映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年09月05日

『ドクトル・ジバゴ』デビッド・リーン

DoctorZhivago.jpgDoctorZhivagoJulieChristie.jpgdrzhivago_l.jpgtn2_doctor_zhivago_4.jpg
Doctor Zhivago

再観とは言え、昔観た時は殆ど意味が判っていなかっただろう。何しろ全くストーリーも覚えおらずところどころの印象的な場面のみが記憶に残っているだけだったのだから。
今こうして観てなんて美しく面白いドラマだったのかとやっと涙をこぼすことができた。

大河ドラマの醍醐味とはこういうものなんだろう。大きく動く歴史の中で様々な人間たちは愛し合い憎しみ合いながら戦い続けるが小さなその存在は時のうねりの中に飲み込まれていく。
そしてまた何と言っても主人公ユーリ・ジバゴを演じるオマー・シャリフの素晴らしさはもとよりそれぞれのキャラクターがとても個性的で魅力ある。
オマー・シャリフは昔観た時、何故『アラビアのロレンス』でアラブ人なのにこれでロシア人がやれるのか彼は一体何者?となんとも子供っぽい疑問に包まれたが今観ても黒髪に大きな茶色の瞳、背が高くがっしりした体格で見惚れるほど彫りの際立った顔立ちはロシア人だと言われればそうなのかと思ってしまうから不思議だ。実際はエジプト人でおられるようだ。熱情のこもったまなざしで知性的、ラーラを愛してしまいながらも幼馴染で従姉妹でもある妻トーニャのことも愛しんでいる。他の男だったら絶対許せないのだが、純粋で一途で真面目なユーリを見ていると彼の愛は間違っていない、と思わせられてしまうのだ。これはもうオマーのあのまっすぐな眼差しに騙されているに違いない。さらっとした前髪にも。
彼を愛し愛される二人の女性もまたどちらもいい人なのだ。とはいえ、これはこの激動の時代だからこそ三者とも激しく熱い愛を持って相手のことも納得できるが平和時であれば逆に成り立たないものではないだろうかねえ。ユーリがあの状況を越えてきたことを憐れむからこその許容であると思うが。
ユーリだけでなくコマロフスキー、パーシャ=ストレルニコフ、ユーリの兄からも愛されることになる美しいラーラを演じたのがジュリー・クリスティ。金髪と青い目がとても清純でありながらコマロフスキーが母と関係のある男と知りながら彼の手に落ちてしまう。この悪党もラーラを侮蔑する言葉を言いながら彼女を助けようとするのはやはり彼女の美しさを認めていたからなのだろうが。
彼女とは対照的にユーリだけを愛し家庭的な女性として描かれるのがトーニャ。演じるのはジェラルディン・チャップリン。ホントはもっと複雑な心境だったと思うのだが。ユーリの優しさと美貌は捨てがたいよねー。
ラーラの友人として登場し彼女の夫となるパーシャ。ロシア革命の為にその情熱を捧げる。丸眼鏡に顔の深い傷。そしてその表情もいかにも革命の闘士といった面持ちである。トム・コートネイが演じている。ちょっとかっこいいんだよね。
そして悪党、ヴィクター・コマロフスキー。ユーリが受け継ぐはずの父の財産を横取りしたり、ラーラの母とラーラを同時に騙して肉体関係を弄び、口汚く罵って捨てる。かと思えばそんなラーラを心配して遥かなる大地を渡って助けにきたり、かと思えばラーラとユーリの娘カーチャを騒乱の中で手放して行方知れずにしてしまったり(わざとなのかよく判らない)というとんでもない薄汚い輩なのだが、そのくせあちこちに人脈を持つ。つまりこの物語をあらゆる場面でかき回しているのがこの男なのだ。演じているのがロッド・スタイガー。彼なしでこのドラマの面白さはあり得ない。
謎の人物エフグラフ。ユーリの兄でありボルシェビキの幹部でもある。物語はまず彼の登場から始まる。彼は亡くなった弟とラーラの遺児を探しているのだ。極東の地ではぐれてしまった娘トーニャに伯父として出会いたいと望んでいるのだった。
彼はこの冒頭と最後の場面のみ言葉を話す。途中何度か弟ユーリと出会うシーンがあるのだが、全く会話をしない、という演出になっている。
この演出はむしろ不自然にすら感じるのだが、同時にその為非常に印象的な人物として意識させられる。愛にあふれた豊かな感情の持ち主ユーリと対照的に兄エフグラフを冷徹なボルシェビキとして印象付けるために血の通う会話を一切させなかったのだろう。(とはいえ、彼は弟に同情し助けの手をのべているのだから冷酷には見えない)時間が経過し弟の娘が行方知れずになっているのを探し保護したいと思う彼はもう人間的に会話をするのである。

