映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月19日

『ツィゴイネルワイゼン』鈴木清順

untitled.bmp03tsugoineru.jpg

鈴木清順といえば日本で最も有名な監督の一人だろうけど、大昔に『けんかえれじい』を観たのと(面白かった)最近『オペレッタ狸御殿』を観たくらいである(これは判らなかった)本作は当時凄い話題になったものなのでタイトルと監督名はさすがに知っていたのだが、やっと今になって観賞に至った。
 
もっと破壊的にグロテスクで難解で退屈なのかと懸念していたが、非常に入りやすく居心地も悪くない作品だったのでほっとした。というとまるで悪評のようだが決してそういうことではなく、さすが清順美学と言われる個性的な世界観がくっきりと見えてくる作品だった、ということである。大正デカダンスな雰囲気と生と死のはざまを漂うオカルティズムな空気は自分がとても好きなものなのでここまでそれを追求して描いた映像作品があることが嬉しくなってしまった。スチールを荒木経惟が担当しているのを見つけてこれはもう映像は間違いなく素晴らしいだろうと思い、その通りであった。
ただ、こういう生と死、そして性の世界をシュールな独自の世界観で描く作家といえば自分は寺山修司を筆頭に挙げるものなのだが、鈴木清順を知ってもその席順は変わらなかったのはどうしてなのか、今すぐ思いつけなかったので追々考えていきたいと思う。

思いつくところを挙げれば清順氏のユーモアというべきなのか笑いの部分が軽みというより若干自分的には引いてしまう箇所になってしまうのと、寺山氏の重い情念を味わってしまった後に類似した世界はどうしても物足りなくなってしまう。それは自分が寺山修司に心酔しているからしょうがないことではあるのだが。
類似した世界と書いてしまったが、それは生と死と性という題材というだけなのであってその答えというか、世界観は恐ろしく異なっている。寺山の世界はまず母親であり同性愛であり傷ついた美しい少年であり個と集団との対話であるが清順氏の本作はそのどれもが一切描かれてはいない。寺山氏の世界観が現実とかけ離れた異世界なのに対し、清順氏のシュールさはあくまで生々しい現実社会とつながっているからなのだろう。そういう意味では清順氏の作品は身近に共感しやすいものなのかもしれない。

なんだか清順の映画を観て、寺山修司がどんなに好きかを改めて確認してしまったようだ。
本作の類似としては寺山よりデヴィッド・リンチのほうが近いのではないだろうか。寺山はあくまでも文字の人でリンチは絵画の人なので。
それでも中砂・青地・小稲の3人が酒を酌み交わし会話する物憂げな場面などとてもよい。二人の男にはそれぞれ妻がいるが、芸者の小稲でないと対等な三角関係にならないのが面白い。

中砂役の原田芳雄。日本俳優には希少なエネルギッシュなセクシーさを持った男優である。セクシーというカタカナで言うより思い切り性的な男というべきか。とにかくスケベに色っぽい。
自分としては特に好きな俳優に数えているわけではないのだが、何故か出演作はよく観てる。というか観た映画によく出ている。やはりいい作品に出したい個性なのだ。他に似た人がいないから彼でないとどうしようもない。
寺山修司『田園に死す』にも『さらば箱舟』にも出演しているのだ。やはり稀有な存在なのである。
青地役の藤田敏八は真逆の知的イメージで二人の友人関係が微妙なバランスでいい。互いの細君との関係を匂わせるが芸者小稲と3人になった時に最も結びつきが生まれてくる。
小稲の大谷直子。色っぽい、の一言の女性。無論綺麗で芯の一本通った感じがかっこいいのだが、男だったらとろっとなってしまいそうなエロな女性だ。きりっとした顔立ちなのだが不思議。

あまりプロデューサーにまで触れたりしないが本作をプロデュースしたのが、荒戸源次郎。経歴を見ると凄いし、『ゲルマニウムの夜』もやってる。なるほど。監督作品には『赤目四十八瀧心中未遂』大森南朋、新井浩文目的で観たっけ。寺島しのぶ出演。どの作品も生と死と性だ。

