映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年08月31日

2009年度フェイユイ映画祭 授賞式

ブログ開始5年目この『藍空放浪記』を始めて3年目の最後の日です。
恒例のこの時期フェイユイだけの映画賞授賞式を今年も懲りずにやることにします。
というか、先ほどこの1年の映画&アニメ&ドラマ&ドキュメンタリーの索引をじっと睨みつけていたんですがだいたい趣味で選んで観てるんですからそんなに嫌いな作品は観てないわけですよ。
そして馬鹿みたいに数が多いし、ノミネートだけ挙げようとしたって2作に一つは面白かったってなもんでしょう。どうしたらいいんだい。
途中途中で今年の一番はこれだな、と思ったことが何回あったやら。
まあ涙を飲んでまずはノミネート挙げていってみるかな。

『アイム・ノット・ゼア』『赤い風船/白い馬』『アクロス・ザ・ユニバース』『イースタン・プロミス』『雨月物語』『狼少女』『カウガール・ブルース』『カッコーの巣の上で』『神に選ばれし無敵の男』『奇跡の海』『狂い咲きサンダーロード』『ぐるりのこと。』『ケレル』『コーラスライン』『ゴールデンボーイ』『ザ・フォール/落下の王国』『さよなら子供たち』『さらば箱舟』『山椒大夫』『サン・ルイ・レイの橋』『ジェヴォーダンの獣』『シークレット・サンシャイン』『死刑台のエレベーター』『地獄に堕ちた勇者ども』『情愛と友情』『書を捨てよ町へ出よう』『スパイ・ゾルゲ』『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』『スローターハウス5』『戦争と人間 第一部〜第三部』『ぜんぶ、フィデルのせい』『ダウト〜あるカトリック学校で〜』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『痴人の愛』『ディア・ハンター』『田園に死す』『独立愚連隊』『ドッグヴィル』『ドモ又の死』『何がジェーンに起こったか?』『白痴』『裸のランチ』『華の愛 遊園驚夢』『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』『パラノイドパーク』『ヒストリーボーイズ』『昼顔』『ファニーゲーム』『FAKE ID フェイク アイディー』『ブエノスアイレス 春光乍洩』『譜めくりの女』『ブラッド・フォー・ドラキュラ/処女の生血』『フリーダ』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン 悪魔のはらわた』『ヘアー』『ベルベット・ゴールドマイン』『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』『ヘンリー ある連続殺人鬼の記録』『真木栗ノ穴』『マルホランド・ドライブ』『卍(まんじ)』『マンダレイ』『柔らかい殻』『世にも怪奇な物語』『46億年の恋』『リプリー』『リプリーズ・ゲーム』『ルシアンの青春』『ルー・サロメ/善悪の彼岸』『レザボアドッグス』

さあどうです。これがまだノミネートでs。いい加減うんざりでしょう。私ももう疲れました。これからさらに一つだけ選ぶなんて。
記憶力の悪い私のことですからどうしても最初に観たものは分が悪くて後のほどいいのですよねー。
しかしまあやってみましょう。

いつものことですがほぼすべてDVD鑑賞のみで新旧作品取り混ぜての授与です。
そして一度授賞したものは含みません(ここの性質上同じ作品ばかり選出することになってしまうので)

最優秀作品賞:『ルシアンの青春』ルイ・マル
それこそこれは去年の11月に観たので記憶も古くなってしまうのだが、それでもこの映画を観た時の衝撃は忘れられない。
何といっても今年はベン・ウィショーにはまったので彼の作品にしようか、ラース・フォン・トリアー作品か、溝口健二がいいかと思い悩むのだが、作品一つだけ取り出してみればこの作品ほど恐ろしく美しいものはないような気がする。主人公役のピエール・ブレーズはこの作品後まもなく亡くなったということもあって奇跡のような映画に思える。

最優秀監督賞:溝口健二 
作品としては『雨月物語』 『山椒大夫』
今年もいろいろたくさん古今東西の映画を観たが最近思うのは日本映画は素晴らしいということ。日本人なので贔屓のように思われるだろうが自分が外国人だったら絶対日本映画マニアであるのは確か。お侍か忍者の真似をして遊んでるに違いない。とにかく面白いんだよねえ。古いのは凄まじいほどの素晴らしさがあるけど現代日本映画も良いのが多くて嬉しい限り。世界のミゾグチ以外にも今年観た作品には寺山修司、今村昌平、増村保造、塚本晋也、三池崇史、深川栄洋、と自慢していい作家がたくさんいるが代表として溝口を。『白痴』の黒澤明は別格として。

