映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年10月25日

『オリバー!』キャロル・リード

51PB4CZuukL.jpgb1049e1be1f588f3aa027852b2464e55.jpg
Oliver!

ミュージカル映画『オリバー!』
ベン・ウィショーや他の多くのイギリス俳優はどうやら幼い時にこれを観て俳優になろうと志すようである。私も今まで何度も本作は観ているのであるが。
今回『オリバー・ツイスト』映画の3作目観賞になるのだが、やはりミュージカルは楽しくて他の2つより惹きこまれる。無論作品自体がいいものだからだろうけど。

冒頭も他の二つと違っていきなり救済院でオリバーたち孤児が働いている場面から始まる。しかも凄く大きな足踏み車を踏んでいるというのもあってこの場面だけでも他の二つが地味な作業をしているのと違って子供の気を引くような面白さがある。続いて食事のシーン。ここは『オリバー・ツイスト』の中でも名場面(?)の一つだろう。金持ちの大人たちが豪勢な食事を楽しむ隣で働きづめに働かされた子供たちが不味そうなお粥だけをそれもお椀に少しだけついでもらいガツガツと食べる。勿論満たされない孤児たちはくじ引きでお代りを要求する者を決めるのだ。何も持っていない孤児たちは藁でくじを作るのだが、他の2作が長い藁の中でオリバーだけが短いのを引くのだったのに本作は逆でオリバーだけが継ぎ足した長い藁を引く。これも確かに判りやすい気がする。ほんのちょっとしたことだけど。
(横道にそれるが少し前に『ジェーン・エア』を読み返していてやはり孤児であるジェーンが孤児院で酷く不味いお粥を少ししか与えられず少女たち(無論ここは少女ばかり)はいつもおなかをすかしていてしかも年上からほんの少しのパンを取られたりする、という箇所があった。小さな子供がお腹をすかして涙する場面と言うのは大人になってから読んだ方がはるかに辛い気がする)
本作のオリバーは自分が少女期に絶大な人気があったマーク・レスターくん。今観てもその愛らしさは他の追随を許さない。ちょっと困ったような表情がますますいじらしいのである。しかも本作のオリバーが一番感情を表現しているようで葬儀屋で先頭に歩く時の微笑みとか、お母さんを馬鹿にされた時の怒り方とか、地下室に閉じ込められた時「愛はどこにあるの」と歌うのなんかつい泣いてしまいそうだ。
ロンドンに行く辛い道のり。他のオリバーは悲惨だったが、マーク=オリバーはちゃっかりロンドン行の馬車に乗り込んでキャベツの入った籠から可愛い顔をのぞかせる、という茶目っ気である。

そしてオリバーがロンドンに到着してからのミュージカルの見せ場。ロンドンって皆歌い踊りながら歩くのね、って感じですごく楽しい。
他と違って疲れきってないオリバーはロンドンで同い年くらいの少年ドジャーと出会いすっかり意気投合。パンをくすね二人が歩き出すとスマートな警官、肉屋、野菜籠を持った女性たち、魚屋、踊りも腕を大きく振って歩くだけみたいな感じなんで誰でもできる、みたいなのが嬉しい。登場する子供たちもみんな可愛くて凄く楽しそうでいいなあ。このミュージカルってほんとに凄くいい作品なんだねえ。
この作品では子供たちが生き生きと描かれていているのがいい。『小さな恋のメロディ』でマーク・レスターの親友だったジャック・ワイルドがここでもドジャー役で登場。さすがの貫録。
この『オリバー!』は昨日観たポランスキー版とは随分違うのだが、ビル・サイクスも一味違った。かっこつけた登場で他のと違っていい男なの。他のでは少女みたいなナンシーと親父だったのでなんだかちょっとかわいそうな感じがしたのだけど、本作は確かにナンシーが好きになるのも判る。
そしてベン・ウィショーが真似をしたと言うフェイギン。ほんとに何故フェイギンなんだろうね。サイクスでもドジャーでもいいと思うのに子供のベンが爺さんのフェイギンを真似しようと思うってのが凄い。オリバーの子守唄に「スリをしよう」っていう歌を歌うのがちょっと悲しげな歌い方で余計おかしいの。