本作を観てたら青地と小稲が出会う洞穴みたいな切り立った崖は『真木栗ノ穴』で観た光景だったので一瞬デジャヴュ状態になって驚いた。
順番から行けば本作を観てから『真木栗ノ穴』を観るわけだからあの映画を観た時に「あ、この場面は・・」となるべきだったのだね。
あの世とこの世をつなぐ場所のように思えた。無論『真木栗ノ穴』も同じ題材を描いていたのである。

監督:鈴木清順  出演:原田芳雄 大楠道代 藤田敏八 麿赤兒 大谷直子 玉川伊佐男 樹木希林
1980年日本


ラベル:
posted by フェイユイ at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンの新作舞台『Cock』速報!!

cock_program.JPGBen's Signature.JPG
Cock

ロンドン在住のはーやさんからベンの新作舞台『Cock』についての羨ましい且つ素晴らしい情報&写真いただきました。いつもありがとうございます。ではメール内容以下貼らせていただきます。

「ご報告遅くなりましたが、ベンの新作舞台『Cock』(男性のあの部分という意)観てまいりました。
ベン出ずっぱり!1時間半くらい一度も引っ込みません!!
直径8メートルくらいの円形の空間を取り巻くように
ひな壇3段状の客席がセットされてて、もう目の前で
ベンたちがあちこちと動き回って演技…という感じ。
小道具なども全く無く、セリフとジェスチャーのみで
ベンと相手役女性とのセックスシーンも二人でおでこを
くっつけて目を見つめあいながら抱き合って声のみの表現。
めちゃくちゃセクシーな瞬間でありました。

まだプレビュー段階でこれから変わっていくのかはわかりませんが、
とりあえずベンの髪型&髭はあのまんま。けれどもピタッとした柄物のシャツがかわいくって
納得できる装い。コスチュームはプログラムに『Costume Supervisor』
っていう人が載ってるだけなので、出演者全員、衣装は自前かもしれません。
ベンの靴もほどよく磨り減ってて自前風でした。

他の共演者もとっても演技達者でよかったです。
プレビューだというのにリラックス感さえ漂ってましたし、ベンは途中で鼻をかんだり、
水飲んだりもしてました。ベンは鼻水でやすい体質のようですね(笑)

終演後、意外とさっさとベンおよび共演者は出てきたので、
プログラムにサイン貰って、咄嗟ながら以前から気になっていた質問を。
『この芝居の作者って、観客がボックスオフィスでCxxkのチケットを
ピックアップするときにわざわざCxxkって言わせようとしてると思う?』
って聞いたら『That's the whole point of this play!! hahaha』
(それがこの芝居の狙いなんだよー)って本当かどうだか言ってました(笑)
Cxxkなんて言葉をベンの前で発してしまう私ってどうよ…って後で思ってしまいましたが(泣笑)

そんでそんで、別れ際にハグついでにほっぺにキスも頂きましたっ☆
ベンのお髭はとっても柔らかでした〜☆あんなにゾリゾリしてそうなのに。
で、ベンは柑橘系のさわやかなかわいらしい香りがしてましたよ。ガム噛んでたのかな?
そういえば、その夜はベンのお父さんも観に来ていたそうです。

話かわりますが、先日お送りした写真が掲載されている雑誌Wonderlandで、
ベンは『ベニスの商人には僕出てません!』って宣言しています。
以前ファンで『あなたのPerfume&Mercant of Venice』が好きですって書いてきた人がいて
笑っちゃったって。どうしてああいうことになってるのかベン自身も疑問だそうで。。。。」

羨ましいを通り越して嫉妬に燃えた方、私も同じです(笑)
ベンとハグ+キスですよお。お髭が柔らかいって(うじうじうじ)
しかしなによりこの舞台を生で観れるのがいいですねえ。
とは言え、普通なら知ることもできないこんな生情報を素晴らしい文章で教えていただけるなんて嬉しいです!!キスも許します^^;
お父様もいらしてたんですねー。内容的にどうだったんでしょうか(笑)その辺も気になります。
『Cock』のタイトルについての質問は先日はーやさんと「これ絶対わざと言わせてるんですよねー」というので盛り上がったのでした。やはり思った通り(笑)だったようです(?)

