映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年06月22日

『GO』行定勲

go.jpg

久し振りに観た。歯切れのいい展開、台詞回し。窪塚洋介がびんびんにかっこよかった頃だなあ。

在日朝鮮人である主人公・杉原の日本人少女とのラブ・ストーリー。脚本も演出も申し分ない出来栄えの楽しい映画なのだ。「これは僕の恋愛に関する物語だ」と主人公が何度も念を押すのだが、実際に面白いのは彼女との恋愛部分より、父ちゃん母ちゃんのアツアツぶりだとか、喧嘩早い主人公の親友が学校一の秀才で杉原に落語からシェイクスピアまで教えてくれるとこだとか、何と言ってもボクサー親父との喧嘩シーンは印象的なのである。このシーンが凄くよかったので私はこの行定監督と言う人はアクションが得意な人なのかと思っていたのだが、特にそういうわけでもないようで逆にびっくり。凄くかっこいい殴り合いだと思う。
日本人少女とのラブ・ストーリーは、一風変わったところのある美少女に杉原が惹かれていき、とてもうまくいってたのに「僕は日本人じゃない。国籍が韓国なんだ」と打ち明けたところで突然彼女の態度が変わって別れてしまい、半年後彼女からの電話で再会し、再び打ち解ける。というところで終わっている。
ラストシーンでいつも巧く飛び越えていた門の柵を杉原が飛び越え損ねて転んじゃうのが何とはなしに未来を予感させもするし、彼女の父親の中国・朝鮮韓国人への差別意識を聞かされた以上、困難は絶対やってくるのだろうな、と判っている。
それらをもうしっかり認識した上で少年と少女は雪の夜を笑いながら進んでいく、うまいラストなんだよね。

とにかく彼女との恋愛物語なのだが、杉原=クルパーと親父の関係、そして秀才の友人・ジョンイルとのつながりに惹かれてしまう作品なのである。作品の冒頭にも出てくるのだがクルパーがジョンイルから借りたシェイクスピアの一節「薔薇の名前が変わってもその香りは同じ」という言葉はぐっときてしまう。

さてさて新井浩文はこれが映画デビュー作のようだ。杉原が日本人の高校へ行く以前、同じ朝鮮人学校にいた。短髪で喧嘩早い奴なのだ。
その後の彼のイメージの原型みたいな感じだろうか。
それほど印象的な場面はないのだが、朝鮮語を話しているのを観れたのがよかったかなー。
それにしても新井さんの作品はデビュー作からしてスゲエ面白い映画なわけでなんだかそういうとこでも感心してしまう。

監督:行定勲 出演:窪塚洋介 柴咲コウ 大竹しのぶ 山崎努 山本太郎 キム・ミン 新井浩文 細山田隆人 村田充 大杉漣 塩見三省 萩原聖人
2001年日本





posted by フェイユイ at 22:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 新井浩文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山崎努はボクサーに見えないだろうと思ってたらハマってましたね〜
大竹しのぶとのラブラブぶりに(笑)
新井君は血と骨がデビューだと思ってたので出てるの気付きませんでした(汗)
村田充がキモ恐カッコイイくて好きでした。
Posted by may at 2008年06月23日 15:42
私も以前観た時は新井さんの存在はまったく気にしてませんでした。すみませーん。
新井さんはむしろ『青い春』で目立ったのではないでしょうか〜?

村田充さんってヤクザの坊ちゃま役の人ですね?
凄く多才な面白い方なんですよね?ここでも不思議な存在だなあ。
Posted by フェイユイ at 2008年06月23日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

行定勲のこと
Excerpt: 楽天から検索された商品 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション行定勲…¥ 1,995オススメ度:★★★★『世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション/行定勲』片山恭一の大ベスト..
Weblog: WEBの情報缶!
Tracked: 2008-07-28 09:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。