昨日のポランスキー版の美術を褒めたが(リーン版もよかったが)本作の方がもっと楽しい感じなのである。街並みの中を機関車が走るとか、酒場が川べりで橋を渡って行くのとか。セットなのかよく判らないが街並みもとてもデザインが可愛らしくて独特の雰囲気。遊び心が詰まっていいるんだね。
昨日まで裁判長がやたら怒るので???となってたが、今回のでアルコール中毒だったと判った。なるほど。

オリバーがブラウンロー氏の家で朝を迎えた時の歌「さわやかな朝はいかが」という歌って不思議。オリバーが目覚めて窓から外を見ると薔薇売りや牛乳売り、苺売り、また警官や学校へ行く子供たちなんかが通りかかるという踊りなんだけど歌がマイナー調で寂しげな感じ。ゆったりした踊りでさわやかな朝をイメージしているはずなのにちょっと悲しげなのだけど、それが却って印象的。なんとなく『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を思い出してしまった。

本作は二作品と比べるといろんなとこが改変してあり、私はそこがとてもいい方になったと思う。例えば子供向けの為なのか、オリバーが殴られる場面がなくなって機関車にいぶつかりそうになる、というアクションものになってるし、ナンシーが殴り殺される場面は壁の向こうで行われ映されない(他のでは激しく殴打される)
他作品ではブラウンロー氏の家に行ったオリバーを突然ナンシーが捕まえた後、彼女がオリバーをかばう台詞をいうのが辻褄が合わなくて変に思えるが本作は前説があるのでナンシーの気持ちが理解できる。
とにかく心理状態が本作では細かに説明されるので筋道が通っているのだ。
ポランスキー版では最後にフェイギンが憐れな姿をさらしていたが本作はドジャーと共にまたスリ生活を続けようという前向きな姿である。私としては断然こちらが好きである。

というわけでなんとか3つの『オリバー・ツイスト』映画作品を鑑賞した。順位としては断然ダントツで本作ミュージカル『オリバー!』が素晴らしい。ミュージカルとしても屈指の作品なのは私が言わなくても授賞歴でわかるからいいか。
2位をつけるならリーン版。過不足ない出来栄え。ポランスキーは悪くないが最後は蛇足かも。蛇足、というのは間違いかもしれない。ユダヤ人である監督がユダヤ人のフェイギンを単なる悪党にしたくない為にこのラストを描きたいが為に作ったのかもしれないのだから。でも私としてはこの部分が物凄い衝撃を与えるほどにはなかったのだ。
印象としては、リーン版で忠実な映画化がされているのにまた普通どおり、と言うのは観客にとっては物足りない、という感じであった。
本作を見るとよりポランスキー版が現代ならではの映画化でない物足りなさを感じてしまう。

また、こういう悲しい話こそがミュージカルにぴったりなんだと改めて認識。そういえばそうなんだよねえ。その中での希望だとか強く生きる意志だとかが貴く思えるのだ。

マーク・レスターとジャック・ワイルドはこの後、『小さな恋のメロディ』で日本の少年少女の心を足掴みにする。あ、少年はトレーシー・ハイドでだが。可愛らしかったねえ。素敵な映画だった。
なので本作のマークはさらに可愛い。ほんとに小さくて天使みたいである。

監督:キャロル・リード 出演: マーク・レスター オリバー・リード ロン・ムーディ シャニ・ウォリス ジャック・ワイルド
1968年イギリス


posted by フェイユイ at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『オリバー・ツイスト』ロマン・ポランスキー

olivertwist1.jpgoliver-twist.jpgoliver-twist-gruel.jpg2005_oliver_twist_wallpaper_003.jpg
OLIVER TWIST

『オリバー・ツイスト』第二弾。今回はロマン・ポランスキー監督作品。私はポランスキー監督の映画をあまり意識的に観てなくて「彼の映画」というような意味合いではまったく語ることができないのだが、本作は几帳面なほどの制作意欲を感じさせる。

