映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月31日

『センターステージ』ニコラス・ハイトナー

eng_center_stage.jpgcenter_stage.jpgcenterstagewootur6.jpg
CENTER STAGE

物語自体はこういうダンサーを夢見る学生たちの群像劇によくあるタイプのもので芸術的とかではなくむしろ他愛もないといっていものかもしれないのだが、何故だかとてもすっかり楽しんで観てしまった。
それは登場人物が皆完璧ではなく、しかもとても愛すべき性格を持っていたからなんだろうか。
冒頭、ダンサーたちがトウシューズを傷めつけたりするのが私みたいなミーハーファンは憧れだったりする。傷だらけの足指を保護したり、シューズを自分の足に合うように工夫したり底をひっかいたりあげくは焼いたりはがしたり。そうやって履くとまるで妖精のようにつま先で立つあの美しいシルエットライン。うっとりとしてしまうではないか。

主人公・ジョディは可愛いけど脚の形が悪く(自分としてはどこが?って感じだが^^;)バレエの基本動作である脚を開くことができないという致命傷を持っている。おやおやどこかで聞いたような設定だがやはりこういう欠陥(あくまでバレリーナとして!)を持った主人公というのは観る者の共感を呼ぶのだ。憧れのバレエ学校「ABA」のオーディションに合格したものの常に体型と動きを注意されっぱなしで落ち込んでしまう^^;影練をすれば足は血まみれ豆だらけになってしまうのだ。
そんなジョディを励ましてくれるのがプエルトリコ少女のエヴァ。気が強すぎていつも教師には睨まれ誰とでも衝突しっぱなし。そんなエヴァの口の悪さは自分を固くガードする為の強がりだったのだが。
もうエヴァが可愛くてねえ。ジョディよりやっぱりエヴァでしょ。ダンサーとしては理想的な細さと手足(って書くけど腕脚だよね)の長さ。もっとエヴァを見たかったなあ。
つまりこれって山岸凉子『テレプシコーラ』で言えば六花ちゃんと空美ちゃんみたいだもんね。漫画では反目してるが、っていうか空美が勝手に。

夢に観たバレエ学校の厳しさ、上手くなれないジレンマ、世界一のダンサーの恋人になれたと思ったら彼にとっては遊びだったショック。ジョディはつまづいては踏ん張り突き落とされては這い上がり泣いたり傷ついたりしながら自分の中のダンサーの才能を見つけ出し成長していく。
スタンダードではあるだろうが、ダンスシーンがたっぷり間間に盛り込まれとても判り易く楽しめるバレエ映画なのではないだろうか。
多分きちんとバレエができる人、そして本物のダンサーたちも多く参加しているのが飽きさせず、堪能させてくれる。
最後にきちっとワークショップで成果を見せてくれるのも嬉しいし、なによりバレエの練習風景が好きな自分には物語とダンスシーン、練習シーンがこんなに上手く混ぜ込まれているのは何より御馳走なのである。
ハンサムな世界一ダンサー・クーパーも完璧じゃないのも却ってよかった。クーパーを演じているのは実際にプリンシルダンサーのイーサン・スティーフェル。そして彼とジョディをとりあう優等生チャーリーはサシャ・ラデツキー。さすがにこの二人の役は本物じゃないと無理だろう。二人がバレエで競いあう場面で、カメラがぐーっと後ろに引くのが突然他のカメラ位置と違っておかしい。物凄く飛ぶので最初っから引いとかないとね。
 
最初いがみ合っていたモーリーンとエヴァが仲良くなるのもお決まりで嬉しいが、私なんかモーリーンは勿体ない。やっぱ少しだけ休んで気が収まったらもう一度やり直したがいいよーなんておせっかいに思ってしまうのだが。

極端なドロドロシーンだとか、腹の立つような出来事もなく大怪我で再起不能なんてこともなかったのでとても気持ちよく観終えることができた。「ドラッグ」だとかも出てこないし。
大人の雰囲気を求める人には向かないかもしれないが爽やかな若者たちのひたむきさに(とそれを愛しているのだろう監督の思い入れにも)暫し見入ってしまった。愛すべき作品である。

監督:ニコラス・ハイトナー 出演:アマンダ・シェル、ゾーイ・ザルダナ、スーザン・メイ・プラット、イーサン・スティーフェル、サシャ・ラデツキー、イリア・クリック、シャキーム・エヴァンズ、ピーター・ギャラガー
2000年アメリカ


ラベル:バレエ 青春
posted by フェイユイ at 23:09| Comment(8) | TrackBack(1) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。