映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年08月02日

『エトワール』ニルス・ダヴェルニエ

en29390.jpg
Etoiles: Dancers of the Paris Opera Ballet

一日空いてしまったが続けてバレエ作品。こちらはドキュメンタリー。先日のは架空のアメリカバレエ団付属学校の生徒の物語だったが、こちらは実在のパリ・オペラ座の団員達とやはりそこを目指す生徒たちの物語も添えられている。
小さい時から入学しほぼ同じ顔触れで成長していくのだというオペラ座の団員たちは心を許しあえるわけではないライバルでありながら、同時に家族のような連帯感も持ち合わせているような不思議な集団に思えた。無論熾烈な競争の中で勝ち残ったものだけが団員として残るのだから単純な仲間意識というわけにはいかないはずだ。とはいえ男性ダンサーが「小さい時から同じ女の子ばかり見続けて」というと女性がすかさず「男子も同じじゃない!」と言い返すのがおかしい。そりゃそうだ。
それにしても14歳くらいの生徒バレリーナたちの愛らしさといったら。みんな細くてお人形さんのように可愛らしい。少年たちの綺麗さも見惚れるばかりだが、小さなお尻が強調されるタイツだとか少女たちの初々しいレオタードになんだか危ない色香を感じてしまうのは私がいけないのだろうな。
先日観たドラマ映画よりドキュメンタリーの本作のほうが綺麗なイメージに溢れているのは場所がパリオペラ座だからなのか。綺麗な部分ばかり狙った為か。
自分が日本人だからだろうがフランス製作なのだが幾つか日本関連のものが。一つは冒頭のオペラ座日本公演。う、いきなり映った日本の街並みがお世辞にも美しいとはいえない。率直にいえばごちゃごちゃの乱雑ないかにも日本的な都会風景(そこの方ごめんなさい)「日本のファンは金髪ダンサーが大好きでマイケル・ジャクソン並みの騒ぎなんだ。日本だけの光景だね」と言われるのも苦笑いであった。(私も同じ穴のムジナ)
次はオペラ座団員のミテキ・クドー。はっきりオリエンタルな顔立ちでクドー?すみません。とても有名な方だったのだ。すでにCMなどで顔を見ていたはず。振付家の工藤大弐を父に、70年代にヌレエフのパートナーを務めた伝説的な元エトワール、ノエラ・ポントワを母に持つというだけでなくとても美しい印象を与えてくれる女性。同じくオペラ座団員の夫との間の二児の母親でもある(ダンサーでもあり母親でもある!凄いことだ)エトワールだった母親の娘を誇りに思うと言う言葉もよいなあ。この誉め方とかいかにもフランス女性らしく親子でありながら一人のダンサーとして評価している感じが素敵なのだ。
もうひとつが最後辺りに登場した藤井美帆。時間的には僅かだったがオペラ座バレエ学校に途中から編入して団員となったということなのだから才能もだが大変な努力だたのだろうな、と想像してしまう。

パリオペラ座には最高位のダンサー「エトワール」を頂点にして、プルミエ・ダンスール、スジェ、コリフェ、カドリーユという厳格な階級があるのも初めて知った。クドーさんはスジェに位置する。カメラは最高位のエトワールだけでなくカドリーユの男女にも向けられる。彼らの仕事は群舞や代役なのだろう。代役は無論出演できるかどうかわからないのに演目を把握していなければならないのだから大変な仕事に思える。そして結局出番がないことが多いに違いない。こんな辛い役目はやはり
バレエへの愛情・情熱がなければ絶対やっていけない。「出番は多いのよ」と笑ったり、出れなくて「慣れてるわ」と笑顔を残して去る姿はやはりどこか寂しげなのだが。うーん。こういう位置の人に注目してしまう。映画としてもこういう役目の人は題材になると思うのだけど。なんだかスペースシャトルの代役の為に訓練し続けて飛べない人とも重ねてしまう。

クラシックバレエ、コンテンポラリー、イリ・キリアン演出、モーリス・ベジャール演出など様々な映像がありこれも非常に楽しめる作品だった。

特典にピエール・アルフレッド・リシャール監督、ジェレミー・ベランガール振付・出演『ランデヴー』が収録。
『オペラ座の怪人』を新しく演出したものでダンスとともに映像も斬新で素晴らしい。音楽はビヨークというのもまた格別な。
ジェレミーはプルミエ・ダンスールなのだそう。2001年作品。

監督:ニルス・ダヴェルニエ 出演:マニュエル ルグリ ニコラ・ル・リッシュ オーレリ・デュポン ローラン・イレール エリザベット・プラテル
2000年フランス


posted by フェイユイ at 22:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。