裕福なのユーリとトーニャの家庭。ユーリは医師であり有名な詩人でもある。ラーラの母娘はまずまずの家庭だが裕福なコマロフスキーの支援を望んでいる。パーシャは貧しい出で苦学生である。
そんな彼らがロシア革命という時代の中で生き方も存在も何もかもが変わっていく。豊かだったユーリたちは大きな屋敷も家具も平等に分けていくという共産主義にすべてを奪われていく。
医療で知り合ったユーリとラーラは互いに惹かれあう。ラーラと別れたユーリは家族と安全を求めての遠い地への旅、そしてユーリは馬賊に捕えられ家族と離れ離れになる。
凍りつく大地を歩き続けるユーリ。ラーラとの再会。そしてまた別れが。
裕福な育ちのユーリは決してロシア革命を望んでいるわけではなくただ医療と詩作に熱心で妻思いの家庭人なのだ。そんな彼がラーラとの許されないはずの愛に落ちたのも時代のせいだったのだろうか。
そしてまた時が過ぎ成長した彼らの娘がユーリの兄によって見出される。父母の記憶を何も持っていない彼女は突然のエフグラフの申し出に戸惑う。これという確かな証拠は何もないのだ。
だが最後にエフグラフはトーニャがバラライカを背負うのを見る。エフグラフたちの母はバラライカの達人であったのだ。「血筋は争えない」と彼はつぶやくのだった。

作品中繰り返し流れるバラライカが奏でる『ラーラのテーマ』そして親子のつながりを感じさせるバラライカが時代の証人であるかのように絶えず画面に登場するのだ。

監督:デビッド・リーン 出演:オマー・シャリフ ジュリー・クリスティ トム・コートネイ アレック・ギネス ジェラルディン・チャップリン リタ・トゥシンハム ロッド・スタイガー エイドリアン・コリ イングリット・ピット シオバン・マッケンナ
1965年 / アメリカ/イタリア


posted by フェイユイ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画ランキングのいろいろ

aflo_fightclub_small.jpg

先日見たニュースでこういうのがあった。

「イギリス映画トップ25」を、英ガーディアン紙が発表!

1984年以降にリリースされた最近25年間公開の映画、ということで私が映画をまったく観れなかった時期とほぼ重なっているので(前と後の若干年だけが観てた)知らないのが当然なのだが本当に知らない作品ばかり。と言ってもこの数年色々観れるものは観てきたが、あれ、結構いい作品が外れているような。

