映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年08月04日

小林賢太郎プロデュース公演『LENS』

レンズ.jpg

そしてこれは前記事の『百色眼鏡』を原案に小林賢太郎が書き下ろした舞台作品なのだが、いざ観てみたら小林賢太郎の天城と大森南朋の警部というキャラクター設定のみが同じというだけで(椎名林檎の歌が最後に流れるというだけで)あの物語が舞台で展開されていくわけではなかった。
といってもこちらは煩いくらい理屈っぽいながら笑いっぱなしの面白い作品であった。
しかも大森南朋は出ずっぱりで嬉しい。出演者は男5人だけの殆どみんな出ずっぱりではあるが。

小林賢太郎が推理小説作家を目指す書生という役で説明足らずの名推理を展開するというちょっとおかしな役である。大森南朋はスコットランドヤードに2年間いたというお洒落刑事、という役(ナニこれ)やたらと気取ってるが本当は臆病で賢いのかズルイだけなのかよく判らない男なのである。
他の筋肉だけのお馬鹿警察官、文字は読めないが凄く頭のよい人力車夫、きちんとした感じの図書館員という3人も個性豊かで歯切れよくとても楽しい芝居だった。
『桃色眼鏡』原案なのにすごくおかしい男だけの話ってのもおかしいんだけど。

ナオさんの舞台というのはDVDとはいえ、初めてだったが、うん、いつもと同じでかっこよくしかも時々目をうるませたりするキュートな演技で他の役者さんとも見劣りしなかったのではないだろうか。

昨日の失望を穴埋めして余りある。大正末期のある小さな図書館という舞台設定で5人の男だけの会話劇でさして過激な内容でもないのだがこんなに面白いなんて。

これ、DISCASの「大森南朋」の所に記載されてなかったんでDVD購入してしまった。後で小林賢太郎の所で記載されていると知ったが、ナオさんをたっぷり観れるし面白いし、これは満足な買い物だった。

作・演出:小林賢太郎 出演:小林賢太郎(ラーメンズ)大森南朋 久ヶ沢徹 犬飼若浩 西田征史
2005年日本


ラベル:演劇 大森南朋
posted by フェイユイ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。