映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年10月08日

『ザ・バンク 堕ちた巨像』トム・テイクヴァ

the-international.jpgThe_International_poster.jpg
The International

観始めて暫くは頭の痛くなるような難しい話なのかと思っていたら思い切りエンターテインメントな映画で題材も納得させられる面白い作品だった。今流行りのドキュメンタリー風で渋い作品にもなっただろうけど。

ユーモアだとか笑いのないシリアスなタッチなので若干固い感じもするがあえて硬質にやったほうが「らしくて」よいのかもしれない。
圧巻は何と言ってもグッゲンハイム美術館を舞台にした銃撃戦でこの緊張感と美しさはブルース・リーの鏡の部屋での戦いを彷彿とさせてくれるではないか。やたらピストルが出てくる映画なぞつまらぬと思っていたがこれは一味違った。銃撃戦の名場面になるに違いない。
手強い敵だった義足の男と行きがかり上相棒になっていきなり襲ってきた殺し屋集団と華々しい撃ち合いになる。恐ろしい義足の男の腕前が逆に力強い味方になってしまう面白さ。手に汗握る緊迫感の中で一般客の地獄のメッセージ」が笑わせる(ここにもあったか)

「ひどい顔」とナオミに言われてしまう(ここだけおかしいか)だけあって酷くやつれ果て無精ひげと目の隈ともしゃもしゃ頭のクライブ・オーウェン(っていつもこんな風な気もするが)がなかなかセクシーであったり、ナオミ・ワッツの綺麗な金髪も作品に彩りを添える。
ラストの「永遠に終わらない」苦悩を漂わせた切り方もいい。
ナオミを夫子持ちにしてるので不倫めいた恋愛沙汰もなしなのは私的にはさっぱりして却って好きだったし。

さてさて作品には大満足なのだが、この映画を観た目的はトム・テイクヴァ監督作品だからというだけではなく、髭のオーウェンやキュートなナオミを観る為だけではなくほんのワンシーン出てるベン・ウィショーを観る為だった。はっは。
きっと変なとこかも。と初めから緊張して観たのだがブルーレイで観てて16分5秒の場面から。
ルネと言う名前で雑用係(?)みたいな。インターポール仲間がサリンジャーの仕事場を訪れ、箱を抱えて階段を上っているルネ(ベン)に「早いね」と声をかける振り向いたルネ=ベン・ウィショーは「サリンジャー」と一声話すだけだけど確かに声はベンの声である(当たり前だ^^;)
そしてサリンジャーのデスクの傍に箱を置いて出て行く、というだけの出演なのだ。画面から消えたのが16分23秒。差引18秒だが全部映っているわけではない。
この場面を撮る為だけに現場へ赴いたのかな。うーむ。

と言うわけで映画もベン探しも楽しめる一品であった。

監督:トム・テイクヴァ 出演:クライヴ・オーウェン ナオミ・ワッツ アーミン・ミューラー=スタール ブライアン・F・オバーン ウルリク・トムセン ジェイ・ヴィラーズ
2009年アメリカ


posted by フェイユイ at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。