映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年06月17日

2010FIFAワールドカップ・南アフリカ共和国大会 『韓国×アルゼンチン』

中身は観てないけど『スペイン×スイス』もまさかのスペイン敗戦、やはり今大会は不思議な状態であるようだ。

で今から凄い楽しみな『韓国×アルゼンチン』勿論韓国応援だよ。メッシは好きだけど、そこはそれまた別物だから。
パク・チソンがどんなサッカーを見せてくれるか。

ところで『ブラジル×北朝鮮』北朝鮮を観るのが嫌だったんだけど、さっきTVでチョン・テセ観てたら北朝鮮チームもちゃんと観なきゃって気になってしまった。彼らが悪いわけでもないし。と言ってもグループGは恐ろしい組み合わせだからほぼ進出は無理だろうけど。後がポルトガルとコートジボワールではどうしようもないよね。

前半終了。
アルゼンチンが2点先取して、わーもうこりゃ韓国全然太刀打ちできないわ、と思ってたら終了間際にドサクサゴール。いや、よかったよかった。
とは言え、実は韓国応援とか言っておいてメッシに目はくぎ付け。
なにあの人やっぱ凄いわー。
もう凄過ぎて涙出る。
他の選手の凄さなんて素人の私にはよく判んないんだけどメッシの凄さだけは判るよね。韓国の選手二人立ちはだかってるのにすっと横に出てシュート。サイボーグ009の加速装置みたいなん。眼にも止まらぬ早業ってあれぞ。も、ずっと見てたいもん。
それにアルゼンチンの選手って皆ドリブル上手いよなあ。
あああ、韓国の応援になってない。
上手いプレイには見惚れてしまうのは仕方ないよね。
それにマラドーナ監督も面白くてファンになってしまうの当たり前。凄い人なのに全然威張ってなくて愉快な人なんだ。そのくせボールが転がってくるとちょいと足で拾い上げて選手の手元に持っていくその技。スゴ。

さて後半どうなるか。アルゼンチンが怒涛の攻撃をしちゃうか。韓国がまさかの同点いやまさかの逆転?
それはちょっと・・・?

試合終了。
なんと4対1でアルゼンチン勝利。韓国残念だけど仕方ない。アルゼンチンの技術に完全においてかれてた。
メッシに見惚れた90分間であった。得点はなくても素晴らしい。
そして相変わらず選手以上に目立ってるマラドーナ監督。ここでも足技を何度も披露。くくおかしい。
韓国は初戦で楽勝したのが惜しまれるよね。あれで少々気合いが抜けてしまったはずだもん。アルゼンチンが初戦の方がよかったかもなあ。って言ってもしょうがないけど。
ところでアルゼンチンってマラドーナのイメージが強いから皆マラドーナみたいな顔してる気がするけど、他の選手はハンサムなんだよね。ハットトリックのイグアインも二枚目だわん。

韓国のキ・ソンヨン。水木先生こと向井理くんにも似てる可愛い。でも残念だった。パク・チソンも目立つことなく・・・。
ナイジェリア戦でがんばってくれい。

本大会で今日初めて世界のサッカーらしいものを観た気がした。
posted by フェイユイ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。