映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年07月28日

『ハゲタカ』第3回「終わりなき入札」

ハゲタカ6.jpgハゲタカ8.jpgハゲタカ7.jpg

ずーっと大森南朋観続けていきなり昨日松ケン観たらあまりに子供っぽいので仕方ないとはいえ驚いてしまった私である。(だってそういう役だからホント仕方ないわけです^^;)
再び今日ナオさんに戻ってやっぱり大人の男はいいなあ、などと松ケンファンと言えない感慨にふけるのであった。まあケンちゃんも10年たったらこのような散々女を泣かせてきたような男になれるのでしょう(か?)ふふふ、とにかくナオさん立ち居振る舞いが色っぽいですわ。

前回、会社再生の答えが単なる社長母子交代?となったのであったが、なるほどこういう母子の争いを見せる為のお膳立てだったわけですか。
入札なんてどんなものなのかも知らなかったのでまさかこんな風に面倒くさい(鷲津の作戦ではあるのだが)やり取りでただの紙にマジックで金額を書いただけのものだとは思いもしなかった。この入札シーンは見所でどうなるかとわくわくしてしまった。
ところで今回の重要な鍵は三島由香が握っているのだが、ペーペーにしか過ぎない娘である彼女にはちょっと荷が重すぎなんではなかろうかとも思えたりして。鷲津が昔のしこりがあるからとはいえ自分の勝負に関わる重要な切り札を三島由香に渡すのも彼としては甘い選択のような気がするし、東洋テレビというとこも大スクープと言える美味いネタを小娘一人に裏を取らせようとするなんてよくわからん。他の奴はぼーっとTV局にいて何してんだ?裏取りとかっていうのもやったことないからわからんけどあんな直接本人に聞いて「うんやったよ」って言うのか???関係ある別の奴から聞きだすしかないだろうと思うんだが(金を使ったり、弱みを握ったり、とか)

そして不思議な男・芝野健夫。まさか44歳だったとは。55歳くらいかと思ってた(って柴田さんそのままの年齢だ(笑))おまけに病身だったせいもあるのだろうか。実年齢以上に痩せて痛々しい印象なのだ。その彼がもう苦悩しつくしているので観てて辛い。
「仕事じゃないか」と同僚に言われて「これが俺の仕事なのか」と問い返す場面はよかったなあ。確かに馬鹿みたいな仕事だよね。そりゃ同僚さんみたいに割り切って這いつくばって最後まで銀行に残り続けるのも勇気だ、と言い切る人生もまたあり、とは思うけど、あそこまでコケにされて会社に尽くさねばならないのだろうか。もー人間じゃないよね。このドラマを観てる人でも「彼は俺だ」と思いつつ観てた人もいるんだろうなあ。大概は鷲津じゃなく芝野的に生きているんだろうし。

辛酸を舐めさせられ続けやっと退職願を出したわけでなんだかこのドラマ中で一番(まだ途中だが)ほっとした。
私自身はこういった金融だの会社だののゲームのような駆け引きなんぞとは無縁の身だし、こういうことで大金を儲けることに魅力も感じないし、「世の中の不幸は金のない不幸と金のある不幸」なんていう言葉にあまり意味を見出せないのでこうしたところであくせくシノギを削っている姿こそ不幸にしか思えないのだもんね。でもドラマとして観るのは面白くはあるけれど。こういう世界で働いていること自体が不幸だよね。といってもいつしか巻き込まれてしまう、ということが起きないとは限らないけど。

鷲津が芝野を誘い柴野が「俺はお前とは違う」と断ると「あなたと私は同じことを考えているのです。あなたは私なんだ」と言う鷲津。この辺、ぞくぞくする感じ。

松田龍平くんも着々と資金を集め会社を立ち上げて鷲津とタイマン張ろうとしてるし。楽しい展開を期待するなあ♪


posted by フェイユイ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。