映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年06月29日

『乱歩地獄』 竹内スグル 実相寺昭雄 佐藤寿保 カネコアツシ

乱歩地獄.jpg

浅野忠信さんのカテゴリ作ってたら勿論そこにいれるべきなのだが、大森南朋さんが出演されていたのでこうなった。

江戸川乱歩は大好きでまた数多くの創作者が彼の小説を映像化しているのだが、正直言って小説で読む以上のぞくぞくする喜び楽しさおぞましさというのはまだお目にかかれてない気がする。
これもどうせ、みたいな気持ちがしてなかなか観ないでいたのだが、短編にされていた為なのか、なかなか面白かった。それでも小説には及ばないと思ってしまうのは思い入れが強すぎるのだろうか。

第1話『火星の運河』監督・脚本・撮影: 竹内スグル  出演:浅野忠信 shan  森山開次  加賀谷香
浅野忠信はほんとに綺麗だな。タイトルからして乱歩としては不思議だが、殺人者の孤独感を描いたもの、ということでいいのだろうか。

第2話『鏡地獄』 監督: 実相寺昭雄  脚本: 薩川昭夫  出演:浅野忠信 成宮寛貴  寺田農  寺島進
実相寺監督作品なので安心して鑑賞。オーソドックスな乱歩世界であり、浅野忠信の明智小五郎が見れるというのもお楽しみ。こんなイメージの明智ってないような。しかもちゃんと小林少年が傍についていたのが嬉しい。基本的に自分にとっては江戸川乱歩は日本のメジャー小説の中でも突出してゲイを扱っているのが重要であるのに、映画化されるとなぜかあまりそこには触れられていない気がする。この映画でもゲイ要素は感じられない。実相寺監督のみが妖しい美少年と小五郎とのゲイ的な雰囲気を漂わせてくれている。他の方も頑張って欲しいのだが。『孤島の鬼』をやってくれないかな。
成宮寛貴が充分にナルシストな美少年ぶりを発揮してくれているし、彼と明智小五郎の目のやり取りがなにやら妖しげで傍にいる小林少年がそれに気づいて無言の嫉妬をしているという熱の入れ方である。

鏡というのが美少年をさらに美しく演出している、みごとな乱歩絵巻。

第3話『芋虫』監督: 佐藤寿保  脚本: 夢野史郎  出演:浅野忠信 松田龍平 岡元夕紀子  大森南朋
乱歩というと『芋虫』を思い浮かべてしまう人も多いのではなかろうか。想像してはいけない危険なエロティシズムなのである。
『ヴァイブレータ』でなんともいえない快感を味わせてくれた大森南朋が芋虫になってしまう須永中尉を演じている。戦地へ赴き四肢を失い話すこともできなくなった夫に倒錯した愛情を抱く妻を岡元夕紀子が演じていて美しい。
また二十面相と呼ばれている男に松田龍平。彼の美貌は乱歩にぴったりだ。もっと演じて欲しい。
あの色っぽい肉体を持ったナオさんが手足を失って転がっているとは勿体ない話だが、美しい妻にここまで愛されているというのはさすがにモテる男ということかな。
危険な性衝動に昂ぶる妻が愛する夫をますます傷つけて残された目まで奪ってしまう。
また夫も妻を許し愛を受け入れているのだ。
その現場を覗き見る松田龍平という倒錯劇。
乱歩世界がおぞましくも美しく再現されている。
惜しむらくは小林少年らしき人物を女性が演じていることでこれは実相寺監督と同じくきちんとやって欲しかったなあ。

第4話『蟲』監督・脚本: カネコアツシ  出演:浅野忠信 緒川たまき 田口浩正
これはかなりぶっ飛んでいて特に浅野忠信が見ていいのかな、と思うくらい自分を壊していた。
観ていくうちにおかしくもなってしまい、悲しくもなってしまう。他人と接触することが出来ないアレルギー性皮膚炎を起こしているタクシー運転士が恋をしてしまった美しい女優を殺害、自分の家へ連れ帰りホルマリン注射をする。
そうはしてもどんどん色がどす黒くなっていくので彩色し、それでも今度は腐って膨れていってしまうのがどうにも滑稽なのである。
彼女の腐ったからだから出てくる蛆虫に「蟲ーっ」と叫びながら己が首の皮膚炎を掻き毟るのが痒そうで辛い。
蟲って感じって虫がいっぺんに3匹もいるのが不気味だよね。
緒川たまきさんが物凄く綺麗な死体になっている。
現実の女性と接することができないオタクな青年像でもあってこの作品中で浅野忠信が一番ノリノリでやってるのかもしれない。でなきゃヤケクソで。かっこいい浅野さんがー!って感じなのである。
次第に狂っていく過程が怖くおかしい作品だった。

『ユメ十夜』も楽しかったがこういうある作家の作品をオムニバスで作るというのはとても面白くて好きだ。
短編だから退屈もしないし。どれかは好きになれるだろうし(全部駄目だとどうしようもないが)
こういう企画ってもっとやって欲しいなと思う。

2005年日本



posted by フェイユイ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元で公開にならなかったので、DVDでと思いつつすっかり忘れてました。
乱歩・浅野忠信・大森南朋これだけで楽しみだったのに…観なくちゃ…
大森南朋はNHKの【火消し屋小町】と言うドラマの純な上司で気になって
真逆の役の【ヴァイブレータ】役で好きに…【ハゲタカ】もいいですよ!!
あとKDDIで好きなCMがあって、後からこの人だったので嬉しかったです
(動画がどこかにあるかも…)
Posted by may at 2008年07月04日 21:45
『火消し屋小町』っていうのは知らなかったです!!
脇役で気になっていたのですが私も『ヴァイブレータ』ではまりました。
『ハゲタカ』狙ってるのですがレンタルしてる人が多くて借りれない(泣)も少し待たねばならないようです。
動画もちらちら見まして、CM出演結構多いんですよねー。
とにかく癖のある映画にいっぱい出てるみたいなんでこれから楽しみです(笑)

『乱歩地獄』は観る価値ありますよー。
Posted by フェイユイ at 2008年07月05日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。