映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月26日

『NHKスペシャル チベット死者の書 第2回 ドキュメンタリードラマ 死と再生の49日』

チベット仏教経典「バルド・トドゥル」に基づいた中沢新一氏の脚本によるドラマ。
少年僧が老師に生と死と輪廻について教わっていく。

「人は生まれる時泣き世界は歓喜の声をあげる。死ぬ時、世界は泣き人は喜びに包まれる」という言葉が素晴らしい。まさしくそうありたいものである。

これから長い修行を積んでいくのだろう幼い少年僧と老僧との会話という構成がいい。
師弟は村の40代の男性の死に直面する。妻子を持つその男性はまだ若過ぎて、この世と離れることが難しくまだ経典の勉強も未経験だった為に彼は解脱することができないのだ。
老僧は彼の解脱を助けようとするが、幾つもの機会を彼はどうしても掴むことができず再生への道を進んでしまう。
優しい仏の姿も憤怒の像もすべては己の心を映したものでどちらも解脱への道を促す姿だというのが興味深い。美しいものも醜いものも差異はないのだ。
また輪廻の中でいつか目の前の動物が母親であったかもしれないのだから誰にでも何に対しても優しくしなければならない、という。確かにそういう考えを持っていれば誰とでも家族であった可能性があるのだから仲良くすべきだと皆が思えれば一番よいのだがねえ。

アニメーションが不気味なのだがよく観る日本のアニメでないのがよかった。なんと言っても老僧の声である大滝秀治さんの声がいい。

1993年9月24日放送 NHKスペシャル



ラベル:宗教
posted by フェイユイ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 北・中央アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。