映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年02月26日

『ラフマニノフ ある愛の調べ』パーヴェル・ルンギン

200912_06_33_e0034633_1184566.jpg
LILACS

ちょっと前に私が「音楽家映画」に凝った時があってちょうどその頃このDVDが出る頃だったので観ようかな、と思っていたのだがあまりに評価が低いようで(いつも評価が低いと逆に観るのだが)演奏場面が目的なのにあまりそれがないのではなあ、と観るのを止めたのだった。
今回再チャレンジしたのは目的が「音楽」じゃなく「ロシア」なのでロシア人が出てればなんでもいいや、てな理由だった。
何しろロシア映画って作品探すと殆どが戦争映画なんですぜ。それも思い切り右翼的な感じの。おいおい左翼じゃねえのかよ、とかいうつっこみはこの際おいといてとにかく戦争マニア的なタイトルがズラリなのである。例えば『ナチスの墓標〜レニングラード捕虜収容所〜』だとか『PQ-17 -対Uボート海戦』とかな(まだ観てはいない。案外面白いのかな?)(そーゆー私が一番好きなロシア映画が『チェチェン・ウォー』って)次はいかにも名作な感じの堅苦しい奴。泣けそうな奴ね。たまにはいいけど続けて観るのはなあ。こういう軟弱系音楽家映画なんてぜーんぜんないのだ。その中でひときわ異質な本作タイトル『ラフマニノフ ある愛の調べ』なんて。これしかない。借りるっきゃないでしょ。
で観てみた。

どうして評価が低いのかな?って思うほどまともにいい映画だった。
多分そういう評価の方はラフマニノフが好きで詳しい人なのかもしれない。
私は彼の曲も人生もまったく知らなかったのでかなり熱心に観てしまった。彼の奥さんナターシャを演じていたのがちょい前必殺の女性スナイパーをやってたヴィクトリア・トルストガノヴァだったのでいつ撃たれるかとひやひやもんだった。
ああ、こんなちゃちゃばかり言っとらんと。

私自身演奏目的で観てたら評価は低かったかもしれない。何しろここに描かれているのは苦悩するラフマニノフで終始「演奏したくない」「作曲したいのにもう10年間していない」と愚痴ばかりこぼしてる鬱状態の彼の姿でピアノに触れている時間はあんまりないのである。
しかし私はロシア目的なので、亡命したラフマニノフの物語でほぼ舞台がアメリカであるにも拘らず原語はロシア語ばかり。
ロシアにいられず、しかしアメリカの空気では作曲がはかどらないセルゲイの苦悩をハンサムなエフゲニー・ツィガノフが魅力的に演じている。
彼の心を癒してくれるのは祖国ロシアで彼が愛していたライラックの花。そしてライラックの花束をいつも贈ってくれるのは彼を最も愛してくれるその人だった。

セルゲイが愛した貴族の女性、彼を愛した強力なコミュニストの女性、そして従妹であり彼のことだけを一途に愛するナターシャ。
時代背景などを絡ませながら彼と女性の愛情劇で綴っていく。
ひたすらロマンチックで甘いラブ・ストーリーではあるが自分目的としては非常に楽しめた一作だった。

監督:パーヴェル・ルンギン 出演:エフゲニー・ツィガノフ ヴィクトリア・トルストガノヴァ ヴィクトリア・イサコヴァ ミリアム・セホン アレクセイ・コルトネフ
2007年ロシア


posted by フェイユイ at 22:44| Comment(7) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。