1.「トレインスポッティング」(D・ボイル、96)
2.「ウイズネイルと僕」(B・ロビンソン、87)
3.「秘密と嘘」(M・リー、96)
4.「遠い声、静かな暮し」(T・デイビス、88)
5.「マイ・ビューティフル・ランドレット」(S・フリアーズ、85)
6.「ニル・バイ・マウス」(G・オールドマン、97)
7.「セクシー・ビースト」(J・グレイザー、00)
8.「ボクと空と麦畑」(L・ラムジー、99)
9.「スラムドッグ$ミリオネア」(D・ボイル、08)
10.「フォー・ウェディング」(M・ニューウェル、94)
11.「運命を分けたザイル」(K・マクドナルド、03)
12.「戦場の小さな天使たち」(J・ブアマン、87)
13.「コントロール」(A・コービン、07)
14.「ネイキッド」(M・リー、93)
15.「アンダー・ザ・スキン」(C・アドラー、97)
16.「Hunger」(S・マックィーン、08)
17.「THIS IS ENGLAND」(S・メドウス、06)
18.「ショーン・オブ・ザ・デッド」(E・ライト、04)
19.「Dead Man's Shoes」(S・メドウス、04)
20.「Red Road」(A・アーノルド、04)
21.「リフ・ラフ」(K・ローチ、91)
22.「マン・オン・ワイヤー」(J・マーシュ、08)
23.「マイ・サマー・オブ・ラブ」(P・パブリコフスキー、04)
24.「24アワー・パーティ・ピープル」(M・ウィンターボトム、02)
25.「イングリッシュ・ペイシェント」(A・ミンゲラ、96)

第1位は私はそうでもなかったんだけど確かに評価されるのは判る。2位のタイトルは聞いたことがあって私も観たかったんだけどまだ観れてない。
後、観たのは5.「マイ・ビューティフル・ランドレット」(S・フリアーズ、85)25.「イングリッシュ・ペイシェント」(A・ミンゲラ、96)だけである。とほほ。3つしか観たことない。
え、だってそれじゃ、ケン・ローチ『麦の穂をゆらす風』とか大好きな『スイート・シックスティーン』だとか、ポール・グリーングラス『ブラディ・サンデー』ニール・ジョーダン『プルートで朝食を』テリー・ギリアム『未来世紀ブラジル』なんかは駄目なんだ。『フルモンティ』『キンキー・ブーツ』ベンの『情愛と友情』もダメ?『スナッチ』『007』シリーズ『クイーン』?
ガーディアン紙というのの色もあるんだろうけどなんだか不思議な選択でもある。他にもなんかなかったか?

英エンパイア誌が「落ち込む映画」ランキングを発表というのもあった。
1.「レクイエム・フォー・ドリーム」(00)
2.「ひとりぼっちの青春」(69)
3.「リービング・ラスベガス」(95)
4.「道」(54)
5.「21グラム」(03)
6.「火垂るの墓」(88)
7.「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(00)
8.「冬の光」(62)
9.「リリア 4-ever」(02)
10.「ミリオンダラー・ベイビー」(04)

1位のはミッキー・ロークの『レスラー』なのね。こちらも6.「火垂るの墓」(88)7.「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(00)10.「ミリオンダラー・ベイビー」(04)の3つしか観てない。
これは確かに、って気はするがでも落ち込む映画って結局自分にとってむかつく映画が落ち込むのでよくできていればそう落ち込まない気もするが。何この馬鹿馬鹿しい考え方、とかいうのが一番落ち込む。

 米エンターテインメント・ウィークリー誌が、史上最高(最悪)の悪役キャラクター20人を発表した
これは楽しい。「本当に最悪なのは・・」とかあまり深読みするんじゃなく。

1.西の邪悪な魔女(マーガレット・ハミルトン)/「オズの魔法使い」
2.ダース・ベイダー/「スター・ウォーズ」
3.ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)/「羊たちの沈黙」
4.ジョーカー(ヒース・レジャー)/「ダークナイト」
5.アレックス・デラージ(マルコム・マクダウェル)/「時計じかけのオレンジ」
6.バーンズ社長/「ザ・シンプソンズ」
7.キャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)/「氷の微笑」
8.ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)/「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
9.ドラキュラ(ベラ・ルゴシ)/「魔人ドラキュラ」
10.ラチェッド婦長(ルイーズ・フレッチャー)/「カッコーの巣の上で」
11.J・R・ユーイング(ラリー・ハグマン)/「ダラス」
12.ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)/「サイコ」
13.フランク・ブース(デニス・ホッパー)/「ブルーベルベット」
14.アニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)/「ミザリー」
15.女王/「白雪姫」
16.ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)/「ダイ・ハード」
17.マイケル・マイヤーズ/「ハロウィン」
18.ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)/「ウォール街」
19.アレックス・フォレスト(グレン・クローズ)/「危険な情事」
20.ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)/「シャイニング」

