映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年08月15日

『タイガー&ドラゴン 4』第8話「出来心」金子文紀

タイガー&ドラゴン7.jpg

うわあなんだかなんだか前回といい今回といい物凄いテンションで面白いっ。
大体がすげえクオリティではあるんだが、前回のがもろ落語での面白さなら今回は虎児のやくざ稼業が中心となって見ごたえありでまあ静でも動でも楽しませてくれるというか。
今改めて言うのも遅いけど長瀬智也はかっこいいですねー(笑)ヤクザでも落語でもびしっと決めてくれるし。なんか馬鹿っていう設定になっているのが却ってかっこいいというのか。
落語もずっとやってるからなのか物凄い練習をしているのか元々筋がいいのか天才という設定であるはずの竜二の語りよりずっと上手く聞こえてしまってあれこれってドラマとしてはまずいのか?と思えるほどに小虎の噺がどんどん上手くなっているように思えてしまう。
ほんとにこんな若手イケメン創作落語家がいたら大変な人気になりそうですが。
声がいいんでヤクザの時の凄み声も落語の話し方も聞いているのが気持ちいいんですねー。
試合後のボクサーみたいになって高座に上がるのもかっこよかった。

ものすごく少人数のヤクザ組って?って思ってたんだけど若頭と虎児が坊ちゃん助ける為に二人だけで乗り込んでいくとこでこれはいいね、と思ったし今回の噺『出来心』とうまく絡ませていくのがこれはヤクザという設定であるのが効いている。
ヤクザの親分・中谷謙が小虎の空けた穴を埋めるために高座に上がるというのが本人は笑福亭鶴瓶師匠なわけだからこれはまた本物なわけでおかしいのだ。ヤクザの親分が一番うまいわけですな。

最後に竜二が「こんな面白い寄席なら俺もやってみたい」という言葉と虎児の視線の先になんとヤスオ(北村一輝)が立っていた、というので珍しく「続く!」的な期待感が。どうなる?

「ふんどしパブ」って何だ?
急に危険な映像になって笑ったよもー。

河本準一の劉さん、何度も出てきて気になる。

監督:金子文紀  脚本:宮藤官九郎 出演: 長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 塚本高史 蒼井優 阿部サダヲ 西田敏行 笑福亭鶴瓶 小日向文世
2005年日本


posted by フェイユイ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。