映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月04日

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』ギレルモ・デル・トロ

hellboy2-final-poster-big.jpghellboy2pic5.jpg
HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY

ヒューマニズム溢れる、と言いたかったのだが、この物語ではヒューマニズム(人間性)というものが間違っていて(つまり言葉の意味あいではなく人間の精神と言う意味で)モンスターニズム(という英語があるのかどうか知らないが。フェアリーイズムでもゴブリズムでもよいが)こそが世界にとって正しいのであるが、ここでは一応いい意味でヒューマニズム溢れるギレルモ・デル・トロ作品には参ってしまう。
先日もぶーたれたバットマン『ダークナイト』世界には何の魅力も感じないがこちらのヒーロー・ヘルボーイには本気で惚れてしまう私なのである。
勿論彼のファンはたくさんいるのだが、どうしてこう人間はモンスター・妖怪・異形のものに心惹かれるのだろうか。人間が持ち得ない彼らのパワーに、普通の人間から見れば「醜い」と言われる姿に何故憧れてしまうのか。
そしてもう一つは自分たちが正しい、自分たちが一番優秀だと思い込んでいる人間という生物への疑問でもあるのだろう。
人間社会で生活する羽目になったヘルボーイ、エイブ、リズたちは利用される時は利用されてもその異形さや尋常でないパワーを結局は忌み嫌われてしまう。
それでも人間に好かれたいと思ってしまうヘルボーイに「私だけがあなたを好きでもいいじゃないの」と問いかけるリズの気持ちが切ない。
悪役であるヌアダ王子は決して間違ったことを言っているわけではなく、彼の手先となる植物モンスターを倒す羽目になるヘルボーイは躊躇する。そして人間を救ったヘルボーイに対する人間の態度は彼を侮蔑するだけなのだ。
戦いが終わった後、ヘルボーイたちは人間社会から離れる決意をする。ハッピーエンドのはずなのに、どこか物悲しく苦い味がするラストなのだ。

これは無論そのまま人間界とモンスターたちの物語として観ていいのだが私にはなんとなくヘルボーイたちが俗にいう「おたく」たちのように思えてしまう。
世間から疎ましがられ気持ち悪がられる彼らの様子がどうしても「おたく」たちのように見えてしまうのだ。
彼らの破壊的なパワーや優れた頭脳は「おたく」たちが「普通の人」たちに見せつけてやりたいという願望のように思えてしまう。
彼らは彼らの世界においてその異形な存在のままのびのびと自由に振る舞えるのだ。
私が彼らの世界に強く惹かれてしまうのはやはり自分もそこの住人であるからなのだろう。

ニューヨークの街角でそうしたモンスター世界への入り口がある、というのもわくわくする設定ではないか。
日本なら『げげげの鬼太郎』世界への入り口があるような感じ。怖いけどちょっと入り込んでみたくなる。

ヘルボーイのキャラクターが大好きなのだ。男らしくて優しくてちょっとだらしないけどかっこいい。リズが羨ましくてしょうがない。リズにも憧れる。怒ると火となって燃え上がってしまう。ヘルボーイのことをとても愛していてチャーミング。
相棒のエイブも魅力的。今回は彼のラブストーリーが泣けるのだが、二人とも愛する女性に優しくてロマンチックなところがとてもいい。この辺はメキシコ人であるデル・トロ監督の持ち味でもあるのだろうな。

リズがヘルボーイとの間にできたお腹の中の子供が双子だということを告げてエンド。第3話はファミリーでの活躍になるんだろうか。

寂しかったのはTに登場したマイヤーズ役のルパート・エヴァンズが出てなかったこと。南極に左遷ってそりゃないでしょ。あんまり残念がっている人もいなさそうだし。でも少しでいいから出て欲しかったなあ。

監督:ギレルモ・デル・トロ 出演: ロン・パールマン セルマ・ブレア ダグ・ジョーンズ ルーク・ゴス ジェフリー・タンバー ジョン・ハート ジェフリー・タンバー
2008年アメリカ


posted by フェイユイ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベン・ウィショーとPJハーヴェイ

さてこのブログ創始当時から決めごとのようのしていたことをとうとう変えてしまいました。
そう大げさに言うこともないですがそれは右端のプロフィール写真。
例えその時どきでお気に入りの役者などができてもいつもそこはジェイ・チョウだったんですがついにベン・ウィショーになってしまいました。松ケンの時ですら変えなかったのにー。
まあ、そのくらい今のめり込んでしまっているんですねえ、ごめんジェイ。
ということで何故かこの季節に暑苦しい冬支度(秋くらいかな?)のベン・ウィショーです。脚の組み方もキュートで少年のように可愛らしいではないですか(^_^;)
ずーっと下って下の写真もヌードあり、いじけありのベンであります。