昨日観たデビッド・リーン版とは内容も雰囲気も殆ど変わらないものだったのは不思議にさえ思える。ポランスキーというとかなり個性的な作品を作る監督なのかと思っていたのだが、登場人物の表現も物語も主な部分は寸分違わない、と言ってもいいのではないだろうか。
(そういう意味ではキャロル・リードのミュージカル『オリバー!』は異色なのかもしれない)
無論モノクロームがカラーになり、映像もクリアで予算もしっかりかけられているようで霧深いロンドンの雰囲気や細かい部分も神経の行き届いたこだわりが感じられ、カラーになっても重厚さがなくならないような色彩が使われモノクロでは見づらかった闇の世界をさらに深いものに思わせてくれる。
オリバー役の少年も他の二作品に見劣りしない可愛らしさで若干今の子らしく憂いが足りない気はするのだが貧しい服装でコスプレすればより愛おしさが増してくるのである。
『オリバー・ツイスト』の目玉人物はやはりベン・ウィショーが真似しただけあって、子供たちの親分フェイギンなのだというのは今回観てさらに納得したが本作ではベン・キングスレーがやはりかなりのメーキャップを施して怪異な風貌になりきっている。
そしてここがリーン版と大きく違ってくる。最後のシーンがリーン版はサイクスが死んでオリバーはめでたくお金持ちのブラウンロー氏に引き取られました、なのだが、本作はその後があって、オリバーがブラウンロー氏と共に牢屋に入れられ絞首刑目前のフェイギンに面会するのである。これは先にフェイギンがオリバーに「一番悪いことは恩を忘れることだ」というのがある為なんだろうけど、ここでオリバーはフェイギンに「助けられた恩がある」ことを伝え彼が決して悪人だけではないことを表現している。またフェイギンもオリバーを特に気に入って可愛がっていたことを示している。フェイギンのキャラクターもリーン版のアレック・ギネスの鼻高で恐ろしげなのに比べるとなんとなく憐れな爺さん、というイメージに見える。私としてはあまりフェイギンの憐れさを出して同情させるより、奇怪な男で恐ろしい方が面白い気がするのだが。
つまり現代の感覚としては『オリバー・ツイスト』は運命に弄ばれる可哀そうな美少年、子供を操る恐ろしい老人(ちょっと優しいとこもあり)犬を連れた乱暴者、その愛人で綺麗で優しい女、お人よしな金持ちの老人、などというキャラクターでパロディ遊びをするような設定として感じられてしまうのだろう。フェイギンも可哀そうな老人ならそれはそれで面白いからどちらでもかまわない。
キャラクターが個性的で面白いのでパロディごっこには最適なのである。

とにかく作品としては美術が綺麗で見惚れてしまう。同じような雰囲気でこの時代のロンドンを舞台にしたホラーもの、ミステリーものなんかを作って欲しいものだ。(その際、是非ベン・ウィショーに何か演じてもらいたいなあ。犯罪者でも探偵でもいいけど)

ポランスキー作品、素晴らしい仕上がりなのだが(多分)原作に忠実すぎて彼の言わんとするところは読み取り難いのではないだろうか。彼の目的はディケンズ世界を再現することそのものであったのだろうか。
最後の場面でオリバーが金持ちのブラウンロー氏のもとで幸せに暮らすことを願いながらもフェイギンへの感謝と同情の気持ちを表している、という描き方がポランスキーの意思表示なんだろうか。
本作でもオリバーはあまり感情をむき出しにしないのだが(そこが頼りなくて可愛いんだろうけど)ロンドンに着いたオリバーに声をかけるドジャーくんは対照的に感情豊かでしたたかで少年らしい魅力を発揮している。ナンシーを殺したサイクスに悪態をついて飛びかかって行くとこなんかすごくかっこいい。この役を演じたハリー・イーデン君もミュージカル『オリバー!』を観て俳優を志願したそうな。イギリスの男の子ってみんなこれを観るというものなのかもしれない。

監督:ロマン・ポランスキー  出演:バーニー・クラーク ベン・キングズレー ハリー・イーデン ジェイミー・フォアマン エドワード・ハードウィック マーク・ストロング リアン・ロウ
2005年 / フランス/イギリス/チェコ
ラベル:孤児 Ben Whishaw
posted by フェイユイ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。