映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年07月15日

『1 イチ』丹野雅仁

1 イチ.jpg

実は昨日の『殺し屋1』再観は今夜この『1 イチ』を観る為だった。他の方の感想を観るとかなり評判悪そうなんだけど自分としては凄く面白かったのは昨日の影響を引きずっているからか。
まそれは多少あるかもしれないがこれはこれで官能的に楽しめたのだった。
しかもナオさんとしては30歳で高校生の役ということでいかがわしさが漂うのである。『殺し屋1』はどうしても浅野忠信のキャラが前に出てしまっていたせいもあってこちらのほうが1=城石一の特異性がわかりやすく描かれている。
1は暴力そのもので性的欲望が満たされるのだがその彼の暴力性を巡って3人の男が1に絡んでいくという構図がどうしても同性愛的な意味合いを兼ねているように思えてならない。そういえばこれもイジメ=暴力を描いた映画『隣人13号』も暴力と同性愛的なものが重なっていたのだがイジメ=暴力にはどこかそういう意味もあるというのだろうか。(1と13って数字にこだわるのも何故)
それはまた考えねばならない事柄だが、1と「やりたい」としつこく追いかける二人の武闘派(?)と彼をひそかに見守る師匠からは力と性的なものとは切り離せないものがあるのだと感じさせる。
1にいたっては過激な暴力を見た時のみに性的欲望が高まり残虐な暴力を与えた時に射精するというわかりやすさで肉体的暴力は通常女性よりも男性のほうが強いものである為に1の欲望は男性に対して強く表れるのだろう。
それにしても最後に種明かしがあるものの稽古場で一人きりになった1が勃起しているのを影でじっと見つめている師匠というのはただ単にゲイなの?と思ってしまったではないか。いくらなんでもこれは最初からその意図だったと思うのだが。
稽古場に置かれたあの物体(パンチキック練習具)はどう見ても男性のアレだし。それと格闘してる1の姿。

千原ジュニアの狂気的暴力もTEAHの端正で熱い闘志も1を高ぶらせ至高の悦楽へと誘う。
大森南朋の情けない1が次第に狂気を帯びてくる。最後の微笑みはやはり容赦しないものだったんだろう。

TEAHの腕力とジュニアの締め技とナオさんの蹴りというように暴力が色分けされているのが面白い。
蹴り、というのはやはり独特な味わいがあるものだ。これはかかと落としを取り入れているのだろうか。

監督:丹野雅仁



posted by フェイユイ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。