映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年07月03日

日本映画にはまり込む日々

以前、『藍空』の時なんかは折々に近況などといってその時の気持なんかを書いてたのに、ここずっとそういうのなしで過ごしてしまった。ここで少し書いてみよう。

アジア映画に没頭していた『藍空』期から色んな国の映画を観ようと変わってきた『放浪記』なのだがここ最近は自分でも驚くほど日本もの一辺倒になってしまった。
好きになってしまったのが「松山ケンイチ」「新井浩文」と続いてるせいもあるが6月なんかはもう僅かの例外だけ日本映画ばかりである。
どうものめりこみタイプなので一度はまり込むともう他の映画が観たくなくなってしまうのだ。
今は外国映画というとどうにも観たくないというのだから我ながら驚いてしまう。
多分この先も当分の間この傾向が続きそうである(若干外国ものを観る予定だが)お気に入りも「大森南朋」に代わってまだ観始めたばかりだしかなりの作品数がある。
まあはまり込んでいる時ほど幸せな時はないので気持が変わるまで日本映画を観続けてしまうだろう。
当たり前といえば当たり前か。

ばんっと変わらせてくれるのは大概誰かを好きになった時。一体誰との出会いがあるか。楽しみでもある。



ラベル:近況
posted by フェイユイ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば日本映画が多いんですね。でもあまり気になさらずに
自分の中に入れるものは思うままにの方が良いと思います。
私なんて気分屋ですので、観たいジャンルがバラバラで支離滅裂です。
その上ハマらなかったら寝てしまうという単純さ…(ハリポタ30分で爆睡の伝説が…^^;)
Posted by may at 2008年07月04日 21:58
私はこれと思うとそればかり観てしまうので自分でもあきれます。よく飽きないもんだと。
そういう時は他のジャンルの映画を観ても集中できないので勿体ないんですよねー。
ナオさんの映画をこれからじっくり観るつもりなのでまた当分日本映画です。

『ハリポタ』は眠いですよね(笑)
Posted by フェイユイ at 2008年07月05日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。