はーやさん、ちくちくとイヤミを書いてしまいましたが、心から感謝しております。
また是非ベン情報羨ましさも加えながら教えてくださいませ!!!
posted by フェイユイ at 10:12| Comment(7) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京山あつき『聞こえない声』『見えない星』『仮面ティーチャー』

c0139007_0172476.jpg7andy_07201180.jpg

珍しくマンガの感想のみを書いている今夜である。
先日山川純一の漫画に夢中と書いたがまだ続行中である。
とはいえ私はゲイものが好きなくせにゲイマンガ特にボーイズラブとかBLとか言われる分野のマンガを読んでない。
これは、一つは貧乏な為で、とかくのめりこんでしまうタチなのでこれ以上没頭するものを開拓したくない。するのが怖いのである。金持ちだったらぽんぽん買いまくってしまうのだが。
第二は、なんとなく目につくBLマンガの絵にどうしても萌えない。
皆痩せすぎで、美形すぎ。こういうの見てると自分は美形が好きじゃないのだなあ、と確認してしまう。
かと言ってよくある男性向けの(って言い方もおかしいか)ゲイマンガは激しすぎて、そう考えるとやや女性っぽいと言われたらしいヤマジュン氏が描く男性は一番自分にぴったり好みだったりする。

前置き長過ぎでやっと京山あつき作品について書こう。
何故いきなりこの人なのかというと好きなブロガーさんのお勧めだったからだ。気にはなっていたのだがやっと読むことになった。
まずは『聞こえない声』『見えない星』のシリーズ。
高校の野球部に属するかっこいい今井と変な顔の後輩引田の物語。
まずはさすがお勧めされてただけあって読ませる。
凄く惹きつけられる。
受である後輩・引田が美少年でないのは人によってはNGかもしんないが私は美少年と聞くとむしろ引いてしまうし、彼くらいの変顔なら完全に圏内である。先輩・今井のかっこよさもよくあるきらびやかなハンサムじゃないのが嬉しい。
が、やはり細い。
どうしても細いのだねー、BLって。
っていうか細身でないとBLじゃないのか。
ああ、これで肉がついてたら。
変な願望だけど。

高校野球マンガって言えば私はやはり水島新司である。『ドカベン』である。
水島新司の漫画はどれも凄いが『ドカベン』はまさにゲイカップルの宝庫とも言うべきマンガでどの組み合わせも私は嬉しい。ゲイマンガを見なくても水島氏の漫画で充分なんだけど、それじゃ話が続かない。
今井&引田を見てると連想するのは土門&谷津である。ちょうどデコボコ加減が。違うのはとにかく受の後輩の体格で確かに谷津の体は素敵だー。
土門さんはホントは微笑が好きだったんだけどふられてしまって谷津を仕方なく選んだんだけど、きっと満足してると思う。谷津も土門さん尊敬しきってるしねー。土門&谷津を見てエロい妄想にふける私であった。
限りなく脱線するが、水島氏の漫画は『男どアホウ甲子園』の藤村&豆たん、『ドカベン』の山田&里中、弁慶高校の武蔵坊&義経(美形だし)『一球さん』の一球&九郎は殆ど夫婦だし、など他にも挙げたらきりがない。

いいから京山あつき。
てなわけで、確かに顔がいいとして体がいまいちMY萌えではないがそれでも話で読ませてくれる。
最初っから両想いなのが不思議といえば不思議だし、なんの障害もなく結ばれていくのもよすぎかなーと思いつつもやはりよい。
あーこれで今井が引田を見て「首が細い」じゃなく「首が太い」だともっと萌えるんだが。
でもよかった。

で、次読んだのが『仮面ティーチャー』危ないショタコンものである。
つまりこれもしょうがないけど「少年の細さ」が主人公のショタコン先生の趣味なわけで仕方ないけど細いのねー。
つまりやっぱり細いのが好きなのだね。
とはいえ、これは凄くおかしくてある意味『見えない聞こえない』シリーズより上手い作品だった。
今特にタブーな題材で笑わせ読ませてくれる。
ほんとに
この作者さん、すごい才能の御方である。私は無論まったく少年では駄目なので萌えは期待できないがとにかく面白かった。凄い童顔の臨時教師を抱けることになったのにモノが大人で萎えてしまい、どうしてもイケない、というのは傑作。
声変りもしてない少年期だけを愛するショタ先生なので純愛とは言えないのだが、なのに純情であるという。

京山あつき作品、引き続き読んでいく予定なので他の作品についてはいずれまた。
ラベル:同性愛 マンガ
posted by フェイユイ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。