映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年08月07日

『タイガー&ドラゴン 1 』第1話「芝浜」第2話「饅頭怖い」金子文紀

タイガー&ドラゴン 1.jpg

第1話「芝浜」第2話「饅頭怖い」

えと、これもまだこの段階では出てきてないんだけど大森南朋目的で観てるのだった。まあ最初から観た方が面白いかな、と思って。
かなり話題になったドラマだから結構面白いだろう、と思って観たのだが、さすがに本当に面白かった。
自分としてはそんなに大好きな世界(というか描き方)ってわけでもないがそれでもやっぱり感心してしまう出来栄えである。
長瀬智也さんは先日観た『真夜中の弥次さん喜多さん』ですっかり好きになってしまったのだが、ここでもあのクセのある芝居っぷりは楽しくてアイドルさんに言うのもなんだけど強い魅力のある人なのだなあと確認いたしました。で、彼が虎児(可愛い名前だ)のタイガーでドラゴンにあたる竜二もかっこいい岡田准一なのでその二人を見るだけでもいいのだろうが、私としてはこの話の役の中では竜二の兄である阿部サダヲさんに妙に肩入れして見てしまうのはどうしてだろう。なんだかおかしくて悲しい役割だよな。
また本人は大好きなのに全然映画もドラマも観ることのない西田敏行さんを見れるのも嬉しい。私としては『悲しいのはお前だけじゃない』以来かも。役柄がどこか似てるのが不思議なリンクだが(借金を背負った芸人という)
大好きな世界じゃない、というのは落語家の方じゃなくてヤクザのほうだけど、虎児の過去につながる理由があったのでそれはそれで納得した。
落語の方はドラマ自体とリンクさせるという巧みな構成で見せてくれるので面白い。
1話目よりも2話目のほうがさらに楽しく観れたので今後ますます楽しみである。ナオさんも出てくるし。
それにしても2話目の最後にちらりと登場した荒川良々がまたまたすべてを持って行ってしまった感じ。
サダヲさんが体当たりで物凄く頑張っても良々が出てくると食われちゃう気がする。うーむ。怖ろしい。
というわけですっかりこのドラマにはまってしまっているのかもしれない。

監督:金子文紀  脚本:宮藤官九郎 出演: 長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 塚本高史 蒼井優 阿部サダヲ 西田敏行 笑福亭鶴瓶
2005年日本


posted by フェイユイ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。