ところでいつもベン情報をくださるはーやさんからメールをいただきまして(またまたこのブログのコメント欄に不具合があったようで^^;)
その文章をここにアップさせていただきます。

「こんにちは、フェイユイさま。

数日まえ&今日、書き込みをさせていただこうかと思いましたが、
どうもエラーになってしまって、こちらにメールさせていだだきました。

写真がベンに替わってましたね〜☆見たことない写真でドキドキしてます。
ほんとーに、冬のロンドンっ子ってカッコしてますねー。

Chriminal Jusiticeですが、これはベンという素材で遊んでやろうと仕組まれたドラマだったのですね…。
シャワーは、一人で浴びてたという記憶がしますが、どうしてなんだろう。
もしかして、シャワールームでレイプされた…されてないわけないっ(笑)…っていう前置きが密かにあって、
ベン君のみ特別措置なんでしょうか?(後半部分はレンタルCDの配達を待ってる状態で確認できてないんです)

ちょっとご意見を伺いたいのですが…ベンはPJ Harveyという女性シンガーが大好きとのことで、
以前のインタビューで彼女になれるものならなってみたい… というような発言してるのですが、
それってどういう心理だと思われますか?彼女は細くって、クリーチャーと呼んでもいいような個性的な顔立ちで気がつけば
ベンの女性版か?って思うくらいなんですよねー。好きになった相手になってしまいたいという願望は
同性愛にはよくあるパターンってことらしいんですけど、異性になってしまいたいって…。
まあ、私もベンになってみたいですけどね。うぷぷ。

それでは、また〜!

はーや」
「PJ Harveyですが、ベンは彼女の時には赤裸々でダークな世界観が大好きのようです。特に彼女の『White Chalk』(3-4年位前にリリース)というアルバムは当時毎日聞いていて『このアルバムは僕の友達』っていう発言まであります(これは、どこで読んだか覚えてないんですが)。Philip Ridleyの舞台だかにも彼女の音楽が使われていたようですし、色々と繋がりがありそう。男子が女子になりたい…っていうのが、私には新鮮で、まあよく洋服のデザイナー(ゲイに多し)とかがある一定のモデルをミューズとして、広告などに起用するパターンとか多いことを考えると、まあ納得できるんですけどね。ベンは『彼女のような人生を送れたら面白いだろうなー』とか言ってて、単なる憧れとも違うような…。まあ、文章を読むと軽い調子で言ってて、シリアスにはあんまり取れない感じもしますが、女子になってみたいと言うベンがあまりにもかわいいですよねー。

そのインタビューは↓こちらです!ちょっと古いです。
http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=207&story=E8821152280487

『Chriminal Jusitice』ベンのシャワーシーンの理由!そういうことだったのでしょうか!!!
気になりますねー。これはもう一度観てみないと!
それにしてもこのドラマは絶対ベンの為に企画されたとしか思えませんねー。こういう映画も期待したい。
そして私は初めて聞いたPJ Harvey。気になって検索したらなんだかベンによく似た女性(笑)だし、歌はなるほどベンが夢中になるだけあって凄く素敵だ。私も好きになりそう。
で、彼女の歌『Dry』の歌詞
「体液のない私のアソコ
私は上手に舐めているわ
真っ白になるまで
でも、あなたは私を濡れさせないまま」

Sheela-Na-Gig
「淫らな女
股を拡げてみせる
お前は露出狂だ」
ですと。
うーむ、こういう歌が大好きなベンなのですねー。すてき。
up-points_pj_harvey.jpg
なんとなくベンに似てる?かっこいい。


これかっこええ〜。

ベンが好きだと言うPJ HARVEY "WHITE CHALK"


2_PJ_070906020000328_wideweb__300x375.jpg
これどー見てもベンみたいなんですけど(笑)
しかもこれも
pj_3.jpg
女装ベン?^^;

PJハーヴェイ、『White Chalk』に込められた清らかさとシンプルさ
そうかあ。今日初めて知ったので偉そうなことは言えないけど、初めはなんだか過激なセクシャル系だったのにこんな綺麗な歌を歌っているという、これもベンを思わせるような気がしますねー。

ベンのことは知れば知るほど好きになっていく気がします。しかもまだまだ彼のことはほんの少ししか知らないのです。
もっと色んな才能や感性を持っているんだろうな。うーん、そういうことを感じさせてくれるベン。どんどん深みにはまってしまいそう。

おまけ:ベン主演の『My Brother Tom』 [DVD] [2001]
もう購入済みですがUKから出るのですねー。
41D76SXHHAL__SS500_.jpg
posted by フェイユイ at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。