最優秀主演男優賞:ベン・ウィショー
これはもう今年の私としては当然でしょう。該当作品は主演だからやはり『パフューム』ですね。グルヌイユをベンに選んだトム・テイクヴァ監督はほんとに凄い。『情愛と友情』は一応助演になるのでこの作品でのベンに決定。
つまりまだ主演映画のメジャーな作品がないのですね。これからのますますの活躍を祈りたい。

最優秀主演女優賞:ケイト・ブランシェット
作品は『アイム・ノット・ゼア 』
多数の出演者で成り立ってるがこれはもうケイトが主演でしょう。
かっこよくて美しくて素敵でした。

最優秀助演男優賞:ウド・キアー
ウド・キアーが主演なのか助演なのかよく判んないが『フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン 悪魔のはらわた』は一応ダレッサンドロが主演みたいなんで、これで。『ブラッド・フォー・ドラキュラ/処女の生血』、『神に選ばれし無敵の男』でも。

最優秀助演女優賞:T.V.カーピオ 
誰?って感じだろうが『アクロス・ザ・ユニヴァース』で『I Want To Hold Your Hand』を歌った東洋系の彼女である。
この映画が物凄く好きになって当時はこれが今年一番!と思ってた。珍しくサントラを買って今でも聞いてる。

特別賞:『アクロス・ザ・ユニヴァース』ジュリー・テイモア
    『情愛と友情』』ジュリアン・ジャロルド
    『世にも怪奇な物語』(特にフェデリコ・フェリーニ)
これは文字通り特別賞。『アクロス・ザ・ユニヴァーズ』は上に書いたようにとにかく夢中になったミュージカルだから。
『情愛と友情』はそれまで上手い役者さんだな、という意識だったベン・ウィショーを私にって掛け替えのない存在だと気づかせてくれたから。何度も繰り返し観てますが、麻薬のような作品なのです。
『世にも怪奇な物語』今年になって初めて好きになったのがテレンス・スタンプ(ベンは一応前から好きだったし)この映画も初めて観たのだが、今頃になってテレンス・スタンプに惚れ込んだ。

期待したのにそれほどでなかった作品:『気狂いピエロ』『ダークナイト』『デリカテッセン』『ぺネロピ』『リトルダンサー』『RENT/レント』

ドラマはそれほど観てないので一番というのもなんだがやはり:『Criminal Justice』そして『悪魔のようなあいつ』

ドキュメンタリーは一連のバレエものが良いのが多かった。『ベジャール、バレエ、リュミエール』マルセル・シューバッハ他にもいろいろ。
衝撃は『いのちの食べ方』でしょうね。

昔はアニメおたくだったのに今は観ることがめっきり減ってしまった。今年見たのは(TVのちら観は別として)3本か。しかしどれも面白かった。
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』押井守
『ペルセポリス』マルジャン・サトラピ/ヴァンサン・パロノー
『動物農場』ジョン・ハラス&ジョイ・バチュラー
どれも面白かったがどれか一つと言われれば『動物農場』こんな怖いアニメ、というより実写映画を入れてもそうないと思う。人間でやったら、と思うとぞっとしてしまう。

映画自体はそう悪くないがこういう映画作っていいのか?:『ビューティフル・マインド』ロン・ハワード
観てる間は何も知らなかったので結構楽しく観てたんだけど、後でこれが実話だと知り、しかも現実はまったく違う経過だったのでこんなに違うならそれは「実話です」と言っていいのか?と疑問だった。単にフィクションとして作ってはいけなかったのか。そうするとパクリって言われるのか。しかしここまで違うのなら・・・と疑問符ばかり。やはり「実話」って言ったほうが観客動員違うのだろうねえ。

今年の特徴は女性監督映画をよく観て好きな監督が増えたこと。今までは女性監督に反発でもしてるのか、と自分に疑問を持っていたがそんなことはなかったようでほっとした。特にジュリー・テイモア。リリアーナ・カヴァーニの良さも認識。ジェーン・カンピオン。ジュリー・ガヴラス。

訪問者数も去年からまた増えて特に何故かベン・ウィショーにはまってから凄く増えたのだが、彼は凄くマニアックなのに何故?というかマニアックだからか。最も多かった時で600アクセスほどだったかなあ。物凄く波があるのですけどね。

さてさてこれで『藍空放浪記』も4年目突入です。月日の経つのの早いこと。
それにしても毎年、「もうこれで新しい誰かに出会うことはないんじゃ」と不安があったりするのですがしっかりいつも誰かを好きになっていく(笑)
そして本当に来てくださる方に感謝するばかりです。何か知識だとか新情報だとかを提供できるわけでもなく(よく教えてはいただくが^^;)新作映画はまったく観ず古い映画のDVDのみのレビューであるのに。
今夜は授賞を考えるので精いっぱいでしたが、また明日から映画を観ていくことになるでしょう。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by フェイユイ at 22:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。