うーむ。これはほとんど判るというのは。やはり私もアメリカのほうが理解しやすいのね。
1.西の邪悪な魔女っていうのはいいね。私は小説でしか知らないが、確かに。
2.ダース・ベイダー/「スター・ウォーズ」
3.ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)/「羊たちの沈黙」
4.ジョーカー(ヒース・レジャー)/「ダークナイト」
5.アレックス・デラージ(マルコム・マクダウェル)/「時計じかけのオレンジ」
文句なし。ははは。レクター博士は絶対です。マルコム入ってます(笑)

6.バーンズ社長/「ザ・シンプソンズ」ッ(笑)受ける〜。
10.ラチェッド婦長(ルイーズ・フレッチャー)/「カッコーの巣の上で」おお!根強い人気。怖いもんねー。
11.J・R・ユーイング(ラリー・ハグマン)/「ダラス」
「JRは悪い奴だ!」(笑)
12.ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)/「サイコ」
悪い奴っていうかかわいそうな奴なんだけど。

13.フランク・ブース(デニス・ホッパー)/「ブルーベルベット」
デニスいいね。やっぱり入れてほしい。
14.アニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)/「ミザリー」
怖ーい。怖い怖い。
15.女王/「白雪姫」
日本で言うなら「舌切雀」のおばあさんとか。
20.ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)/「シャイニング」ジャックも入ってます。あの笑顔が怖い。

英エンパイア誌が「史上最高の映画キャラクター100人」を発表。第1位は?
ちょっと前のだけど。もう何が何だかよくわかんない。この時のブラピはかっこよかったっす。
以下、あれ悪い奴とかぶってないか。みんな悪い奴になりたいんだねー。
1位 タイラー・ダーデン:ブラッド・ピット/「ファイト・クラブ」
2位 ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)/「スター・ウォーズ」シリーズ
3位 ジョーカー:ヒース・レジャー/「ダークナイト」
4位 ハン・ソロ:ハリソン・フォード/「スター・ウォーズ」シリーズ
5位 ハンニバル・レクター:アンソニー・ホプキンス/「ハンニバル」シリーズ
6位 インディアナ・ジョーンズ:ハリソン・フォード/「レイダース/失われた聖櫃《アーク》」
7位 ザ・デュード:ジェフ・ブリッジス/「ビッグ・リボウスキ」
8位 ジャック・スパロウ:ジョニー・デップ/「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ
9位 エレン・リプリー:シガニー・ウィーバー/「エイリアン」シリーズ
10位 ドン・ビトー・コルレオーネ:マーロン・ブランド/「ゴッドファーザー」
11位 ジェームズ・ボンド:ショーン・コネリー/「007/ゴールドフィンガー」
12位 ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス/「ダイ・ハード」シリーズ
13位 ゴラム:アンディ・サーキス/「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ
14位 ターミネーター:アーノルド・シュワルツェネッガー/「ターミネーター」
15位 フェリス・ビューラー:マシュー・ブロデリック/「フェリスはある朝突然に」
16位 ネオ:キアヌ・リーブス/「マトリックス」
17位 ハンス・グルーバー:アラン・リックマン/「ダイ・ハード」
18位 トラビス・ビックル:ロバート・デ・ニーロ/「タクシードライバー」
19位 ジュールス・ウィンフィールド:サミュエル・L・ジャクソン/「パルプ・フィクション」
20位 フォレスト・ガンプ:トム・ハンクス/「フォレスト・ガンプ/一期一会」

まー、なんだかよく判んないけどこういうの見てぶつぶつ考えるのは楽しいものです。
ラベル:映画
posted by フェイユイ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。