、ということなら断然マイケル・ピット組。あの真ん丸な目と口がたまらなく嫌だ。オーストリア版の彼のほうが私的にはハンサムに見えるんだが。デブくんも可愛かったし。

後、細かいとこで昨日は「どうしてこの夫婦は携帯を一つしか持ってないの?」と思ってたらUS版ではダンナが「僕のは車の中だ」というシーンがあった。
また御祈りが「お願いですから天国に行かせてください」というのが「朝までお守りください」になってた。
そんなこんなでハネケ監督も少しだけ修正なさったようだが全体的には全く変化なし、と言っていい。とにかく大きな違いはママが服を着せてもらったか、下着姿を暫く見せることになったか、だけだ。

一体なら何故わざわざハリウッド版リメイクをしたのか。
もともとオリジナルがこれ以上ないほど上手くできているのに、「ハリウッドでリメイクを作らないか」と持ちかけられたハネケ監督が「前のどこを変えろと言うんだ。いや変える必要はない」とふざけてそのまんま作ったとしか思えない。
出演俳優たちは多分オリジナルを観ただろうが、まんま同じ台詞演技をどういう気持ちでやったんだろう。舞台なんかだったら同じ芝居でももう少し演出の違いなんていうのもありそうなものなのに。
このオリジナル作品自体がハリウッド映画のパロディというがまさにハリウッドをからかったとしか思えないではないか。
他にもハリウッドはしつこいほど各国のリメイク映画を作ってるわけだが単にオリジナルを観ればよいのに。そんなにアメリカで製作したものでないと観れないのかねえ、と首を傾げるしかないのである。まったく同じものでもアメリカ製がいいのかい、とハネケさんは言いたかったのかも。いいやお金は出してくれるんだし。自分も儲かるし、とかさ。

まったく同じなので今日の作品自体の感想は昨日と同じだ。
ただ同じものを莫大な金額を使ってリメイクする、というふざけた意味は伝わってくる。

監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ナオミ・ワッツ ティム・ロス マイケル・ピット ブラディ・コーベット デヴォン・ギアハート
2007年 / アメリカ/イギリス/フランス/オーストリア/ドイツ
ラベル:ホラー リメイク
posted by フェイユイ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

『ファニーゲーム』ミヒャエル・ハネケ

funny-games.jpg
FUNNY GAMES

かなりのキワモノという評判のようだったのでどんなブチ切れ映画かと恐る恐る観始めたのだが以前観た『隠された記憶』でもそうだったように巷にある単なるスプラッタやゲテモノ趣味のホラーなのではなく静謐な中に突然不協和音が響くような、やり過ぎない(と言うと語弊があるかもしれんがもっと残酷なことやることのみに興味があるならできるのだがここまでで抑えているのが奇妙な品格さえ漂わせて気持ちが悪い)でいるのも恐怖をさらに増しているのではないだろうか。

幸せそうな家族の楽しげな休暇に出会った二人の青年の言動に主婦が感じたちょっとした違和感と苛立ちが始まりで家族はとんでもない異常な事態に陥っていく。
ハリウッド製スリラー映画のパロディらしいが自分としてはこういったごく普通の人々が突然関係もない人間によって殺傷されるという事件が次々と起きる昨今においては映画とパロディというより現実を写し撮ったという風にしか見えない。
若干、作中の人物がカメラ目線で観客に語りかけたり最後にはこの映画こそが虚構であり虚構こそが現実だ、などということで「これは映画だ」と現実に引き戻されはするがもしかしたら今のこういった犯罪者はどこかで映されていることを感じ、カメラ目線でこういう台詞を現に言っているかもしれない。

虚構のような犯人たちに比して家族たちの恐怖と怒りと悲しみは極めてリアルに表現され、悪ふざけのような男たちの残酷ないたぶりを観る者はイライラしながら眺めているしかない。ハリウッド映画なら男たちの悪行は途中までで最後は彼らが完膚なきまでに叩きのめされ撃ち殺されることですっきりするわけだが、そういうカタルシスは微塵も与えてはもらえない(そういうカタルシスっていうのも酷いもんだが)
映画とはこうあるべきだ、という欲求は全く無視され最初から最後まで観終わっても何一つ救いのない作品にむかっ腹が立ち怒りの置きどころもないわけなのだが、よくもここまで嫌悪感だけの映画をしかも品位を落とさずに作れるものだと感心してしまう。
何しろ暴力をふるう場面、レイプシーン、裸をさらす、殺害場面など普通こういったホラー映画の見どころになる場面はまったく映されないのだ。そういう場面はなしにほぼ会話のみで観る者にこれ以上ない嫌悪感・不快感を与えてしまうのだから。
映画に癒しだの教訓だの愛だのを求める方は鑑賞後憤死してしまいそうだ。

ラストに次の家庭のドアを開け意味ありげな男の表情で終わるなどいかにも「次はあなたの番かも」みたいな(そんな楽しげに言われても)んで非常に上手くまとめられたサイコホラーの秀作の一つだと思うのである。

次は同監督の『ファニーゲーム U.S.A.』を観る予定。ハネケ監督もよくやるが私ももの好きかな。

監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:スザンネ・ローター ウルリッヒ・ミューエ フランク・ギーリング アルノ・フリッシュ
1997年オーストリア
ラベル:サイコ ホラー
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

『悪夢探偵2』塚本晋也

akumutanntei.jpg080924_akumutantei_main.jpg

前作がとても面白くまた松田龍平の味がとても活かされた作品だったのでかなりの期待で観たのだがそれを上回る面白さだった。

前作もそうだったが松田龍平=悪夢探偵が活躍する前に依頼者である少女の葛藤が描かれていく。それで思ったのは昨日観た少女が迷路に入りこみゴブリンとともに或いは戦いながら大切な弟を探すのが一時代前のラビリンスなら現代のラビリンスはオカルティズムなのかもしれない。
しかしここでも少女が両親から見放された状況だという設定になっているのもそうした不安定な精神の少女がゴブリンもしくはオカルトの世界に入り込んでしまう、ということなのだろうか。

悪夢探偵の前に現れる少女雪絵の依頼がやや強引で自分勝手なことに苛立ちを覚えてしまうがそれは彼女の心がやはり歪んでいることの前説だったと後で知る。
雪絵は気に入らない同級生の少女菊川夕子を仲間を使って酷いイジメを行う。恨みを持ったその子が夢に出てきて雪絵たちは苦しみ仲間二人は死んでしまう。残った雪絵は菊川に殺されてしまうのだろうか。
というような物語は他にもよくある筋書きなのであるが、悪夢探偵である影沼京一は最初から雪絵を快く思ってはおらず、むしろ彼女たちが忌み嫌って苛めた上に復讐されると恐れている菊川に心を惹かれているのである。
それは京一の母親が菊川によく似た精神を持った女性でその為に自分は殺されかけもしたのだが、それでも京一は母親に思慕を抱いているのだ。
普通なら気持ちの悪い悪霊というか生き霊として退治されてしまう存在の菊川を京一が優しく抱きしめ慰める場面は今までのオカルトものにはない癒しを感じさせられるのだ。(先日観た『永遠の子供たち』に似たものがあるが)
京一が初めから雪絵に対し「菊川に心から謝らなければ夢から逃れられない」と言っているのに雪絵は菊川に恐怖しか感じられず「謝っているのに」と苛立ってしまう。
京一は菊川には怒りはない。ただ怖がっているだけだ、と悟る。
それは彼の母親がいつも世の中のすべてのものを怖がりついに子供である京一にも恐怖を感じて殺そうとしてしまったことを知っていたからなのだろう。
「世の中が怖い」そういう思いは皆の心に大なり小なりあるものだろうが異常に感じてしまう人々にはそれが心を閉ざすことになり場合によっては歪んだ間違った行動へと発展してしまうこともある。
この作品で菊川が再び登校し彼女を見た同級生たちが微笑むことで希望を与えてくれた。
また雪絵は菊川のから恨まれているという恐怖から逃れることはできたのだろうが人の心が読めてしまう、という重荷を科せられることになる。
母親から殺される夢を何度も見続けていた京一はまるでそのことが夢だったかのように優しくハンバーグを作ってくれる母の夢を見る。
だがそれは夢であった。
母がハンバーグを作っていた台所は夢の中のことで現実には錆びた流しがあるだけ。
いつもしかめ面をしていただけの京一がわあわあと泣きだす最後には耐えきれない悲しさがある。

ほんとに松田龍平は観る度に好きになってしまうのだが、以前好きでなかったということが信じられないくらいいい顔だと思う。
今までの色んな役がいいものだったが、この悪夢探偵はダークなかっこよさが彼にぴったりである。
年をとってもいいタイプの役者のようの思えるからますますいい役者になっていけるのではないだろうか。
ところで彼のお父さんである松田優作は私の世代の特に男性にはカリスマと言っていいほどの人気を持っていたが私はそれほどファンと言うのでもなかった。というか彼の人気というのはやはりアクションもののイメージで自分的には男性ファンのように憧れるというものではなかったのだった(もちろん女性ファンも多かったのだが)
最近になって彼の話を聞いたりするとアクション俳優のイメージがありすぎて彼自身はもっと違う演技もしたかったらしい。それでまだ観てなかった『それから』を観たのだがそれまで思い込んでいた松田優作とは違うとてもいい味を持っていてこれを早く観ていたら好きになっていたかもしれない、と思ったものだ。
彼の息子である龍平くんはアクションというのはあまりないと思うし実に様々な役を演じている。パパの優作さんが息子龍平くんの仕事ぶりを見たら随分羨ましく思うのではないだろうか。しかし時代がそうさせなかったのもあるし無論彼の出生も時代背景が原因がしていないとは言えないが。
そういえば優作氏は一重の目を気にして二重手術をしたのらしいが、龍平くんはくっきり一重だけどメチャハンサムであるのは皆が認めるところだろう。この辺も時代の違いなんだろうか。
無論アクションものに出なかったら優作があんなに男性の憧れのスターになることはなかったんだろうけど。
龍平は父親のような激しい人気者ではならないだろうけど、私はやっぱり優作氏は息子が羨ましいだろうな、と思う。

この最後辺りの文章は優作氏をさほど知らない私が勝手にイメージして思ったことではあるのだが。もし全然違うのならお許し願いたい。

監督:塚本晋也 出演:松田龍平 三浦由衣 韓英恵 松嶋初音 安藤輪子
2008年日本
posted by フェイユイ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。